デモ取引

ストップロス注文

ストップロス注文
カスタマーサービスにご相談ください。

逆指値注文、ダブル注文(通常+逆指値)

【WEB取引システム】ではログイン後の上メニュー [株式]-[現物取引・信用取引]-[買付注文/売付注文・新規注文/返済注文] から [逆指値]のタブ をご選択ください。
【リッチクライアント取引システム】ではログイン後の初期表示画面中央の「TradingManager」や上メニュー [取引]-[通常] からタブで6つの取引画面を切り替えて、 [逆指値]のタブ をご選択ください。
【スマートフォン専用アプリ取引システム】ではログイン後の下メニュー [銘柄・取引] から銘柄検索後、注文タブで注文画面を表示し、売買区分、注文方式 [逆指値]のタブ をご選択ください。
【iPad専用アプリ取引システム】ではログイン後の銘柄詳細画面右上の注文ボタンから通常注文画面を開き、売買区分、注文方式 [逆指値]のタブ をご選択ください。

ご利用・注文例

ダブル注文(通常+逆指値)

ご利用方法

【WEB取引システム】ではログイン後の上メニュー ストップロス注文 [株式]-[現物取引・信用取引]-[買付注文/売付注文・新規注文/返済注文] から [通常+逆指値] のタブをご選択ください。
【リッチクライアント取引システム】ではログイン後の初期表示画面中央の「TradingManager」や上メニュー [取引]-[通常] からタブで6つの取引画面を切り替えて、 [通常+逆指値]のタブ をご選択ください。
【スマートフォン専用アプリ取引システム】ではログイン後の下メニュー [銘柄・取引] から銘柄検索後、注文タブで注文画面を表示し、売買区分、注文方式 [通常+逆指値]のタブ をご選択ください。
【iPad専用アプリ取引システム】ではログイン後の銘柄詳細画面右上の注文ボタンから通常注文画面を開き、売買区分、注文方式 [通常+逆指値]のタブ をご選択ください。

ご利用・注文例

投資に際してのご留意点等

  • 弊社取扱商品は、商品・取引・銘柄ごと等に所定の手数料や諸経費をご負担いただく場合があります。また、商品・取引・銘柄ごとに価格変動・金利変動・為替変動・発行体の財務状況等による損失リスクがあり、商品・取引によっては、投資元本を超える損失が生じることがあります。
  • 投資に際しては、取扱商品・手数料など各ページの記載事項や契約締結前交付書面・目論見書等をよくお読みいただき、商品・取引の仕組みやリスクなどを十分にご理解の上、ご本人の判断と責任においてお取引ください。

サービス案内

0120-66-3303

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く) 新型コロナウィルスの影響の為、当面の間、 【短縮営業】8:30~16:30(土日祝日を除く)とさせていただきます。

WEBからのお問い合わせはこちら

口座開設・お問い合わせ

口座開設はこちら(無料)

0120-66-3303

カスタマーサービスにご相談ください。

※ 携帯/PHS 03-5652-6221
平日8:30~17:00(土日祝日除く) 新型コロナウィルスの影響の為、当面の間、 【短縮営業】8:30~16:30(土日祝日を除く)とさせていただきます。

F1レース解説:バルセロナでのレース当日、チームのストラテジストが直面するジレンマを分析する

スペインGPの9周目、マックス・フェルスタッペンが突風にあおられてターン4のグラベル・トラップにはまると、彼が優勝するためには、シャルル・ルクレールのフェラーリのパワーユニットの故障とレッドブルのチームメイト、セルジオ・ペレスのコンプライアンスが必要だった。ペレスは完璧なチームプレーを演じ、フェルスタッペンは優勝、そしてもちろんワールドタイトルを目指すフェルスタッペンの追い越しを2度も許した。しかし通常であれば、フェルスタッペンのコースアウトとルクレールのリタイアによって、ペレスの勝利への道が開かれるはずだった。このバルセロナでのレースをマーク・ヒューズが解説する。

ペレスはバルセロナでチームプレーを発揮し、チームメイトを先に行かせた:2022年F1スペインGP


ペレスはバルセロナでチームプレーを発揮し、チームメイトを先に行かせた。
ペレスが指示に従ってチームメイトに順位を譲ると、フェルスタッペンは全力でラッセルにアタックしたが、レッドブルのDRS機構の故障、ラッセルの激しい防御、メルセデスの非常に強いストレートエンドのスピードが組み合わさり、マックスはトラック上で抜くことができなかった。この時点で、ペレスは妨害された、それゆえ作戦が損なわれたと感じていた。

ペレスは、フェルスタッペンの3ストップがよい作戦だったと感じた。結局のところ、彼はそれで勝ったのだから。しかし、そうだったのだろうか? チェコが言ったように、タイヤの劣化画像を頼りに、事前に判断することは不可能だった。超高温のサーキットでは、タイヤが飽和状態になるほどのエネルギーがかかる。余分のピットストップのために21秒のタイムをロスしても激しく攻めることができる方が速いのだろうか? それとも、少し控えて2回だけピットインする方が速いのか?

チームにとっては1-2フィニッシュだったが、ペレスはチームの作戦決定を悔やんだのだろうか?:2022年F1スペインGP


チームにとっては1-2フィニッシュだったが、ペレスはチームの作戦決定を悔やんだのだろうか?
本物の3ストップ作戦と、2ストップ作戦のレースだが、追加としてフリーの3回目のピットストップを行うものを区別する必要がある。フェルスタッペンが3ストップ作戦に切り替えたのは、トラックでのポジションを失ったからだが、カルロス・サインツJr.が3ストップ作戦になったのは、ディフューザーが破損し(フェルスタッペンと同じく彼はターン4で突風によりコースアウト)、タイヤが消耗していたためだった。これにより、メルセデスはラッセルをフリーで(つまり順位を落とさずに)3度目のピットインさせ、レッドブルはペレスに3度目のピットインをさせてソフトタイヤに交換し、ルイス・ハミルトンから最速ラップタイムのポイントを奪った。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる