FX初心者

オプションの法的根拠

オプションの法的根拠
○ 取締役の報酬等を決定する手続等の透明性を向上させ,また,株式会社が業績等に連動した報酬等をより適切かつ円滑に取締役に付与することができるようにするため,上場会社等の取締役会は,取締役の個人別の報酬等に関する決定方針を定めなければならないこととするとともに,上場会社が取締役の報酬等として株式の発行等をする場合には,金銭の払込み等を要しないこととするなどの規定を設けることとしています。○ オプションの法的根拠 役員等にインセンティブを付与するとともに,役員等の職務の執行の適正さを確保するため,役員等がその職務の執行に関して責任追及を受けるなどして生じた費用等を株式会社が補償することを約する補償契約や,役員等のために締結される保険契約に関する規定を設けることとしています。 引用元:法務省|会社法の一部を改正する法律について

不動産購入、不動産売却は三井住友信託銀行グループの「三井住友トラスト不動産」

1.民法上の買戻しとは
(1)「買戻し」という言葉は、取引界において色々な意味で使われています。
民法上の買戻しの他にも、後ほど説明いたします「再売買の予約」や、「譲渡担保」の意味で使われていることもあります。そこで、「買戻し」という言葉がどのような意味で使われているのかを慎重に検討することが必要になります。
民法上の「買戻し」とは、一度行った売買契約を売主が解除して不動産を買主から取り戻すことをいい、買戻特約とは解除権を留保する特約をいいます(民法579条)。
買戻しは、わが国では主に担保目的で利用されてきました。
つまり、融資の際に、融資額を代金と見立てて、債権者が債務者の不動産を購入するという形式をとり、債務者(売主)は期間内に融資額(代金)と契約費用を返還すれば売却した不動産を取り戻すことができる一方、返還されなければ債権者(買主)が不動産の所有権を取得できるとすることで、不動産に担保物権を設定して融資を受けるのと同じ経済的目的を果たしてきたのです。
なお、公共団体などが土地を分譲する際に、買主に対し、購入した土地に一定期間内に建物を建築することを義務付けたりするため、条件に反したときは買戻権を行使できるという特約が付けられることがあります。この場合のように、不動産の利用にかかわる契約条件を守らせる手段として買戻しが利用される場合には、担保目的ではない買戻しに当たります。

(2)民法上の買戻しと認められるには、厳格な要件を満たす必要があります。
①買戻しの対象は、不動産に限られています(民法579条)。
登記制度が整備されている不動産と異なり、動産については公示の方法が不完全であり、認める実益も大きくなかったためとされています。
もっとも、動産の買戻しを禁止するものではなく、動産の買戻特約を付けることも妨げられませんが、その場合には、民法上の買戻しの規定は適用されないものと考えられています。

②買戻しの特約は、売買契約と同時にする必要があります(民法579条)。
買戻しには(第三者にも主張できるという意味で)物権的な効力が与えられているので、第三者を保護するために必要とされています。
もっとも、売買契約と同時にされなかったとしても、特約が絶対的に無効になるわけではなく、「再売買の予約」としての効力が認められる場合が多いとされていますので、注意が必要です。

④買い戻すことができる期間は、最長で10年です。不動産の帰属を長期間不安定な状態に置くことを防ぐ趣旨とされています。10年よりも長い期間を定めたときは、10年に短縮されます(以上民法580条1項)。
また、いったん定めた期間は延長することができません(2項)。
さらに、期間を定めなかったときは、5年間とされます(3項)。

(3)特約がこれらの要件を満たした場合、期間内であれば、売主は、買主が支払った代金と契約費用を返還して売買契約を解除し、不動産を取り戻すことができます(民法579条。買戻権の行使)。
解除によって、売買契約は遡って効力を失い、不動産の所有権は、最初から移転しなかったことになります。
また、買戻しの特約を登記した場合、買戻しは、第三者に対しても対抗できます(民法581条1項。ただし、登記をした賃借人について一定の例外があります)。そのため、売主は買主からその不動産を購入した第三者(第三取得者)に対しても、買戻しを主張することができます。
さらに、第三取得者がその不動産について登記を備えている場合には、買戻権はその第三取得者に対して行使すべきものとされています(最高裁昭和36年5月30日判決)。

2.再売買の予約とは
このように民法上の買戻しの要件はとても厳格になっています。そのため、使いにくいとされ、「再売買の予約」という方法が多く用いられてきました。
「再売買の予約」とは、売買の際に、売主が将来目的物を再び買い戻すことを予約するものです。通常、売主が予約完結の意思表示をするだけで再売買が成立するという「売買の一方の予約」(民法556条)が利用されます。 オプションの法的根拠
「再売買の予約」は、買戻しと異なり、①目的物が不動産に限られない、②売買契約と同時にしなくてもよい、③④再売買代金額や期間に制限がない、とされています。また、仮登記を利用することで第三者に対しても対抗することができます。
こうしたことから、要件が厳格な「買戻し」ではなく、「再売買の予約」が利用されるようになったのです。 オプションの法的根拠
買戻しとしては要件を満たさないとしても、再売買の予約としての効力が認められることが多いので、注意が必要です。

3.譲渡担保とは
また、買戻特約付きの売買契約の形式をとっていても、譲渡担保であると判断される場合があるので、この点にも注意が必要です。
譲渡担保とは、一般に、債権を担保する目的で設定者の財産を債権者に移転し、債権(被担保債権)が弁済されれば移転した財産を設定者に戻す担保のことをいいます。
債務者は、ある段階までは債権を弁済して目的物を受け戻すことができ、債権者は、担保権を実行する場合は、融資額と不動産の価格との差額を清算金として返還しなければなりません。
近時の判例は、買戻特約が付けられた売買契約の形式がとられていても、目的不動産を債権の担保とする目的で取り交わされた契約は、譲渡担保と考えるのが相当であるとしました。 オプションの法的根拠
また、判例は、担保目的かどうかを判断する際は、売主から買主へ占有が移されているかを重視しており、占有が移されていない場合は、譲渡担保と考えるのが相当であるとしています(以上最高裁平成18年2月7日判決)。
譲渡担保であると判断されますと、売主は期間を過ぎても不動産を取り戻すことができますし、買主が担保権を実行する場合には清算金を支払わなくてはならないことになります(買戻しの場合には、被担保債権(貸金債権)が残らないので、売主は代金額(融資額)と不動産の価格との差額について清算金を得ることができません)。

企業活動の基幹となる法務・人事労務・経理の疑問に応えるWebデータベース。
圧倒的な情報量、実務に直結した高いクオリティの情報をスピーディにお届けします。

会社で使える書式と文例プラス

「こんなときどうするネット会社の法律Q&A」とは

チャット形式でお手軽検索!AI技術を利用した自然文検索機能を新搭載!

「こんなときどうするネット会社の法律Q&A」とは

「こんなときどうするネット会社の法律Q&A」とは

「こんなときどうするネット会社の法律Q&A」とは

量 4,000件の「こんなときどうする」に応える!圧倒的な情報量で企業活動をサポート

法務の目次を見る

人事労務の目次を見る

経理の目次を見る

質 弁護士等エキスパート延べ 366名!ネット上の不確かな情報とは一線を画す

質 弁護士等エキスパート延べ 366名!ネット上の不確かな情報とは一線を画す

会社で使える書式と文例プラス

1.Q&A =あなたの疑問をズバリ解決=

2.労働法キーワード解説

3.メールマガジン

4.雑誌記事

5.コンプライアンス・チェック

商品名 こんなときどうするネット会社の法律Q&A
価格 年間 定価39.600円(本体36,000円+税10%)
内容 「総務・法務」「人事・労務」「経理・税務」の疑問に約5,000件のQ&Aで応えるWebデータベース
推奨環境 OS:Microsoft Windows8.1/10 WEBブラウザ:Microsoft Internet Explorer11、Chrome、Firefox
商品名 こんなときどうするネット会社の法律Q&A 会社法実務プラス
価格 年間 定価13,200円(本体12,000円+税10%)
内容 加除式書籍『会社法務質疑応答集』、『新会社法A2Z 非公開会社の実務』、『企業のための役員職務・処遇関係ハンドブック』から、合計約1,500件のQ&Aを収録。
推奨環境 OS:Microsoft Windows8.1/10 WEBブラウザ:Microsoft オプションの法的根拠 Internet Explorer11、Chrome、Firefox

※推奨環境下の利用においても、お客様が保有するその他のソフトウェア及びアプリケーション等の影響による誤作動・作動不良については、弊社は一切責任を負いません。
※本商品は年会費商品となっております。契約期間は、お申込の翌月から1年間となります。(商品のご利用は、WEBサービスのご利用案内が届いた時点から可能です。)また、契約は、1年毎の自動更新となりますが、契約時期満了の1ヶ月前までに書面によりお申し出いただくことで、ご利用を停止することができます。
※本商品は『こんなときどうするネット会社の法律Q&A』のオプション商品につき、セット申込みのみとなります(本商品のみでのお申込はできません)。

オプションの法的根拠 オプションの法的根拠
商品名 こんなときどうするネット会社の法律Q&A 周知機能オプション
価格 年間 定価13,200円(本体12,000円+税10%)
内容 『こんなときどうするネット会社の法律Q&A』のコンテンツをメールで社内で周知するためのオプション機能。
推奨環境OS:Microsoft Windows8.1/10 WEBブラウザ:Microsoft Internet Explorer11、Chrome、Firefox

※推奨環境下の利用においても、お客様が保有するその他のソフトウェア及びアプリケーション等の影響による誤作動・作動不良については、弊社は一切責任を負いません。
※本商品は年会費商品となっております。契約期間は、お申込の翌月から1年間となります。(商品のご利用は、WEBサービスのご利用案内が届いた時点から可能です。)また、契約は、1年毎の自動更新となりますが、契約時期満了の1ヶ月前までに書面によりお申し出いただくことで、ご利用を停止することができます。
※本商品は『こんなときどうするネット会社の法律Q&A』のオプション商品につき、セット申込みのみとなります(本商品のみでのお申込はできません)。

【2021年3月施行】改正会社法による役員報酬のルール変更と報酬の定め方

○ 取締役の報酬等を決定する手続等の透明性を向上させ,また,株式会社が業績等に連動した報酬等をより適切かつ円滑に取締役に付与することができるようにするため,上場会社等の取締役会は,取締役の個人別の報酬等に関する決定方針を定めなければならないこととするとともに,上場会社が取締役の報酬等として株式の発行等をする場合には,金銭の払込み等を要しないこととするなどの規定を設けることとしています。

○ 役員等にインセンティブを付与するとともに,役員等の職務の執行の適正さを確保するため,役員等がその職務の執行に関して責任追及を受けるなどして生じた費用等を株式会社が補償することを約する補償契約や,役員等のために締結される保険契約に関する規定を設けることとしています。

引用元:法務省|会社法の一部を改正する法律について

そのため多くの会社では、役員報酬の支給に関する手続きの見直しが必要になるので、新ルールの内容を正しく理解しておきましょう。この記事では、2021年3月1日施行・改正会社法上の役員報酬(取締役報酬)に関するルール変更の内容や、会社がとるべき実務対応について解説します。

社外役員マッチングサービス
「ExE(エグゼ)」
Executive Introduction Solution

会社法上の役員報酬(取締役報酬)に関する基本的な考え方section

取締役は株主により経営を委任されている

取締役報酬には株主のコントロールを及ぼす必要がある

従前から存在する役員報酬(取締役報酬)のルールsection

改正前会社法の規定内容

  • 報酬等のうち額が確定しているものについては、その額
  • 報酬等のうち額が確定していないものについては、その具体的な計算方法
  • 報酬等のうち金銭でないものについては、その具体的な内容

改正前の役員報酬(取締役報酬)のルールの問題点

①個々の取締役報酬の決定プロセスが不透明

たしかに 取締役報酬の総額を株主総会で決定すれば、いわゆる「お手盛り」の危険は防ぐことができます 。しかし、各取締役への配分については何ら規制が及んでおらず、決定プロセスについて透明性に欠ける面がありました。

②非金銭的報酬に関するルールが不明確

2021年施行・改正会社法による役員報酬(取締役報酬)のルール変更の内容section

個人別報酬等の内容に関する決定方針の決議を義務化

  1. ①監査役会設置会社(公開会社であり、かつ、大会社であるものに限る。)であって、その発行する株式について有価証券報告書を内閣総理大臣に提出しなければならないもの
  2. ②監査等委員会設置会社
  1. 取締役の個人別の報酬等(業績連動報酬等・非金銭報酬等を除く)の額又はその算定方法の決定に関する方針
  2. 業績連動報酬等がある場合には、業績指標の内容及び当該業績連動報酬等の額又は数の算定方法の決定に関する方針
  3. 取締役の個人別の報酬等のうち、非金銭報酬等がある場合には、当該非金銭報酬等の内容及び当該非金銭報酬等の額若しくは数又はその算定方法の決定に関する方針
  4. 通常の報酬等・業績連動報酬等・非金銭報酬等の額が、個人別の報酬等の額に対する割合の決定に関する方針
  5. 取締役に対し報酬等を与える時期又は条件の決定に関する方針
  6. 取締役の個人別の報酬等の内容決定の全部又は一部を、取締役その他の第三者に委任するときは、次に掲げる事項
    1. (a)当該委任を受ける者の氏名又は当該株式会社における地位及び担当
    2. (b)(a)の者に委任する権限の内容
    3. (c)(a)の者により(b)の権限が適切に行使されるようにするための措置を講ずるときは、その内容

    個人別の報酬等の決定方針が公表されることにより、 決定プロセスが株主の監視対象となり、取締役を引き続き信認するかどうかの判断材料としての活用が期待 されます。

    ストックオプションなど(非金銭的報酬)の株主総会決議事項の明確化

    取締役に対する非金銭的報酬としてよく用いられるのは、「株式報酬」と「ストックオプション(新株予約権)」です。従来のルールでは、株式報酬やストックオプション(新株予約権)についても、「具体的な内容」を定めるべき旨が規定されているのみでした。改正会社法では、 株式報酬およびストックオプション(新株予約権)について、株主総会で定めるべき具体的内容の詳細が明文化 されました(会社法361条1項3号・4号)。

    <株式報酬(会社法361条3号・同施行規則98条の2)>
    ①取締役に対して発行する募集株式の数の上限(種類株式発行会社では、募集株式の種類および種類ごとの数)
    ②一定の事由が生ずるまで、当該募集株式を他人に譲り渡さないことを取締役に約させるときは、その旨及び当該事由の概要
    ③一定の事由が生じたことを条件として、当該募集株式を会社に無償で譲り渡すことを取締役に約させるときは、その旨及び当該事由の概要
    ④②、③のほか、取締役に対して当該募集株式を割り当てる条件を定めるときは、その条件の概要

    <ストックオプション(新株予約権)(会社法361条4号・同施行規則98条の3)>
    ①取締役に対して発行する募集新株予約権の数の上限
    ②新株予約権の目的である株式の数(種類株式発行会社では、株式の種類および種類ごとの数)またはその数の算定方法
    新株予約権の行使に際して出資される財産の価額または算定方法(金銭以外の財産を出資の目的とするときは、当該財産の内容および価額)
    新株予約権の行使期間
    ⑤一定の資格を有する者が新株予約権を行使できることとするときは、その旨及び当該資格の内容の概要

    オプションの法的根拠

    契約書作成 契約書作成

    送信設定 / 内容確定 / 送信

    メール受信・内容確認

    合意

    締結完了

    スタータープラン

    ベーシックプラン

    プレミアムプラン

    まずはお試し
    フリープラン

    ファイアウォール

    暗号化通信

    認定タイムスタンプ

    バックアップ

    セキュリティ診断

    電話番号認証

    キャンピングカー株式会社

    契約書に関するコストが実質半分以下に!はじめての電子契約が成功した理由

    • フランチャイズ契約書
    • 秘密保持契約書
    • 雇用契約書

    いまい税理士事務所

    契約書にかかる時間が1、2時間→わずか2、3分に短縮も!電子契約が業務効率化に貢献した理由とは

    よくある質問

    「リーズナブルな価格帯」「”どなたでも”柔軟に選べるプラン」「使いやすさ・分かりやすさを追求した操作性」です。
    初期費用なし、契約書の取扱件数に合わせて選択できるプラン、かんたんな操作ですぐに導入できます。

    基本的な電子契約の利用に追加費用はかかりません。
    電子契約書の送付・締結、電子契約書の保管、2要素認証の利用は標準機能として提供しています。
    「電子署名」の購入とオプションの「書類保管機能」は別途費用がかかります。

    契約書のPDFファイルに記録される情報が異なります。
    電子サインではタイムスタンプを契約書に付与します。
    電子署名はタイムスタンプと電子署名を契約書に付与します。
    電子署名は「当事者が契約書を送信した・契約を締結した」ことの証拠力がより高まります。

    現行の印紙税法の見解では、収入印紙の貼り付けは紙書面の契約書に対して義務付けているためです。
    電子契約は電子データのため、収入印紙貼り付けの対象外となっています。
    参考リンク:【国税庁】印紙税法基本通達

    契約大臣では、主に3点の情報により契約締結を証明しています。
    ・契約が締結されたときの情報を、タイムスタンプや電子署名などで契約書に付与
    ・契約当事者と日時の情報を記録した、合意締結証明書を発行
    ・契約大臣サーバー上でログを保持

    無償ストックオプションの課題と有償ストックオプションについて

    無償ストックオプションの課題と有償ストックオプションについて

    株式会社プルータス・コンサルティング 取締役マネージング・ダイレクター 米国公認会計士
    組織再編・有価証券発行・資本政策関連のアドバイザリー業務、有価証券の設計・評価業務、企業価値評価業務に従事し、多数の案件を手掛ける。企業研修・大学MBA講師。企業買収に係る第三者委員も務める。具体的プロジェクトには、TOB、株式交換等の組織再編アドバイザリー、資金調達アドバイザリー、非上場会社の資本構成の再構成コンサルティング、インセンティブ・プラン導入コンサルティングなどがある。
    著書に「企業価値評価の実務Q&A」(共著、中央経済社)、旬刊商事法務No.2042、2043「新株予約権と信託を組み合わせた新たなインセンティブ・プラン」(共著)、ビジネス法務第19巻第4号「法務担当者のための非上場株式評価早わかり(第4回)」(共著)、企業会計Vol.68No.5「制度の変遷で理解する株式報酬諸制度のメリット・デメリット」、旬刊経理情報No1402「時価発行新株予約権信託の概要と活用可能性」(共著)、No1395「業績連動型新株予約権の設計上の留意点」(共著)掲載などがある。
    2019年8月より京都大学経営管理大学院の客員教授に。

    Related posts:

    小さく産んで大きく育てる 新規事業の創出方法

    経営にスピードが求められる中で、既存事業が早々にレッドオーシャン化し、新規事業開発の必要性を実感している方も多いと思います。特に、新規事業のアイデアはあっても、事業を立ち上げ成長させることは難しいと感じている経営者、幹部の方々は多いのではないでしょうか。 新規事業が推進できない最も大きな理由は、必要な人材が採用できないことです。 このホワイトペーパーでは、新規事業開発における人材調達の事例と、プロ人材を活用した新規事業開発の成功事例についてお伝えします。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる