暗号資産オプション取引の基本

バイナリーオプション一日の推奨エントリー回数は

バイナリーオプション一日の推奨エントリー回数は
攻略テクニック

バイナリーオプションの1日取引を攻略!頭脳戦が得意なら稼げる可能性大!

バイナリーオプション1日取引の攻略

相場には「埋めない窓は無い」という格言があります。
しかしながら、「窓」が開くということは、窓を開けた方向の勢力が強く表れたとテクニカル分析的には解釈できるもので、本来は窓を開けた方向に順張りで仕掛けるというのがセオリーです。

では、窓はどのくらいの確率で埋めるのかを、日経平均過去10年のデータを使って検証してみます。まずは、窓を開ける確率(ギャップアップ、ギャップダウンの確率)を調べてみます。

ギャップアップの定義は、前日のローソク足が陽線で、前日終値より高く寄付いた場合、 ギャップダウンの定義は、前日のローソク足が陰線で、前日終値より低く寄付いた場合とし、窓埋めは当日の高値と安値の間に窓埋めの価格(前日終値)が含まれることを条件としています。

・ギャップアップ、ギャップダウンの確率検証
検証データ:日経平均株価指数10年
2008年1月4日(始値:15,155.73円)~2017年12月29日(終値:22,764.94円)
検証日数:2451営業日

・結果
ギャップアップ:644日(26.3%)
ギャップダウン:611日(24.9%)
窓開け無し:1196日(48.8%)

約半数が窓を開ける確率となりました。
ギャップアップとギャップダウンでは、ギャップアップする確率の方が高くなっています。
これは日経平均が検証期間の2008年から2017年末までに、日経平均が約7,500円強上昇していることがその要因と考えられますが、検証期間の終了日を2014年7月11日(終値:15,164.04円)と、検証データの始値と変わらない期間にしても、ギャップアップ、ギャップダウンの比率はほぼ同じです。
これは、日経平均は前日終値と比べてギャップアップしやすい傾向があると考えられます。

次に、窓開け後、当日中に窓埋めした確率を算出します。

ギャップアップして当日中に窓埋めした日:644日のうち、273日(42.4%)
ギャップダウンして当日中に窓埋めした日:611日のうち、301日(49.3%)
当日中に埋まる確率は、ギャップアップ、ギャップダウン合算して45.7%になりました。

参考サイト:SBI証券

窓がレジスタンスになったケース

1日取引についてのSNSの投稿をチェック

判定時間まで長いので一旦エントリーしてしまえばあとは放置していても大丈夫ですから時間がない人にもおすすめです。

— 一条ミナト@投資家 (@minato0002) February 15, 2021

最近為替レートを見ながらハイローオーストラリアでUSD/JPYの23時間で取引をしてるけど勝率がかなり高い
あとで今月分の勝率をまとめてみるか

— ちぇすた (@granzchesta1093) February 13, 2019

【鉄板パターン】僅かな差が勝敗を分ける!バイナリーオプション取引の成功率を上げるエントリータイミングとは?

攻略テクニック

悩む男性

悩む女性

そこで今回の記事では “バイナリーオプション取引の成功率を上げるエントリータイミングの捉え方” についてお話していこうかと思ってます(*´∀`*)

バイナリーオプション取引のエントリータイミングを見定める判断基準を見つけよう!

当然ながら、私たちはバイナリーオプションで取引するにあたり “勝ちやすいタイミング” を見つける必要があります😊

じゃあその勝ちやすいタイミングを測るためには何が必要かっていうと、『 判断基準 』です(*´∀`*)

最低でもどんな状況でエントリーするのか?というところは絞っておきたいので、私が普段から取り組んでいる “トレンド相場で順張りをする際のエントリータイミング” バイナリーオプション一日の推奨エントリー回数は をテーマにお話を進めていきたいと思います(^_^)

トレンドフォローにおける代表的な2つのエントリータイミング

トレンド相場の進行方向に沿って順張りすることを『トレンドフォロー』と言うのですが、この際に最も気をつけたいのは 『高値安値掴み』 です✊

高値掴み

高値イラスト

そういった事態を避けるためにも、できればトレンドが伸び切ったところではなく “トレンドが勢いづくタイミング” を狙っていきたいんですよね(*゚∀゚)

そこでまずご紹介したいのが、 “トレンドフォローで有効な2つの代表的なエントリータイミング(手法)” です😊

  • 移動平均線の押し目エントリー
  • 前回高値安値のブレイクエントリー

ここから順番に解説していきますが、この2つのエントリータイミングは両方とも 5分足で確認 するようにしてください(*´∀`*)

悩む男性

移動平均線を使った押し目(戻り目)エントリーのタイミング

戻しチャート

この戻しが入るタイミングでエントリーすると負けてしまうため、 “戻しが終わって再びトレンドが勢いづくタイミング” を狙うのが『押し目(戻り目)エントリー』です(*´∀`*)

押し目ポイント

押し目エントリー

前回高値安値の抵抗帯をブレイクした後のエントリータイミング

反発

ブレイク騙し

ブレイクエントリー

もったいない負けを回避する1分足のエントリータイミングとは?

さて、ここまでご紹介した『押し目エントリーのタイミング』と『前回高値安値のブレイクエントリーのタイミング』はそれぞれ 5分足で確認してください とお話しましたね😊

僅差で負け

このような “僅差の負け” って意外と多かったりします😅

でも 少しエントリーするタイミングを工夫するだけでこの僅差の負けを減らすことができる んです✨

些細なエントリータイミングに隠された大きなメリット

トレンドフォローの取引において、1分足で細かいエントリータイミングを測る際に重要なのは “エントリー方向と逆方向に少しでも引きつけてエントリーすること” です😁

タイミング

なぜこれが重要かっていうと、 僅かなタイミングの違いによる負けを減らし、少しでも勝てる可能性を上げるため です💡

引きつけエントリー

盛り返しパターン

    バイナリーオプション一日の推奨エントリー回数は
  • 引きつけないエントリー が勝てて 引きつけたエントリー が負けるパターンはない。(その場合引きつけたエントリーも勝てます)
  • 逆に 引きつけたエントリー が勝てて 引きつけないエントリー が負けるパターンはある。(上記で紹介した2パターンがそれですね)

つまり 引きつけてエントリーすることにはメリットしかない わけです(*´∀`*)

悩む男性

欲張りすぎると逆に自分を追い込んでしまうことになるので、1分足でエントリーするローソク足が決まったらあくまで “ちょっとでも引きつけて” を意識してタイミングを測ってみてください(*´∀`*)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる