無料講座

取引とは

取引とは
出典:bitFlyer https://bitflyer.com/ja-jp/ex/simpleex

企業間取引とは?主要な決済手段やBtoB ECなども解説


取引を行ったら、決済して債権・債務を解消する必要があります。BtoC取引では決済手段の多様化傾向が顕著ですが、企業間取引ではまだまだ「請求書払い」が一般的です。
ただし、取引の効率性や安全性追求の観点から、他の決済手段の利用が進んできているのもまた事実です。商品・サービスを提供する企業側には、取引先のニーズに配慮したさまざまな決済手段への対応が今後ますます重要になってくると言えるでしょう。
ここでは、企業間取引で主に使われる決済手段を3つご紹介します。

クレジットカード決済

他方、企業間取引では、まだまだ一般的な決済手段にはなっていません。利用額の上限があるため規模の大きな取引に適さず、継続的な取引を通じて企業同士が関係性を構築しづらいことなどが敬遠される要因です。
しかし、こうした状況に変化がない訳ではありません。きっかけの1つが、2014年のVisaによるインターネット完結型のB2B専用決済システム「Visa Business 取引とは Pay」のサービス開始です。後続する決済サービスも目立ち、仕入れや輸送費などの支払いが少額多頻度になることが多い飲食店や建築会社を中心に、利便性の高いカード決済の利用が徐々に増える傾向にあります。

企業間取引が開始するまでの流れ

・見込み顧客の獲得
・顧客へのアプローチとナーチャリング
・顧客ニーズのヒアリングと受注に向けた提案
・見積書提示のうえ商談
・合意により契約成立
・取引開始

これまでの企業間取引では、電話やFAX、対面営業などのアナログなやり方で受発注が行われてきました。そのため、新規顧客の獲得には苦労が伴いがちで、実際に取引が開始されるまでにかなりの時間を要することも稀ではありませんでした。
しかし、インターネット検索による情報収集がビジネスにおいても当たり前になった今、企業間取引のファーストタッチもデジタルシフトが徐々に進んでいます。後に詳述する「BtoB EC」はまさにその仕組みであり、多くの企業で導入・活用が進んでいます。

BtoB ECでは、売り手企業はWeb上の既存のショッピングモール的なECサイトに出店するか(モール型)、独自にサイトを立ち上げて顧客と直接取引するか(自社ECサイト型)して、買い手企業の訪問を待ちます。
ただし、集客を成功させるには、自社店舗や商品・サービスの認知度向上に向けたマーケティング戦略が欠かせません。施策は、SEOやリスティング広告の創意工夫、あるいはUIデザインに配慮したサイト設計などを軸として展開されるのが一般的です。

近年増加している「BtoB EC」とは

オンライン化の進展に伴い、取引においてもEC化の流れが不可逆的なものとなって久しく経ちます。BtoCではすでに広く浸透しているECサイトの活用ですが、テレワークの普及やコロナショックの影響もあり、BtoBの領域でもEC化の需要が近年増加しています。
そこで、ここではBtoBのEC化を意味する「BtoB EC」について、概要と利用するメリットの順に解説していきます。

BtoB ECとは何か


ECは電子商取引(Electronic Commerce)の略であり、具体的にはインターネットを介したモノやサービスの売買を指します。したがって、「BtoB EC」とは、従来の印刷された請求書のやりとりを通じてではなく、インターネット上のショッピングサイトを通じてデジタルに決済処理する企業間取引(BtoB)の仕組みを意味します。

BtoB ECを利用するメリット

企業間の集金・代金回収は請求まるなげロボを導入して効率化させよう!


企業間の集金・代金回収業務の効率化をお考えであれば、ROBOT PAYMENTが提供する「請求まるなげロボ」の利用をご検討なさってください。請求まるなげロボであれば、今後のさらなる進展が確実な企業間取引のEC化をスムーズに進める心強いパートナーとして、存分にご活用いただけます。

【監修】ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部

ROBOT PAYMENTは請求管理業務を効率化・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」や
サブスクリプションサービスに特化した決済代行サービスを提供しています。
「お金をつなぐクラウドで世の中を笑顔に」というビジョンを下にお客様に満足を提供致します。

米の先物取引はなぜ認められないのか 〜本上場できるかどうか、最後のチャンス~

山下 一仁

制度的に米の価格や流通を統制していた食糧管理法が 1995 年廃止され、米の先物市場を認める可能性が出てきました。 2005 年に東西の商品取引所が米の先物市場を農水省に申請しましたが、 取引とは JA (農協)の意向を受けた自民党政権は認めませんでした。このとき JA は、先物価格が高くなると、農家が米を作る意欲が出て、減反に協力しなくなるとして、反対しました。しかし、先物取引を行っているアメリカでは、 1995 年まで減反政策がとられていました。 JA の主張には根拠がありませんでした。

民主党に政権が移った 2011 取引とは 年、 JA は反対の全国運動を展開しましたが、農水省は試験上場の申請を認可しました。 72 年ぶりの先物市場の復活でした。しかし、以来自民党政権下で 4 回も期限が到来しましたが、取引低迷を理由に、本上場への移行が見送られ続けています。試験上場自体も何度も延長するようなものではなく、前回の延長に当たっては、農水省はこれ以上の延長は認められないとしています。今回本上場できるかどうかが、最後のチャンスとなります。

JA は、米が投機の対象となり、価格が乱高下することは望ましくないと主張します。しかし、投機資金で先物価格が 2 万円に上昇するなら、それは、農家にとっては良いことです。先物価格が上がり、農家が減反に参加しないで米を作り、出来秋に実現した米価が下がっても、農家が受け取る米価は先物価格であって出来秋の米価ではありません。先物価格が上昇すれば、生産者は生産を増やそうとするので、将来の現物価格は低下します。これは市場を安定させます。流通業者も不作で出来秋の価格が高騰しそうなときには、低い先物価格で契約をすれば、リスクを回避できます。

今や先物取引は、農産物だけでなく金、原油、通貨、指数まで広範な商品について認められています。我々が国際的な穀物相場としているのは、シカゴ商品取引所( Chicago Board of Trade )の先物価格です。これは、世界の穀物生産者の指標となっています。価格が変動する一次産品では、先物取引が当たり前なのです。

大坂堂島の米市場が 1730 年に開設された当時、米は経済の中心でした。米は貨幣に代わる役割を果たしていました。大名の収入も年貢米だったし、侍の給料も米でした。「米を投機の対象とするな」と言いますが、現在と比較にならないほど、米が重要だった時代に、 200 年の長きにわたり米の先物市場は日本経済の中心でした。今では、米より原油や通貨の方がはるかに重要です。投機的だから認められないという JA の主張が正しいのであれば、原油や通貨の先物取引は即刻廃止すべきです。

日本の決められない政治をしり目に、 取引とは 2 年前に開設された中国大連の米先物市場は、日本の 50 倍近い取引量に拡大しています。取り扱っているのは、タイ米のようなインディカ米ではなく、ジャポニカ米です。このままでは、ジャポニカ米の指標価格は中国に握られてしまいます。共産党が支配する中国で投機が認められ、資本主義国である日本で認められないのは、なぜでしょうか?

JA の販売手数料は売上高に応じて決まります。 JA 経営のためには、減反で供給を少なくして米価を上げ、売上高を増やしたほうが良くなります。 JA は米流通量の 7 割を握っています。減反をしても、なお豊作で供給が増えたときは、在庫量を操作することで流通量を制限し、米価の低下を抑えてきました。

JA が先物取引に反対する理由は、現物取引である米の価格を操作できなくなるからです。先物価格が上がると農家は利益を受けますが、あくまでも現物価格で手数料収入が決定される JA は何らの利益も受けません。先物取引反対は、農家の利益ではなく JA の利益を守るための主張です。

米価を高く維持しようとした戦前の地主階級でさえ、先物取引を廃止すべきだと主張することはありませんでした。他方で、投機を批判する JA (農林中金)は、我が国最大の機関投資家として、ウォールストリートで、農家から集めた 60 兆円から 70 兆円の資金を有価証券に投資して莫大な利益を上げています。 JA は協同組合という看板を掲げていますが、子会社として設立した株式会社は 2019 年には 948 社に上るなど、その実態はあくなき利益の追求です。米価操作もその一つです。

試験上場は認可されましたが、 JA は先物市場への参加をボイコットし続けています。経営難に陥った東京穀物商品取引所は解散し、米の先物市場は大阪堂島商品取引所に統合されました。農水省は本上場を否定する理由を取引低迷としていますが、米流通量の 7 割を握る JA が参加しないのですから、永遠に認められるはずがありません。

これは国民にとって不幸なことです。これまで価格が低下するたびに、政府は市場から米を買い入れるなど、財政負担をして価格を維持してきました。先物のリスクヘッジ(価格安定)機能を利用すれば、そのようなことを行う必要はなくなります。無駄な支出をしなくて済む国民は、納税者としても利益を受けます。逆に、先物取引を認めなければ、生産者も国民納税者も不利益を受けます。利益を得るのは、 JA だけです。

仮想通貨の板取引とは?おすすめ取引所やメリット・デメリット徹底解説

板取引

仮想通貨の板取引とは

出典:bitFlyer https://bitflyer.com/ja-jp/ex/simpleex

画面右の表が「板情報」で、これを見ると、購入希望数量や購入希望価格(赤字)と売却希望数量と売却希望価格(緑字)が一目でわかりますので、使いこなせば非常に便利です。

例として取り上げたbitFlyerの取引所は非常にシンプルで見やすい板情報を提供してくれます。

板情報をゲットしたい方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨の板取引の特徴

板取引を利用できるのは取引所のみ

1つ目の特徴は、板取引を利用できるのは取引所のみだということです。

板取引を利用できるのは取引所のみ

出典:DMM Bitcoin https://bitcoin.dmm.com/column/0111

販売所では暗号資産交換業者が提示する金額での売買しかできないため、板取引は注文板がある取引所での取引に限られます。

狙った価格で購入・売却しやすい

2つ目の特徴は、狙った価格で購入・売却しやすいことです。

そのため、自分が思っていたよりも高かったり安かったりといった価格のずれが小さくなります。

板の厚みで流動性を把握できる

3つ目の特徴は、板の厚みで流動性を把握できることです。

もし、買い注文が売り注文よりも多い(厚い)場合は価格上昇が期待できますし、逆に売り注文の方が多ければ価格が下落する可能性があります。

bitFlyerの板情報は、シンプルかつ見やすいので初心者でも板の厚みや流動性が把握しやすいです。

板情報を見て板取引を効率よく行いたい方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ 取引とは Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨の板取引のメリット

1つ目のメリットは、指値(さしね)で取引できることです。

指値で取引できる

指値とは、指定した価格で売買する注文方法です。

指値で取引できる

出典:GMOコイン https://support.取引とは coin.z.com/hc/ja/articles/115007367348-%E6%8C%87%E5%80%A4%E6%B3%A8%E6%96%87%E3%81%A8%E3%81%AF

板注文の場合、板に書かれている価格を参考にしながら指値を入れられるのでとても便利です。

相場の状況を把握できる

2つ目のメリットは、相場の状況を把握できることです。

手数料やスプレッドが少なくて済む

3つ目のメリットは、手数料が少なくて済むことです。

手数料やスプレッドが少なくて済む

出典:DMM Bitcoin 取引とは https://bitcoin.dmm.com/column/021

スプレッドとは、買値と売値の価格差(差額)のことで、差額は暗号資産取引所の収益になるのでスプレッドは事実上の取引手数料と考えられます。(※相場の状況を把握できる)

取引所の手数料は販売所よりも低いことが多く、たとえばbitFlyerでは約定数量 × 0.取引とは 01 ~ 0.15%(一部0.20%)の手数料がかかりますが、販売所よりも少額でおさまることが多いです。

手数料を安く抑えて板取引を行いたいという方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨の板取引のデメリット

流動性が低いと取引が成立しない

1つ目のデメリットは、流動性が低いと取引が成立しないことです。

板取引では、売り注文や買い注文が少なく、板の厚みが薄い状態と言い換えることができます。

板情報を自分で読み解かなければならない

2つ目のデメリットは、板情報を自分で読み解かなければならないことです。

それには、板取引についての知識だけではなく取引の経験が必要です。

仮想通貨の板取引のやり方

購入・売却希望の仮想通貨を選択

まず、自分が購入あるいは売却を希望している仮想通貨を選択します。

購入・売却希望の仮想通貨を選択

出典:bitFlyer

この中から、自分が取引したい仮想通貨の組み合わせを選択します。

板の中から自分の希望する購入・売却価格を選択

板の中から自分の希望する購入・売却価格を選択

出典:bitFlyer

画面上の赤字は「Ask」(売り注文)で、下の黄字は「Bid」(買い注文)、中央の白文字が直近で取引が成立したときの価格です。

取引量を入力し、注文する

取引量を入力し注文する

出典:bitFlyer

板情報を参考に、数量や価格を指定して注文します。

板取引のほかに仮想通貨FXにも興味のある方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨の板取引における板の見方

板情報の基本知識

板情報は、購入または売却の希望価格と数量についてまとめられた表です。

板の見方

出典:bitFlyer https://bitflyer.com/ja-jp/ex/simpleex

まず、板情報は大きく分けて上下二つに分かれ、上の赤字は「買い方」、下の緑地は「売り方」をあらわします。

中央の価格はそれぞれの希望価格(気配値)、気配値の右あるいは左に書かれているのが数量で、これを見ると、買いと売りのどちらが多いのかを判別できます。

また、赤と緑の境界線に近づくほど、両者が折り合う可能性が高い気配値となります。

bitFlyerの場合、通常の取引所とプロ向けのbitFlyer Lightningがありますが、初心者であれば上の画面のようにシンプルな板情報を見られる通常の取引所で十分でしょう。

シンプルな板情報をご覧になりたい方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 取引とは 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨の板取引におすすめな国内取引所

bitFlyer

bitFlyer-top
名称bitFlyer
暗号資産数15種類
最低取引金額0.00000001BTC
レバレッジ取引のLightning FXの場合、0.取引とは 01BTC
売買手数料販売所:無料
取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
入金手数料無料~330円
出金手数料220円~770円
提供サービス販売所
取引所

bitFlyerかんたん積立
プロ向け取引所(bitFlyer Lightning)
bitFlyer クレカ
レバレッジ倍率2倍
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyerは、ビットコイン取引量6年連続ナンバー1の暗号資産取引所です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

bitFlyerの長所の一つは万全のセキュリティー体制にあり、7年連続でハッキングゼロという実績を持っていることです。

詳しくは、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

DMM Bitcoin

dmmbitcoin-top
名称DMMビットコイン
暗号資産数現物取引:11種類
レバレッジ取引:15種類
最低取引金額0.0001BTC
売買手数料無料
※BitMatch手数料を除く
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMMビットコイン公式サイト
関連記事DMMビットコインの評判

DMM Bitcoinは、DMMグループに属する暗号資産取引所で、グループのノウハウを生かしたセキュリティ技術に定評があります。

また、レバレッジ取引の対象となっている暗号資産は15を数え、業界でもトップクラスです。

BitMatch注文

出典:DMM Bitcoin https://bitcoin.dmm.com/about/bitmatch 取引とは

取引所が開設されていない代わりに、DMM Bitcoinが仲介役となって買い方と売り方の仲値を設定する「BitMatch」という新サービスを打ち出しています。

\もれなく2000円もらえる/

LINE BITAMX

LINE BITMAX-top
名称LINE BITMAX
暗号資産数6種類
最低取引金額0.00000001 BTC
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料LINE Pay:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)
提供サービス販売所
暗号資産貸出サービス
NFTマーケットβ
レバレッジ取引取扱なし
公式サイトLINE BITMAX公式サイト
関連記事LINE BITMAXの評判

LINE BITMAXは、LINEの関連会社であるLVC株式会社が運営する暗号資産取引所です。

取扱暗号資産数は少ないですが、少額から取引できるのが特徴で、暗号資産の貸出サービスやNFTマーケットにも乗り出し、積極的に業務を拡大しています。

Coincheck

コインチェック-top
名称Coincheck
暗号資産数17種類
最低取引金額0.005BTC以上 かつ 500円(相当額)以上
売買手数料販売所:無料
取引所:無料
※手数料相当額:0.1~5.0%
入金手数料銀行振込:無料(振込手数料は顧客負担)
コンビニ入金:3万円未満は770円、3万円以上は1018円
クイック入金:3万円未満は770円、3万円以上は1018円
出金手数料407円
提供サービス販売所
取引所
Coincheck NFT(β版)
Coincheckつみたて
貸暗号資産サービス
Coincheckでんき
Coincheckガス
レバレッジ取引取扱なし
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheckはマネックスグループ傘下の暗号資産取引所です。

取扱通貨数は業界でもトップクラスの17種類(2022年5月17日にFactom(FCT)の取り扱いが廃止となるため、それ以降は16種類)を取り扱っています。

  • レバレッジ取引には満期日はなく、お客様が、保有ポジションの転売もしくは買戻しによる取引を行わない限り、日締め処理時(毎取引日の午前 6:59)に、保有ポジションを自動的にロールオーバーして翌営業日へ繰り越します。
  • ロールオーバー時には、建玉管理料が発生します。
  • レバレッジ取引の受渡日は約定日当日となります。1日の区切り(計算区域)となる午前 7:00~翌午前 6:59 において約定した取引は同日の約定として受渡が行われます。

レバレッジ取引における注意事項

  • 取引にあたっては、各種約款、取引説明書やお客さま向けの規約等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。
  • 証拠金取引は少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金額等を超える損失が発生する場合があります。
  • お客様が現物の暗号資産を保有しており、かつレバレッジ取引を行うのに必要な日本円の証拠金を保有していない場合、その暗号資産は証拠金として扱います。
    そのため、現物の暗号資産を保有しており、その暗号資産を証拠金として差し入れてレバレッジ取引で買いポジションを保有し、暗号資産の急激な下落があった場合は、相当にリスクが発生します。
  • 定期メンテナンス中は、お客様の保有しているポジションの値洗いを行いません。そのため、そのメンテナンス中に、急激な暗号資産の価格変動があった場合、メンテナンス明けに値洗いを行った結果、すぐにロスカットとなる場合があるのでご注意ください。
    また、定期メンテナンス明けの指値のみ、当社が初めて配信する価格が、指定した価格より有利な価格の場合には、指定した価格ではなく、メンテナンス明けに当社が初めて配信する価格で約定します。

暗号資産を利用する際の主な注意点 暗号資産は、日本円、ドルなどの「法定通貨」とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
暗号資産は、価格変動により損失が生じる可能性があります。
暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻によりその価値が失われる可能性があります。
当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
暗号資産は支払いを受ける者の同意がある場合に限り、代価の支払いのために使用することができます。
当社の取り扱う暗号資産のお取引にあたっては、その他にも注意を要する点があります。
お取引を始めるに際してはサービスごとの「取引約款」(旧VCTRADE)「サービス総合約款」(旧TAOTAO)、「契約締結前交付書面」(旧VCTRADE)、「取引説明書」(契約締結前交付書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み(旧VCTRADE)、取引内容や仕組み(旧TAOTAO)、リスク等(旧VCTRADE)、リスク等(旧TAOTAO)を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。
秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失う可能性があります。 手数料について 口座管理費、年会費、日本円の入金手数料、暗号資産の受取・送付(入出庫)手数料はかかりません。ただし、旧VCTRADEに関しては日本円の出金に対しては手数料がかかります。詳しくはサービス概要(旧VCTRADE)及び「手数料について」 (旧TAOTAO)をご確認ください。 商号等 SBI VCトレード株式会社(暗号資産交換業者) 登録番号 関東財務局長 取引とは 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 上記に加え、暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行う場合の主な注意点 暗号資産関連店頭デリバティブ取引に関して顧客が支払うべき手数料、報酬その他の対価の種類ごとの金額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要及び当該金額の合計額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要は、「レバレッジ手数料」(旧TAOTAO)に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行うためには、あらかじめ日本円又は暗号資産(BTC、ETH、XRP)で証拠金を預託頂く必要があります。預託する額又はその計算方法は、「証拠金について」(旧TAOTAO)をご確認ください。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金等の額を上回る損失が発生する場合があります。当該取引の額の当該証拠金等の額に対する比率は、個人のお客様の場合で最大2倍、法人のお客様の場合は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会が別に定める倍率です。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、元本を保証するものではなく、暗号資産の価格変動により損失が生じる場合があります。取引説明書(契約締結前書面)(旧TAOTAO)等をよくお読みのうえ、リスク、仕組み、特徴について十分に理解いただき、ご納得されたうえでご自身の判断にて取引を行って頂きますようお願いいたします。 商号等 SBI VCトレード株式会社(金融商品取引業者) 登録番号 関東財務局長(金商) 第3247号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本STO協会 免責事項 当社ウェブページ遷移前に表示された情報は、当社が作成・管理しているものではありません。

商号:SBI VCトレード株式会社
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第3247号
暗号資産交換業 関東財務局長 第00011号 加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 一般社団法人 日本STO協会

一般のお客様はこちら 0120-056-715 受け付け時間 9:30〜18:30 / 年末年始を除く

「カーボンプライシング(Carbon Pricing)」の施策として、排出権取引と、CO2(温室効果ガス)排出量に応じて課税する炭素税があります。なお、この記事では、排出権取引制度(キャップ・アンド・トレード)に絞って解説していきます。
排出権取引は、個別の企業や国に対して温室効果ガスの排出枠(排出を許される量、キャップ)を割り当てるもので、各企業・国はその排出枠を超えないように、排出するCO2の量を抑える必要があります。
そして、割り当てられた排出量を超えそうな企業や事業所は、別の企業・事業所から排出枠の取引(トレード)を行えます。
もともとはアメリカの発電所において発生する二酸化硫黄を削減する際に用いられた制度で、その際に成果を上げたことで二酸化炭素の排出においても用いられるようになりました。

背景は地球温暖化の防止

排出権取引制度(キャップ・アンド・トレード)の仕組みと流れ

STEP1:CO2削減量の決定と排出枠の発行

STEP2:各企業への排出枠の分配

STEP3:排出枠の取引

しかし、割り当てられた排出枠内にCO2排出量を収めることができる企業ばかりではありません。なかには当然、分配された排出枠を超えてしまう企業も出てきます。
ここからが排出権取引制度(キャップ・アンド・トレード)の本領発揮となります。割り当てられた二酸化炭素(温室効果ガス)の排出枠を超えてしまいそうな企業は、二酸化炭素を十分に削減して排出枠に余裕がある企業から、排出枠を購入することが可能です。このとき、排出枠を超えてしまいそうな企業は「排出枠の購入」の他にも、「自社努力によるCO2削減」という道も残されています。
企業が「排出枠の購入」と「自社努力の削減」どちらを選ぶかは、その企業判断基準によって異なります。

STEP4:排出枠・排出量の確認(マッチング)

このマッチングにおいて、定められた排出枠内に二酸化炭素(温室効果ガス)の排出量を収めている企業・事業所は、排出権取引のルールを守ったことになります。
そして、配布された排出枠をオーバーしてしまった企業については、罰則が科せられます。
以上が、排出権取引制度(キャップ・アンド・トレード)の仕組みと流れです。

排出権取引制度(キャップ・アンド・トレード)のメリット

達成される目標が明確

温室効果ガスの削減費用を最小化できる

  • 自社努力で削減する
  • 排出枠を他企業から購入する

という2つの選択肢が用意されています。
企業の業種や形態によって事情が異なるため、自社努力による削減のほうが低コストで済む場合もありますし、その反対のケースもあるでしょう。
このように、各企業においてより低コストとなる削減方法を選択できるので、全体としての温室効果ガス削減費用も最小化することが可能となります。

企業側のCO2削減手段の増加

上記の話と重なる部分がありますが、企業にとってもCO2を削減する手段が増えます。
排出権取引は、環境政策のなかでは環境税などと同じ経済的手法に属しています。
この経済的手法は、政府が二酸化炭素の排出量を直接規制する政策手法と比較すると、削減を行う側の柔軟性が高く、より効率的であるといわれています。

排出権取引の問題点

カーボン・リーケージの問題(CO2漏出問題)

このカーボン・リーケージが実際に行われてしまうと、かえって地球全体のCO2排出量が増えてしまう場合もあるのです。
EUでは既に2009年にカーボン・リーケージにおける対策を話し合っており、カーボン・リーケージのリスクが高い164の産業部門及び小部門の企業については、他の産業部門よりも温室効果ガスの排出枠を多めに配分することが決定されています。
(参考資料:新エネルギー・産業技術総合開発機構「NEDO海外レポート 」)

多くの業界が「原単位」目標を主張している

排出枠の設定が困難

反対に排出枠の設定を甘くした場合、それなりの自社努力で削減目標をクリアする企業や国が続出し、売りに出される排出枠の数が多くなって値下がりします。
これにより、まったくCO2削減の自社努力をせず、ただ排出枠だけ購入したほうが安上がりといった事態も発生してしまいます。
こういったことから、適切な排出枠の設定は非常に難しい問題になっているのです。

排出権取引の実施国で課題が浮き彫りに

世界各国の排出権取引の導入事例

EU(欧州連合)

EU(欧州連合)では、2005年からこれまで3期間にわたり、EU域内で排出権取引制度(キャップ・アンド・トレード)を開始しました。
ここで排出権取引制度(キャップ・アンド・トレード)の対象となったのは、EU域内である程度の規模を超えて二酸化炭素を排出している工場や事業所、施設です。
EU(欧州連合)では、以下の期間に排出権取引制度(キャップ・アンド・トレード)を実施しました。

  • 第1期:2005年~2007年
  • 第2期:2008年~2012年
  • 第3期:2013年~2020年
  • 第4期:2021年~

排出権取引制度をいち早く実行してきたEUですが、経済危機の影響や制度そのものの不備などから、目標とする削減量に対し排出枠が余ってしまうなどの問題が発生しました。
その結果、排出権取引制度による十分な温室効果ガス削減効果を得られなかったとして批判を浴びる結果となりました。
しかしながら、現在は少しずつではありますが、改善に向けて進んでいる状況です。
(参考記事:WWFジャパン「温室効果ガス排出量取引」)

アメリカ(一部の州)

しかし、州単位で見てみると、排出権取引制度を導入している州はいくつか存在しています。たとえばカリフォルニア州では、2012年からEU(欧州連合)に近い形で排出権取引制度が導入されています。
また、それよりも古い2009年には、アメリカ東部の7州が発電所のCO2排出量削減を目的とした排出権取引制度「RGGI(Regional Greenhouse Gas Initiative)」を発足しています。
このRGGIへ参加している州は、2017年の時点では9州まで増えています。
(参考記事:WWFジャパン「温室効果ガス排出量取引」)

ニュージーランド

ニュージーランドにおいては、2008年に森林と農業部門を対象とした独自の排出権取引制度が開始されています。
ニュージーランド政府は、排出する二酸化炭素の限度量を設ける「炭素予算」を2030年に向けて定めているのですが、その「炭素予算」を達成するためにも、排出権取引制度の効果的な活用が期待されています。
(参考記事:WWFジャパン「温室効果ガス排出量取引」)

中国では、早ければ2020年にも中国全土を対象とした排出権取引制度を開始することを、2017年12月に発表しています。
ここで対象となるのは主に火力発電所で、年間CO2排出量が2万6000トン以上の施設(約1,700カ所)が対象となります。
(参考資料:日本経済新聞「中国、20年にも排出権取引制度 自家火力も対象、改善急務」)

温室効果ガスの削減に向けて求められる政策

WWFが提言する「ポリシーミックス」とは?

  • CO2排出量に応じて課税する「炭素税」
  • 中小事業者がエネルギー効率に優れた設備を導入するなどして削減したCO2排出量を他社へ売却する制度

などが当てはまります。 (参考資料:WWFジャパン「温室効果ガス排出権取引/入門編」)
日本でも「グリーン電力証書」、「J-クレジット」、「非化石証書」といったCO2を排出しない電気を取引する制度はありますが、政府が主体となってさらに進める必要があるでしょう。

大阪本社 〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1丁目4番6号 ミフネ道修町ビル 3階
TEL:06-6232-1755 FAX:06-6232-1756 東京本部 〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目14番2号 東八重洲シティービル 2階
TEL:03-6273-4091 FAX:03-6273-4092

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる