FX初心者必見

CFD取引とは

CFD取引とは
取引所CFD(株365)は 証拠金の数倍から数十倍もの金額の取引を行うことができます。 実際の資金よりも大きな金額の取引をするほどわずかな株価指数の変動で 大きな利益を狙える半面、損失も大きくなります。 元本以上の損失がでるおそれがあるため、 まずはレバレッジを抑えて取引を行いましょう。

これを知らなきゃはじまらない CFD6つの基礎知識

取引所CFD(株365)とは?

取引所CFD(株365)とは、 日経平均株価(日経225)のほかドイツ、イギリスの主要株価指数に投資する取引のことです。 ほぼ24時間、日本の祝日でも取引でき、取引に期限もないため、自分のタイミングでじっくり投資ができます。
少額の資金を担保に数倍から数十倍もの金額を取引 できるほか、現物株式と同じように配当を受けることも可能です。

取引所CFD(株365)の魅力~レバレッジ

取引所CFD(株365)では、 差し入れた担保の数十倍もの金額の取引ができます。 これを 「レバレッジを効かす」 といいます。現物株式取引では30万円しか無い場合、その範囲内でしか取引することはできませんが、東京金融取引所より取引所CFD(株365)1取引単位に必要な取引証拠金が毎週公表されますが、仮に必要証拠金が取引金額の20分の1であった場合は、30万円の約20倍の約600万円分の取引することが可能です。ただし、大きな金額の取引をするほど、わずかな株価の変動で大きな利益を狙える半面、損失も大きくなります。 元本が保証されているものではありませんので、リスク管理を徹底しましょう。

取引所CFD(株365)の魅力~取引時間

取引所CFD(株365)には、 「日経225取引」なら、ほぼ24時間取引ができ、日本の祝日も売買が可能 という魅力もあります。日中にじっくり取引ができないサラリーマンやOLの方も、帰宅後や休日にじっくり自分のペースで運用できます。ドイツやイギリスも市場が開く時間に合わせて取引ができるので、 リアルタイムで市場の動きに合わせて投資ができます。

取引所CFD(株365)の魅力~配当相当額

取引所CFD(株365)は、 配当相当額がもらえる ことも大きな魅力の一つです。現物株式と同じように「買い」のポジションをもっていると、配当相当額を受取れます。ただし、その代わりに金利相当額を支払います。
逆に「売り」のポジションを持っていると、金利相当額を受取り、配当相当額を支払うことになります。取引所CFD(株365)は 配当の利回りを意識した中長期の投資も可能 です。

取引所CFD(株365)のはじめ方

取引所CFD(株365)をはじめるには、 証券会社で取引所CFD(株365)の取引口座を開設する必要があります。 CFD取引とは 取引所CFD(株365)の取引口座を開設するには、取扱証券会社の証券口座が必要です。証券口座開設後、取引所CFD(株365)の取引口座を開設します。証券口座開設後は、ログイン後ページで、同意書の確認・WEB審査・当社での最終審査とわずか3ステップで取引所CFD(株365)取引口座を開設できます。 auカブコム証券なら、口座開設料・口座管理料は無料です。
※ なお、取引所CFD(株365)口座の開設にあたっては一定の基準がございます。詳細はHPでご確認ください。

プチ株®取引にはお金はいくら必要?

取引所CFD(株365)の取引を始めるには、 「証拠金」 といわれる元手となる運用資金を、あらかじめ取扱証券会社に預けておく必要があります。
取引を行うのに必要な 「証拠金」の最低金額は、週一回、東京金融取引所が市場の値動きをなどを見て設定しています。 auカブコム証券では、マイページ上でその週の必要証拠金をご案内していますので、確認して取引を行いましょう。

取引所CFD(株365)取引の注意点

取引所CFD(株365)は 証拠金の数倍から数十倍もの金額の取引を行うことができます。 実際の資金よりも大きな金額の取引をするほどわずかな株価指数の変動で 大きな利益を狙える半面、損失も大きくなります。 元本以上の損失がでるおそれがあるため、 まずはレバレッジを抑えて取引を行いましょう。

CFDとFXの違いとは?特徴と相違点を比較して徹底解説

CFDとFXの違いとは?特徴と相違点を比較して徹底解説

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。 CFD取引とは
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる