投資徹底攻略

損失を限定する自動ロスカットとは

損失を限定する自動ロスカットとは
まいこ

ご注文時の、各種条件指定方法、及びご注意事項

■信用取引
・新規建て・・・成行注文の場合は制限値幅の上限、指値による買建の場合は指値、指値による売建の場合は指値と時価の高い方、に株数を乗じて算出した額が、信用新規建て可能額より拘束されます。
※「通常+逆指値」注文の場合には、「通常」注文の単価と「逆指値」注文の単価を比較して概算代金が高い方で拘束され、逆指値条件に到達して「逆指値」注文が発注された場合には、「逆指値」注文の単価により算出した概算代金で拘束されます。

  • 「逆指値」注文については、注文入力時には執行条件の設定ができません。逆指値条件に到達して市場へ発注されてから「通常」注文と同じ条件で執行条件の訂正が可能となります。
  • 「通常+逆指値」注文については、注文入力時に「無条件」、「不出来引け成行」の設定が可能です。逆指値条件に到達して市場へ発注されてからは「通常」注文と同じ条件で執行条件の訂正が可能となります。
  • 当日(当日が非営業日の場合は、翌営業日)を1営業日目として、10営業日目までご指定可能です。ただし、「通常」注文と同じく下記に該当する場合には注文の繰り越しは行いません。
  • 翌日に注文を繰り越す時点で値幅制限を超えた指値となった場合

※システム変更等により、注文の繰越処理を行わない場合があります。(ログイン画面等でご案内いたします。)
※注文を翌日に繰り越すための値幅チェック(繰越処理)は、毎営業日18:00頃完了します。この値幅チェックが完了するまでの間、対象となる注文の訂正・取消はご入力いただけません。
また、繰越処理において注文単価が制限値幅を超えた指値となった場合は、その注文は失効となります。なお、16:00~18:00の間は、出合注文にかかる可能額・株数の拘束が一旦解除になり、繰越処理が完了した時点で、再度可能額・株数の拘束を行います。この16:00~18:00の時間帯に他の注文を発注されて、元々発注されていた注文を繰り越すことにより可能額・株数が不足する場合には、元々発注分の繰り越しは行わず、失効となります。

■その他、繰越注文が失効となる場合
以下ケースの銘柄については、翌朝バッチ処理(午前3:30~午前5:30)で、’受付エラー’表示により失効となります。
株式分割、株式併合の権利落ち(配当落ちのみの場合は除く)が発生する場合…「権利落ちのため」
売買単位の変更がある場合…「売買単位変更のため」
※上記以外に通常の以下ケースの’受付エラー’表示による失効もあります。
各営業日の繰越処理時(15:40、17:40頃)、および翌朝バッチ処理時(午前3:30~午前5:30)で以下条件に該当した場合に失効となります。

取引リスクについて

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

ご使用になられているブラウザ環境によりウェブサイトを正しく表示できません。

本サイトでは iOS 9.X および Microsoft Internet Explorer 10 以降のブラウザのご利用を推奨しています。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがあります。

海外FXの証拠金維持率とは?計算方法&ツール・強制ロスカットを防ぐ方法を紹介!

海外FX証拠金維持率

まいこ

以上が、証拠金維持率の仕組みですが、海外FXの大部分はほぼギリギリの20%まで「粘れる」ようになっています。

あきら

ロスカット水準が20%の業者の中でも、特にXMは総合力が高くて稼ぎやすい業者なので、海外FXで成功したい人はぜひ試してみてください!

\3000円のボーナス!/ 損失を限定する自動ロスカットとは

海外FXの証拠金維持率の計算方法

海外FXの証拠金維持率の計算方法

しかし、見ての通り証拠金維持率を求めるにはまず、 「有効証拠金」と「必要証拠金」 を把握しておく必要があります。

有効証拠金

有効証拠金とは、 実際に取引に使える金額のことで、保有中のポジションに発生している損益もここに含まれます。

必要証拠金

次に必要証拠金とは、 ポジションを取るために最低限必要なお金 のことです。

証拠金維持率の考え方

証拠金維持率の考え方

強制ロスカットのリスクを抑える

証拠金維持率を高くすることで 強制ロスカットのリスクを抑える ことができます。

ロスカット水準は業者ごとに設定されており、 海外FXの場合は主に20% に設定されています。

業者名ロスカット水準
XM Trading20%
GEMFOREX20%
TitanFX20%
HotForex20%
AXIORY20%

証拠金維持率がこの20%に達した時点で強制ロスカットが発動します。

つまり、 証拠金維持率を100%、300%、1,000%と高くする ほどロスカットされるリスクを抑えて有利に取引することができると言えます。

証拠金維持率の目安

スキャルピングトレード300%
デイトレード500%
スイングトレード1,000%

上記の水準で取引した場合、比較的健全なトレードと言えます。

しかし、これらはあくまで目安としての水準であるため、 実際にトレードする際は参考程度 にご活用ください。

強制ロスカットを防ぐためのポイント

強制ロスカットを防ぐためのポイント

  • 適正なレバレッジをかける
  • 損切りをする
  • マージンコールに注意する

適正なレバレッジで取引する

しかし、 レバレッジが高いからと言ってロスカットされやすいとは限りません。

最大レバレッジは、 業者ごとに設定されている最大のレバレッジ のことです。

一方の実効レバレッジは、 実際の取引にかかっているレバレッジ のことです。

損切りをする

想定と逆の値動きをしたときは 速やかに損切り を行いましょう。

反発を期待してポジションを保有し続ける人が多いですが、ロスカットで資金が0になることを考えるとその行為はあまりにも リスクが高すぎ ます。

そもそも、想定と逆の動きをした場合は、その取引は失敗と捉えるべきです。

その失敗を次に活かすためにも速やかに損切りをし、 資金をなくさないことが大切 になります。

マージンコールに注意する

マージンコールとは、 損失が発生して、証拠金維持率が一定レベルを下回る場合、FX会社が証拠金の追加またはポジションの決済を求めるアラートのようなものです

マージンコールが発生した場合、 追加入金や損切りなどの対策 を速やかに行いましょう。

海外FX業者の証拠金維持率(ロスカット・マージンコール水準)一覧

パーセンテージの数字はすべて「証拠金維持率」です。

業者 マージンコール水準 ロスカット水準
XMTrading50%以下20%以下
GEMFOREX50%以下20%以下
FXGT50%以下(一部70%以下)20%以下(一部40%以下)
iForexなし100%以下

XMTrading

XMTrading

XM(エックスエム)のロスカットレベルは 「証拠金維持率20%以下」、マージンコールは「証拠金維持率50%以下」 です。

\3000円のボーナス!/

GEMFOREX

GEMFOREX

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のロスカット水準は 「証拠金維持率20%以下」、マージンコールは「証拠金維持率50%以下」 です。

FXGT

FXGT(エフエックスジーティー)の ロスカットレベルは「証拠金維持率20%以下」 が基本です。

FXGT

見てのとおり 基本は「証拠金維持率50%以下」 となっています。

\仮想通貨FXに最適!/

iForex

iForex(アイフォレックス)には マージンコールがありません

そして、ロスカット水準は「 証拠金維持率100%以下 」です。

「マージンコールは証拠金維持率25%以下、ロスカットは証拠金維持率0%以下」という情報は間違いです。

まいこ

実は、iForexのロスカットレベルの説明はやや複雑になっています。

りょうた

他社より少し長めの説明になりますが、難しい内容ではないので、ぜひご確認ください。

「マージンコールなし」はどこでわかるか

iForex

「ロスカット水準:証拠金維持率100%以下」はどこでわかるか

iForex

そして、続きで 「こういうケースがロスカットの対象です」という条件 が書かれています。

iForex

お客様の証拠金の価値がウェブサイトで定義されている最低限の証拠金要件を下回った場合

  1. 必要証拠金の、
  2. 100%を下回り、
  3. 99.9999999%になった瞬間

その時、 必要証拠金の維持率が100%を下回ったら「レバレッジ401倍」になってしまっている わけです。

これは「 最大レバレッジ以上のレバレッジ取引を認めない 」ということです。

あんな

多くの人が「それは当たり前では?」と思うでしょう。

かずき

「最大レバレッジとは、その一線を超えてはいけないという意味」と、FXをやらない人なら誰でも思っているはずです。

iForexの「 証拠金維持率100%以下でロスカット 」というのは、そのような意味です。

つまり 「最大400倍」までは、トレードを続けられる わけです。

逆にいうと、 最初から「最大400倍」でスタートした 損失を限定する自動ロスカットとは 場合、少しでも相場が下がった瞬間にアウト(ロスカット)になります。

iForexが「ウェブサイトで定義している証拠金要件」とは?

下のように、 通貨ペアごとに「通常必要証拠金」のパーセンテージ が書かれています。

iForex

必要証拠金が「0.25%」ということは「レバレッジ最大400倍」 ということです。

  1. まず「取引条件」を見てください
  2. そこに書かれている最大レバレッジまでは、取引を認めます
  3. しかし、その最大レバレッジを超えた時点で、ロスカットします
  1. まず「取引条件」を見てください
  2. そこに書かれている「通常必要証拠金」は100%維持してください
  3. 100%維持できなくなったら、ロスカットします

このような説明を公式の規約がしているため「 iForexのロスカット水準は、証拠金維持率100%以下 」となります。

Titan FX

Titan FX

Titan FX(タイタンFX)では、 マージンコールが「証拠金維持率90%」ロスカットレベルが「証拠金維持率20%」 となっています。

Exness

Exness

上のとおり 「ストップアウトはほとんど0%」「マージンコールは60%」 と記載されています。

さゆり

ロスカットは和製英語で、通常の英語では「Stop Out」というんですね。

かずき

そのため、Exnessの上の説明は「ロスカット水準が証拠金維持率0%」ということです。

海外FXの証拠金維持率計算ツール

海外FXの証拠金維持率計算ツール

3項目の数値を入力すると、自動で必要な証拠金が表示 されます。

ストップアウト(Stop Out)と証拠金維持率の関係

ストップアウト(Stop Out)と証拠金維持率の関係

英語では ロスカットはStop Out(ストップアウト) といいます。

そのため、ここでは 海外FXの業者が実際に説明している「ストップアウト」の意味 から「ロスカットと同じである」ことを説明します。

  1. Traders Trust
  2. AdmiralMarkets
  3. FXTM (Forextime)

他の業者もすべて同様の説明をしていますが、3社の説明を紹介すれば、ひとまず「 ストップアウトとロスカットは同じ意味である 」と納得できるでしょう。

Traders Trustによる説明

Traders Trust

ストップアウトとは、オープン取引を自動的に清算するプロセスのことです。

引用元:同上

ストップアウトとは、売買を強制的に終了させることです。

この方が断然わかりやすいのですが、 業者がこう書くと「投資家に冷たい」印象を与えてしまいます。

ストップアウト=売買の強制終了=ロスカット

AdmiralMarketsによる説明

AdmiralMarkets

気になるのは 「時」の部分ですが、英語でも「A Forex stop out is when〜」で始まるため、 間違いではありません。

あすか

しかし、少なくともAdmiralMarketsでは取引が終了する「タイミングのこと」という定義もあるとわかります。

かずき

「全ての〜」の部分は、たとえばドル円でポジションを建てていたら「そのドル円の分はすべて強制決済される」という意味と考えていいでしょう。

FXTMによる説明

FXTM (Forextime)

FXTM (Forextime・エフエックスティーエム)は「ストップアウトとは何ですか?」のページで、Stop Outの意味を説明しています。

上の通り証拠金維持率が「20%」まで下がると「 ストップアウトのためにポジションをクローズし始める 」と書かれています。

まいこ

以上が各社によるストップアウトの説明ですが、XMでは20%まで「粘れる」ため、ギリギリの相場でもハイレバでのトレードをしやすくなっています。

あきら

初心者が少額で投資をしながら経験を積む場合にも、長くトレードをできて有利であるため、この点でもXMは多くの人におすすめです!

トライオートFX用語集

有効比率が下がってきている旨のアナウンスです。有効比率が120%以下の場合、お客様のご登録のメールアドレスへ警告として 「アラートメール」をお送りします。
有効比率が低下していることの注意喚起となるので、口座状況を確認し、必要に応じて資金の追加入金や建玉の決済等をご検討ください。
※有効比率の監視は一定時間毎に行われるため、急激な相場変動時には120%を大きく割り込んでメールが送信されたり、メール受信時に既にロスカットが執行されている場合があります。
※アラートメール送信前にロスカットされるとアラートメールは送信されません。また、お客様のメール受信設定によってはアラートメールが届かない場合があります。

トライオートFX、自動売買セレクトのプログラムの一つです。 レンジ帯を2つに分け、中心のコアレンジで細かく売買し、サブレンジでは大きな利幅で取引を行います。 サブレンジでは、価格の戻りを想定した取引をするようデザインされています。 損切りは設定していません。

通貨ペア(FX)や銘柄(ETF)と自動売買プログラムの組み合わせを収益率などから選んで、発注数を決めれば、自動売買取引ができるインヴァスト証券のオリジナルツールです。 ETFとFXを同じシミュレーター上で組み合わせて確認し、トライオートFX口座とトライオートETF口座でそれぞれ稼動(発注)することができます。 ランキングから自動売買を選ぶだけのカンタン設定で自動売買を体験できます。

自動売買セレクトを運用するための目安の金額です。
必要証拠金×倍率(※1)×数量×注文本数(※2)に期間最大ドローダウンを加算し算出します。
※1 過去の前日終値から当日始値の最大下落幅に基づき、リスクを加味して算出した倍率。
※2 トライオートFXは売注文と買注文を比較し、多い方の本数のみカウント。

FX取引では常に「売り値(BID)」と「買い値(ASK)」の2つの価格を提示しています。 売り値(BID)と買値(ASK)には差があり、この2つの価格の差をスプレッドと呼びます。 スプレッドが狭いほど小さな値動きで利益確定のチャンスがあります。

トライオートFX、自動売買セレクトのプログラムの一つです。 高金利通貨の値動きにフィットするようデザインされており、利幅よりもカウンター値を大きくすることで徐々に買い下がる取引を行います。スワップポイントを得ながら、短期の反発を狙う設計です。 損切りは設定していません。

自動売買セレクトの発注単位です。 自動売買セレクトは、複数の自動売買注文で1セットとなっています。 セットに含まれる自動売買注文数や発注数量の詳細はシミュレーション結果画面やカート画面の注文設定にて確認できます。

トライオートFX、自動売買セレクトのプログラムの一つです。 想定レンジの中央値より上半分では「売り」、下半分では「買い」だけの取引をするようなデザインとなっています。 損切りは設定していません。

有効比率が下がってきている旨のアナウンスです。有効比率が150%以下の場合、お客様のご登録のメールアドレスへ最初の警告として 「プレアラートメール」をお送りします。
有効比率が低下していることの注意喚起となるので、口座状況を確認し、必要に応じて資金の追加入金や建玉の決済等をご検討ください。 損失を限定する自動ロスカットとは
※有効比率の監視は一定時間毎に行われるため、急激な相場変動時には150%を大きく割り込んでメールが送信されたり、メール受信時に既にロスカットが執行されている場合があります。
※プレアラートメール送信前にロスカットされるとプレアラートメールは送信されません。また、お客様のメール受信設定によってはプレアラートメールが届かない場合があります。

一定基準以上の損失が発生した場合に、保有建玉をすべて自動的に決済する強制決済のルールです。 有効比率によって判定いたします。 ※有効比率=有効証拠金÷必要証拠金×100 ※ロスカット判定は、一定時間毎のため、必ず定められた有効比率で執行されるとは限りません。相場の急激な変動により、お預かりした証拠金以上の損失が発生する場合もありますのでご注意ください。

新規・決済を指定せずに発注する注文方式です。 発注時に同一通貨ペアの建玉がない又は同一通貨ペアで売買が同じ建玉がある場合は自動的に新規注文となり、同一通貨ペアの建玉で売買が逆の建玉がある場合には決済注文となります。 決済注文となった場合は約定日時が古い建玉から順番に決済となります。 また、決済注文となる場合でも発注数量が建玉以上の場合は新規注文となります。

商品の費用・リスクについて
当社ホームページに記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。
当社は各商品の有効証拠金比率が一定水準以下となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、お取引には預託すべき証拠金以上の取引が可能なため急激な相場変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生する場合があります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」および「取引説明書」等をよくお読みいただき、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引を行ってください。

商号等/インヴァスト証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号/関東財務局長(金商)第26号
加入協会/ 一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会
当サイトは投資判断の参考となる情報の提供を目的としておりますが、投資の際の最終決定はご自身の責任と判断でなされるようお願いいたします。
当サイトは当社が信頼できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。

All Rights Reserved,Copyright(C)INVAST Securities Co.,Ltd.

お取引ルール

岡三オンラインFX取引には、「セルフコース」、「サポートコース」があります。
「セルフコース」とは、専任のアドバイザーをつけずに、ご自身でお取引をしていただくコースとなります。サポートコースに比べ取引手数料が割安のコースです。
「サポートコース」とは、専任のアドバイザーから投資アドバイスや発注に関する手続き等のサポートを受けながらお取引をしていただくコースとなります。新たに投資を始めたい方、パソコン操作が苦手な方に適したコースです。
「サポートコース」でのお取引をご希望される場合は、「セルフコース」で口座開設後、取引コースを変更いただく必要があります。手続方法は、以下「(4)取引コースの変更」をご確認ください。

(4) 取引コースの変更

  • 1. 変更基準
    サービスなどの内容を理解していること。
  • 2. 変更方法等
    • 当社コンタクトセンターにお電話にてお申込みください。
    • 当社よりお送りする「取引所証拠金取引口座における取引コースの設定変更申込書」にご記入・ご捺印のうえご返送ください。当社で内容を確認後、口座コースの変更手続きを行います。
    • ※ 取引コースの変更を行った場合、注文中の手数料は、コース変更前に行った取引チャネルの金額が引継がれますのでご注意ください。

    (5) 口座開設までの流れ

    • 1. 当社「証券総合取引口座」の開設がお済みでないお客さまは、こちらより、お申込みください。
    • 2. 当社Webサイトにて「為替証拠金取引口座設定約諾書」、「取引所為替証拠金取引に関する確認書」、「注意喚起文書 兼 取引所為替証拠金取引説明書」、「取引所為替証拠金取引約款」、「岡三オンラインFX取引ルール」および「重要事項のご確認」の内容を十分にご理解ください。
    • 3. 日本株取引システムの「岡三オンラインFX取引口座開設申込」より必要事項をご入力のうえ、お申込みください。
    • 4. 当社が必要と認めた場合には、電話等によるヒアリング審査を行います。
    • 損失を限定する自動ロスカットとは
    • 5. 審査結果を日本株取引システムのログイン後メッセージに掲載しますのでご確認ください。
    • 6. 審査を通過されたお客さまは「岡三オンラインFX取引口座」を開設します。
    • ※ 審査にあたり確認のため当社からご連絡させていただく場合がございます。また、口座開設基準を満たしていても社内審査によりご希望にそえないことがあります。当社はその理由について開示いたしませんので、ご了承ください。

    (6) レバレッジコース

    岡三オンラインFX取引には、「通常コース(個人)」、「レバレッジ1倍コース」、「通常コース(法人)」があります。
    個人のお客さまは、口座開設時に「通常コース(個人)」、「レバレッジ1倍コース」のいずれかをご選択していただきます。
    法人のお客さまは、「通常コース(法人)」となります。

    (7) レバレッジコースの変更

    • 1. 申込基準
      申込時点において、建玉および発注中の注文がないこと。
    • 2. 申込方法等
      • 当社コンタクトセンターにお電話にてお申込みください。
      • お申込み後、社内審査を通過されたお客さまは、レバレッジコースの変更手続きを行います。
      • ※ レバレッジコースの変更を行った場合、ロスカット基準値およびアラート基準値は、コース変更前の設定値が引継がれますのでご注意ください。また、レバレッジコースを通常(個人)へ変更した場合、「最大レバレッジ25倍」が適用されます。

      2. 岡三オンラインFX取引における基本的事項

      • (1) 岡三オンラインFX取引口座を開設されますとMRF(マネー・リザーブ・ファンド)はお取扱いできません。岡三オンラインFX取引口座開設時にMRFのお預り残高はすべて返還(売却)し、MRF累積投資口座は解約いたします。
      • (2)

      3. 取引通貨、取引単位

      (1) 注文の種類および執行条件

      注文の種類

      損失を限定する自動ロスカットとは 損失を限定する自動ロスカットとは
      注文の種類 詳細
      単一注文 一般的な注文方法で、「通貨ペア」、「数量」、「売・買の別」、「執行条件」および「有効期限」等を指定して発注する注文方法です。
      IfDone注文 原注文(If注文)が成立すると、自動的に予約注文(Done注文)が発注される注文方法です。
      OCO注文 「one cancel the other order」の略で、二つの注文で一組の注文となり、一方の注文が成立したらもう一方の注文は自動的に取消となる注文方法です。
      IfDoneOCO注文 「IfDone注文」と「OCO注文」を組合せた注文方法で、If注文が成立した場合に有効となるDone注文をOCO注文で発注する注文方法です。
      ストリーミング注文 発注する際に提示されているレート(提示レート)で取引を成立させる注文方法です。ただし、相場の変動等により取引が成立せず、注文が失効となる場合があります。ストリーミング注文は、発注の際に確認画面が表示されませんので十分ご注意ください。
      連続注文 取引が成立していない注文に対し、当該注文(親注文)に紐付ける単一またはOCOの注文(子注文)を複数入力することが可能な注文方法です。子注文は、親注文が成立するまでの間は待機注文として取扱われ取引が成立すると自動的に発注されます。

      (2) 注文の有効期限

      (3) 取引時間

      プレオープン時間帯 付合せ時間帯
      通常時 月曜日 6:10 ~ 7:10 7:10 ~ 翌6:55
      火曜日~木曜日 7:45 ~ 損失を限定する自動ロスカットとは 7:55 7:55 ~ 翌6:損失を限定する自動ロスカットとは 55
      金曜日 7:55 ~ 翌6:00
      サマータイム
      適用時
      月曜日 6:10 ~ 7:10 7:10 ~ 翌5:55
      火曜日~木曜日 6:45 ~ 6:55 6:55 ~ 翌5:55
      金曜日 6:55 ~ 翌5:00

      プレオープン時間帯 付合せ時間帯
      通常時 月曜日~木曜日 10:20 ~ 10:30 10:30 ~ 翌6:25
      金曜日 10:30 ~ 翌5:30
      サマータイム
      適用時
      月曜日~木曜日 10:20 ~ 10:30 10:30 ~ 翌5:25
      金曜日 10:30 ~ 翌4:30

      プレオープン時間帯 付合せ時間帯
      通常時 月曜日~木曜日 12:20 ~ 12:30 12:損失を限定する自動ロスカットとは 30 ~ 翌6:25
      金曜日 12:30 ~ 翌5:損失を限定する自動ロスカットとは 30
      サマータイム
      適用時
      月曜日~木曜日 12:20 ~ 12:30 12:30 ~ 翌5:25
      金曜日 12:30 ~ 翌4:30

      (4) 取引日・受渡日

      5. 建玉上限

      6. 証拠金

      (1) 証拠金の前受け

      岡三オンラインFX取引は完全前受制です。新規建は「発注可能額」の範囲内とし、決済は建玉の範囲内とします。
      必要証拠金の拘束は建玉と注文の両方に対して行われます。
      決済注文は、決済することで余力が不足する場合であっても決済可能です。
      また、岡三オンラインFX取引で差入れまたは預託していただく証拠金は全額現金のみとさせていただきます。代用有価証券での差入れまたは預託は承っておりませんので予めご了承ください。

      関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる