取引プラットフォーム

逆指値注文の仕組み

逆指値注文の仕組み
株の注文は通常「指値」または「成行」という二つの注文が基本ですが、自動売買注文は特定の条件を満たした時に執行される株の注文方法です。

■外国為替保証金取引『選べる外貨』、『ちょいトレFX』および通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、金融商品取引法に規定される通貨関連店頭デリバティブ取引です。利益を保証した金融商品ではなく、取引対象通貨のレート変動で損害を被るリスクがあり、投資元本は保証されません。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、預託した保証金の額に比べ大きい金額の取引ができ、マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく、状況により損失が預託した保証金額を上回る危険性があります。買値と売値、スワップポイントの受取りと支払いには差があります。また金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じることがあります。個人口座の場合、お取引には各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の保証金が必要となり、保証金額の25倍までの倍率で取引が可能です。法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の保証金額が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令117条31項1号に定める計算モデルを用い算出します。当社はこの為替リスク想定比率を用いて保証金額を算出します。 ■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、満期時刻に自動的に権利行使となるヨーロピアンタイプのバイナリーオプションで、投資元本を保証した取引ではなく、外国為替相場等の変動により投資元本のすべてを失うおそれのあるリスクの高い金融商品です。権利消滅となった場合、支払った購入金額の全額を失い、オプション購入後に注文を取消すことは出来ませんが、取引可能時間内であれば、売却することは可能です。ただし、オプションの購入価格と売却価格に価格差(スプレッド)があり、相場状況によってはスプレッドが拡大する等、意図した取引ができない場合があります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』のインターネット取引手数料は、1万通貨以上の取引については新規・決済取引とも無料です。1万通貨未満の取引については、新規・決済取引とも1通貨あたり3銭の手数料がかかります。なお、ロスカットならびに強制決済につきましては、ロスカット・強制決済手数料として、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は1通貨あたり0.5銭(税込)、その他の通貨ペアは1通貨あたり5銭(税込)がかかります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』は、時価評価総額が必要保証金の80%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、スプレッドが相場急変時、指標発表時等に拡大する場合がありスリッページが発生する可能性があります。このことから、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合があります。また、市場の流動性低下等の理由により注文を受け付けられない場合があります。外国為替保証金取引『選べる外貨』のスプレッド実績は、当社のホームページに掲載されています。 ■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』の取引手数料は無料です。投資助言報酬は、取引数量1,000通貨毎に1円(税込)です。 ■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』は、時価評価総額が必要保証金100%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。 ■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』の取引手数料は無料です。

逆指値 を使いこなす|知らないと損する 注文 方法

投資における 注文 方法はいくつかありますが、『 逆指値 注文 』をあなたはご存知でしょうか。もし知らなかった人は、この記事を必ずご覧いただきたいと思います。
また、 逆指値 を知っている人でも、実際の売買で有効活用できていないという人は、ぜひご覧ください。 逆指値 の基本的な仕組みから、実際に 逆指値 注文 を使って、利益を出すための効果的な活用法、 逆指値 を使いこなすための重要ポイントについて解説していきます。

投資で安定的に利益を上げるためには、損失を最小限に抑え、利益を取り逃さないようにしなければなりません。そのためにも必要となるのが『 逆指値 注文 』です。
逆指値 注文 を活用し、安定的に利益を出せるようになりたい方は、この先をお読みください。

逆指値 注文 とは?

実際のトレードでの 逆指値 注文 を効果的に活用し、利益を上げるための具体的な方法を解説します。

逆指値 注文 の特徴

逆指値 注文 は、簡単にいえば指値 注文 の逆の発想です。
つまり、 逆指値 の買い 注文 では、何円以上になったら買い 注文 を入れる、
逆指値 の売り 注文 では、何円以下になったら売る、という 注文 方法です。

常に株価をチェックできない方にオススメ

逆指値 注文 の特徴については理解していただいたかと思いますが、一体、 逆指値注文の仕組み 逆指値 注文 はどのように活用すれば良いのか気になると思います。 逆指値 注文 は投資をする人ならば誰でも知っておくべき 注文 方法でありますが、特に 逆指値注文の仕組み 逆指値 注文 を活用していただきたい方は、常にチャートをチェックすることができない方、例えば、昼間会社勤めをしているサラリーマンの方などです。
仕事中はこまめにチャートをチェックできないため、急な価格変化に対応できないことがあります。そのようなときに、 逆指値 注文 を上手く活用することで、損失を限定させることができたり、トレンドを逃さずに 注文 を入れることもできます。

損切り 注文 としての活用法

まずは、 逆指値 注文 をリスクを最小限に抑えるための手段として活用する方法です。

例えば、上図のように、価格が110円のときに買い 注文 を入れたときに、相場が転換して110円を下回ったときに備えて、100円で売りの 逆指値 注文 をあらかじめ仕込んでおきます。それによって、万が一思惑が外れ、買値より価格が下回ったとしても、100円を損切りラインとした売りの 逆指値 注文 があることで、損失を10円で抑えることができます。
同様に、売り 注文 を入れた時には、買いの 逆指値 注文 を損切りとして活用することができます。

トレンドフォロー戦略としての使い方

逆指値 注文 逆指値注文の仕組み は、何もリスク管理だけに活用できるものではありません。
今度は、相場のトレンドに上手く乗って利益を狙う「トレンドフォロー戦略」での 逆指値 注文 の使い方です。

上の図では、相場を観察していくなかで、110円を超えてきたら上昇トレンドの局面に入ったと考えられる場合、110円のところに買いの 逆指値 注文 を仕込んでおきます。
そして、思惑通りに価格が上昇し、110円に達した時に買い 注文 が成立します。

110円を超えれば上昇トレンドだと自分の中で確信できるポイントがあった時に、その110円を超えるタイミングがいつ来るかわからない時、例えば日中会社勤めしている人であれば、お昼休みに株価をチェックしたら「110円まで価格が上がったら買い 注文 を入れたい」と思った時、午後からまた仕事があるため、株価をこまめにチェックできないかもしれません。そんな時に、110円に買いの 逆指値 注文 をお昼休み中に入れておけば、思惑通りに110円まで価格が上がったときに買い 注文 を確実に入れることができます。

つまり、 逆指値 注文 を活用することで、トレンドを逃さずに、トレンドフォローで利益を狙うこともできるのです。もちろん、逆に売りの 逆指値 注文 を使って、下降トレンドに乗って利益を狙うこともできます。

逆指値 注文 は、損切り 注文 に使うことで、損失を最小限に抑えるリスク管理としての効果もあり、またはトレンドフォロー戦略として、相場の大きな流れに乗って、大きな利益を狙うこともできる 注文 方法です。したがって、トレードで安定して利益を上げ続けたいのであれば、 逆指値 注文 を使ったトレードは一つのキーポイントと言えるでしょう。

逆指値 注文 を活用する時の注意点

前項で実際のトレードで 逆指値 注文 の有効的な活用法を紹介しましたが、その中でいくつか注意点もあります。
上手に活用するうえで、注意点をしっかりと把握することは重要ですので、しっかりと抑えておきましょう。

スリップページが発生しやすい

逆指値 注文 を使うときの注意点として覚えておきたいのが、「スリップページ」の発生です。
スリップページとは、 注文 した時点の価格と実際に約定された価格の差のことです。
例えば「1ドル=110.0円」で 注文 したにもかかわらず「1ドル=110.1円」で約定した場合、実際に約定した価格と 注文 したときの0.1円の差が、スリップページです。

スリップページが発生する原因としては、相場の急な価格変動によるものが多く、例えば米国雇用統計、FOMCといった重要経済指標の発表時、または主要国の大統領選挙や総選挙、さらにはテロや大地震などの天災があります。
このような、急な価格変動が発生することで、特定の時間に売買 注文 が集中することで、証券会社のサーバーで処理が追い付かないために、スリップページが発生します。

逆指値 注文 を入れる前に確認するべきこと

前述したように、 逆指値 注文 を使うと、こまめにチャートをチェックしなくても自分の狙ったところで約定することができるメリットがあります。
その代わり、間違えた設定で 逆指値 注文 を入れてしまうと、自分の思ったタイミングで売買 注文 できなくて損失を拡大してしまったり、利益を取り逃してしまうことがあります。
そのため、 逆指値注文の仕組み 注文 内容をよく確認してから使う必要があります。

逆指値 注文 を入れる前に確認するべきポイントは、

① 注文 数量の桁数に間違いがないか
② 注文 価格に間違いがないか
③ 注文 単価に間違いがないか
④ 注文 の執行条件に間違いがないか 逆指値注文の仕組み
⑤ 注文 が執行する有効期間に間違いがないか

上記5つのポイントが挙げられます。
ぜひ、 逆指値 注文 を使うときは、この5つのポイントを確認してから 注文 を設定しましょう。

基本の 注文 方法

逆指値 注文 を理解するためには、その他の基本的な 注文 方法についても理解する必要があります。それらの 注文 方法と 逆指値 の違い、特徴について理解していきましょう。

成行 注文


価格を事前に指定せずに売買 注文 をする方法で、リアルタイムに動くチャートを見ていて、売買したいと思ったタイミング、今現在の価格で売買できる 注文 方法です。
成行 注文 のメリットとしては、ほとんどの場合、すぐに 注文 の全量が成立するということです。なぜなら、相場には「価格優先」「時間優先」という2つの大原則が存在します。

指値 注文

逆指値 を応用した便利な 注文 方法

IFD 注文

IFD 注文 とは、「新規 注文 」と「決済 注文 」を同時に発注することができる 注文 方法であり、
新規 注文 が約定すると、決済 注文 が自動的に有効となります。
IFD 注文 は、長時間チャートを観察することができないトレーダーにとって、無駄な損失を防ぎ、チャンスの逃さずに 注文 を入れることができる 注文 方法です。

詳しくは、IFD 注文 について詳しく解説しているこちらの記事をご覧ください。

IFD 注文 の記事はこちらから

OCO 注文

2つの 注文 を同時に出しておき、一方の 注文 が成立すると、もう一方の 注文 が自動的に取り消しになるという 注文 方法です。
今後の相場の方向性が読めないときに、「ここまで上がったら利益確定」「ここまで下がったら損切り」というように、あらかじめ決済 注文 のポイントを決めておくことで、損失を最小限に抑えたり、一定の利益を確保することができます。

詳しくは、IFD 逆指値注文の仕組み 注文 について詳しく解説しているこちらの記事をご覧ください。

OCO 注文 の記事はこちらから

逆指値 注文 は、常にチャートを確認できない人にとって特に有効的な 注文 方法です。それだけではなく、心理面で売買判断にブレが生じてしまう傾向にある方にとっては、あらかじめ自分のルール通りの 注文 をすることができるメリットもありますので、ぜひ活用してみてください。

今回、 逆指値 注文 で「常にチャートを確認しなくていい」の部分に魅力を感じた方にお勧めしたいのが、 IFO 注文 です。

IFO 注文 とは 、こまめ にチャートをチェックできないサラリーマンの方などにとっては、 あらかじめ利益確定と、損切りの決済 注文 を設定できる ため、大変役立つ 注文 方法です。 パソコンの前に張り付く必要もなく、自分のライフスタイルを崩さずに、利益を狙えますので、 仕事が忙しく、多くの時間をトレードに割けない方 にオススメします。IFO 逆指値注文の仕組み 注文 について興味があるという方はこちらのページからご覧ください。

僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、
大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

ストップ・リミット注文

ここではティッカーBACを99,000株、ショート・ポジションとして保有し、資本の維持を目的として注文を出しつつも、買戻しの価格は制限 したいとします。ストップ・リミット注文タイプを使うことにより、事前指定されたレベルでのストップをトリガーし、 さらにティッカーBACを買い戻す価格に上限を設けることができます。これによる欠点もまたあります。変化の速いマーケットにおいてはストップが買い注文をトリガーすることもありますが、注文全部が約定する前に株価が指値価格を超えて変動することもあります。

逆指値注文の仕組み
仮定
BUY
数量 99,000
注文タイプ STP LMT
市場価格 15.72
ストップ価格 15.80
指値価格15.84

売りのストップ・リミット注文

クラシックTWS例

売りのストップ・リミット注文

注文タイプの詳細 - 売りのストップ・リミット注文

ステップ 1 – 売りのストップ・リミット注文の入力
ステップ 2 – 注文の発注
逆指値注文の仕組み
仮定
平均価格 14.95
SELL
数量 200
注文タイプ STP LMT
市場価格(ビッド価格) 14.20
ストップ価格 14.10
指値価格 14.00
ステップ 3 – 市場価格がストップ価格まで下がり、リミット注文がトリガーされる
仮定
平均価格 14.95
SELL
数量 200
注文タイプ STP LMT
市場価格 14.10
ストップ価格 14.10
指値価格 14.00
  • 直近の取引価格がストップ価格以下または同額の、シミュレーションされたストップ・リミット売り注文は、指値注文になります。
  • 直近の取引価格がストップ価格以上または同額の、シミュレーションされたストップ・リミット買い注文は、指値注文になります。

別の指定をしない限り、株用のシミュレーションされたストップ・リミット注文は、NYSEの通常取引時間( 米国東部標準時において月曜から金曜の9:30 a.m. から4 p.m.まで)の間のみトリガーされます。弊社のデフォルト設定のトリガー方法には、取引する商品タイプにより変わる追加条件があります。デフォルト設定のトリガー方法の変更の仕方を含め、弊社のトリガー方法に関する詳細は、TWSユーザーガイド内のトリガー・メソッドの項目をご覧ください。

Interactive 逆指値注文の仕組み Brokers ®, IB SM , InteractiveBrokers.com ®, Interactive Analytics ®, IB Options Analytics SM , IB SmartRouting SM , PortfolioAnalyst ®, IB Trader Workstation SM およびOne World, One Account SM はInteractive Brokers 逆指値注文の仕組み LLCの登録商標です。統計情報等をはじめとする上記の内容の裏付けは別途ご依頼いただければご案内致します。表示される取引のティッカーシンボルは説明目的で使用するものであり、特定の銘柄を推奨するものではありません。

詳細ルール説明

新規登録後すぐにゲーム参加が可能となりますが、この場合本会員登録完了までの間は仮会員状態となり、ランキングの対象となりません(同時に賞品獲得の権利もありません)ので速やかに新規登録時に送付するメールの内容に従い本会員登録の手続きを行ってください。
また仮会員の有効期間は新規会員登録をした日を含め 7日間 となり、 この期間を過ぎますと仮会員期間中に保有していた株式、信用建玉はすべて強制決済されてしましますのでご注意ください。

推奨環境・システム等

本ゲームを快適にご利用いただくためには、以下環境を推奨いたします。
【PC版】
Microsoft Windowsの場合
Firefox 最新版
Google Chrome 最新版

Macintoshの場合
Safari 最新版 逆指値注文の仕組み
Firefox 最新版
Google Chrome 最新版


【スマホ版】
Androidの場合
Google Chrome 最新版

iOSの場合
Safari 最新版

【スマホアプリ版】
Android 7.0 以降

半角英数字(ログインID、パスワード、注文株数、指値価格など)
良い例:1234567890abcdefg
悪い例:1234567890ABCDEFG

お取引に関するルール

信用:東証のうち制度信用銘柄に指定されたもの、トレダビ銘柄
現物:東証、トレダビ銘柄
※投資信託、債券はお取扱いしておりません。

1日に行える新規注文(現物買、信用新規買、信用新規売)は4回までとなります。
※アプリプレミアムサービス会員は無制限でご利用いただけます。
※現物売、信用返済買、信用返済売の各注文は制限なく行えます。

一律 逆指値注文の仕組み 約定代金の 0.0525%(消費税含む) が、ゲーム内所持金(仮想マネー)から引かれます
※最低手数料105円

トレダビ銘柄とは実際の株価や指数などから作成されたデータを元にした、現実の株と同じように売買が行える仮想の銘柄です。(信用取引も可能です。)
仮想の銘柄であるため、トレダビ銘柄は夜間や休日を問わず売買を行うことができます。
※一部メンテナンス時間があります。

また以下の時間はメンテナンス時間となるため、トレダビ銘柄は取引を行うことができません。
・午前3時 逆指値注文の仕組み ~ 午前6時

項目 ルール
注文時間 下記の時間帯には、ご注文を受付けることが出来ません。
・大引け後 ~ 成績計算終了まで(注文状況により午後4時~5時頃に終了)
・午前3時 ~ 午前5時
※上記時間外でも、メンテナンス中のため、システムが停止している場合があります。
注文の種類 成行
指値
逆指値(逆指値条件に到達後、成行注文)
注文の有効期限 当日~その週の最終営業日(通常金曜日)までを選択
注文の取消と訂正 注文の取消(キャンセル)と訂正については、「取消注文」「訂正注文」受付後、20分以上経過後に有効となります。 ただし、「取消注文」「訂正注文」後でも、20分以内に約定した場合は「取消」「訂正」できません。 この場合「取消注文」「訂正注文」はシステムが自動的にキャンセルします。 また、一部約定している注文の場合、未約定分に対しての「取消」「訂正」になります。
単元株数 注文時の株式の数量は、「単元株数」の整数倍です。
※例:単元株数が「1,000」の場合は、「1,逆指値注文の仕組み 000」「2,000」「3,000」. です。
買付余力 注文時には、買付余力(購入できる現金資産・保証金があるかどうか等)をチェックします。
※以下に該当する場合は、注文の受付を拒否させていただきます。

項目 ルール
約定価格決定方法 本ゲームでは「直近約定値、出来高、気配値、気配数量」などの情報に基づき、現実の注文状況を類推し、シミュレーションを行ないます。
「約定」は、ご注文された取引内容に対し、下記約定ルールに基づいた適切な「取引相手」を探し出すことにより確定いたします。また、現実の取引所における約定方法に基づき、競争売買における原則としてご注文された取引内容に対し、「優先度」が発生いたします。
取引相手 「取引相手」とは、現実の注文状況データをもとに、弊社システムが類推した下記注文 売り注文時は、そのお取引銘柄についての「買い注文」 買い注文時は、そのお取引銘柄についての「売り注文」
優先度 (価格優先の原則)
買指値注文の場合、指値の高い注文を優先
売指値注文の場合、指値の安い注文を優先
(時間優先の原則)
価格優先の原則で同等の優先度となる注文については先に出された注文を優先
基準値 「基準値」とは、各証券取引所が独自の基準を設けておりますが、本ゲームでは情報ベンダーから取得した値を基に弊社システムが独自の基準値を設けております
呼値 「呼値」とは、取引所で、売りまたは買いの意思表示のため唱える値段のことを言います。
一部出来
(一部約定)
本システムでは、約定の際に「一部出来」を採用しております。 「一部出来」とは、1つの注文が1度に全て約定せずに、複数回にわかれて一部ずつ「仮約定」する状態のことを言います。注文が「一部出来」した場合は当日の取引終了時に「一部出来部分」のみ約定が確定し、残りの注文はシステムが自動的にキャンセルします。※画面上は「一部約定」と表示されます。
その他注意事項 * 各注文において、「一部出来」した注文は当日の取引終了時に「約定」が確定いたします。残りの注文は全てシステムが自動的にキャンセルいたします。
* 約定につきましては、より高精度なシミュレーションを行なっておりますが、「直近約定値、出来高、気配値、気配数量」など取得できる情報に制限があるため、現実の取引を正確に反映できない点を予めご了承下さい。
* 売買が成立していないなどの理由から、現値、高値、安値などの情報が入手不可能な銘柄は約定しない場合があります。
* 上場当日は、情報ベンダーから送られてくる異常値での約定を防ぐため、始値・気配値等をもとゲーム独自に基準値を設け、値幅制限を設定しております。
上場当日に実際の市場で急上昇や急下降したような銘柄については、ゲーム独自の値幅制限値を越えるケースもあり、その場合には約定させない仕組みになっております。
逆指値注文の仕組み 逆指値注文の仕組み
項目 ルール
最低委託保証金 30万円
※ゲーム内所持金(仮想マネー)
委託保証金率 30%
最低委託保証金
維持率
20%
代用有価証券 全銘柄対象。掛け目80%固定。
※本ゲームでは全銘柄を対象とし、掛け目も80%固定とします。
※購入した現物株式は自動的に代用有価証券として扱われます。
※代用評価額は前日終値を参照しています。
金利(年率) 買方金利:2.00%
売方金利:0.00%
※ゲーム内所持金(仮想マネー)から引かれます
貸株料(年率) 1.00%
※ゲーム内所持金(仮想マネー)から引かれます
逆日歩 ゲームでは考慮しません。
取引規制 日証金の発表に基き、信用新規売り・信用新規買いの注文が制限される場合があります。
※増担保の場合、ゲームでは信用新規新規売リ買いともに注文を制限させていただきます。
管理費 ゲームでは考慮しません。
※実際には、1株(または1口)につき10.5銭(税込)
制度信用/
貸借指定解除
制度信用でなくなった場合、未約定注文は自動取消します。
返済注文の際は、制度信用かどうかのチェックをしていません。
空売規制 ゲームでは、50単元超の信用新規売の注文は出せない仕様になっています。
※50単元超に50単元は含みません。
※実際のお取引では、注意文言は表示されますが、注文を出すことができます。ただし、注文方法(指値/成行)や、その価格によっては規制の対象となる場合があります。
返済期日 ゲームでは考慮しません。
税金
(譲渡益税)
ゲームでは考慮しません。
諸経費が差し引かれる時期 買建/売建の約定手数料を含め、返済時にゲーム内所持金(仮想マネー)から引かれます。
逆指値注文の仕組み 逆指値注文の仕組み
項目ルール
配当 配当金は考慮されません。
受け渡しの概念 ゲームでは株券や現金の概念がありません。便宜上、即日受渡したことにしています。
追証について 大引け後に最低保証金維持率を割ってしまっている場合は、追証となります。 ゲームでは入金の概念がないため、追証はすべて、強制反対売買で処理します。 ※実際では、入金により強制反対売買を回避できる場合があります。
強制反対売買 逆指値注文の仕組み
について
未約定注文のキャンセルおよび、保有株式を強制的に成行売注文をします。大引けまでに約定しない場合は、ゲーム独自の処理として、情報ベンダーから取得した値に基づいて独自計算により清算します。
※現物株式の未約定注文はキャンセルされません。
現金がマイナス
になった場合
保有銘柄、信用建玉を強制売却いたします。
単元未満株
(端株)について
資本異動により単元未満株(端株)が発生する場合には、資本異動前の銘柄の直近終値にて、単元未満株に相当する株数を強制買取いたします。よって、単元未満株(端株)は発生いたしません。
逆指値注文の仕組み 逆指値注文の仕組み
項目 現物取引 信用取引
資本異動
当日について
資本異動当日の注文は受けません。未約定の注文はキャンセルします。 資本異動当日の注文は受けません。また、売買最終日およびその売買最終日の前日は、決済注文のみ可能で新規注文は受けません。
返済期日の
繰上げについて
期日繰上げとなった建玉は、売買最終日の朝に強制的に成行注文を出します。成行注文が約定しなかった場合、直近終値での強制決済となります。
新規上場 情報ベンダーからの株価データ取得後お取引が可能となります。 制度信用指定後からお取引が可能となります。
株式分割 比率に応じて分割します。 非整数倍の分割比率の場合、期日繰り上げとなります。
有償増資割合に応じて株数が変動し、払込金が発生します。 期日繰り上げとなります。
上場廃止 売買最終日に強制返済されます。
「上場廃止」となった銘柄は、種類を問わず一切の注文を受け付けません。
返済期日繰り上げとなります。
「上場廃止」となった銘柄は、種類を問わず一切の注文を受け付けません。
市場変更 本ゲームでサポートしている市場内であれば、変更後の市場でお取引が可能です。 本ゲームでサポート外の市場へ移動する場合は、上場廃止扱いとなります。
株式合併 売買最終日に強制返済されます。
期日繰り上げとなります。
株式交換 売買最終日に強制返済されます。
期日繰り上げとなります。
株式移転 売買最終日に強制返済されます。
期日繰り上げとなります。
単元株数変更 変更後の単元株数でお取引が可能です。 単元株数が小→大に変更される場合、返済期日繰り上げとなります。

【リセット後の損益、ランキング】
・各種ランキングは、リセット時に設定された資金を基準に、新たに計算されます。
ランキングで計上される損益は、リセット後の取引のみが対象となります。

株の自動売買注文の種類と仕組み。株の自動売買とは何か?

株の注文は通常「指値」または「成行」という二つの注文が基本ですが、自動売買注文は特定の条件を満たした時に執行される株の注文方法です。

自動売買注文とはどんな種類があるの?

  • 価格と数量を指定:指値
  • 数量のみを指定:成行

逆指値注文

  • 逆指値の買い:指定価格以上になった時に買い注文
  • 逆指値の売り:指定価格以下になった時に売り注文

W指値注文

プラスマイナス指値(プラマイ指値)

リレー注文

Uターン注文

トレーリングストップ注文

自動売買注文が充実した証券会社比較

auカブコム証券

自動売買注文(特殊注文)においては多数の特許も取得しており、大手ネット証券の中ではもっとも力を入れている証券会社となっています。

マネックス証券

マネックス証券はauカブコム証券に次ぎ自動売買注文(特殊注文)の種類が多いです。

自動売買(特殊注文)を上手に活用しよう

執筆者・監修者:ふか
元 野村證券勤務の金融マン。2004年より個人の金融リテラシー底上げのために投資、節約、キャッシュレス、ポイントなどの活用に関する情報を15年以上にわたり発信するマネー専門家です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる