トレーダーが解説

おすすめトレードスタイルをご紹介

おすすめトレードスタイルをご紹介
ユイ

FXの練習はデモトレード一択!練習する時の5つのコツからおすすめのアプリまで解説

FXの練習はデモトレード一択!練習する時の5つのコツからおすすめのアプリまで解説

FX

「FXを擬似練習するのにおすすめのアプリが知りたい…」

そこで本記事では、デモトレードがFXの練習にぴったりな理由やデモトレードでFXの練習ができるおすすめアプリをご紹介します。

デモトレードとは?

デモトレードとは、自分のお金を一切使わず、無料でFX取引の体験ができるサービスです。

仮想の資金を使って取引するので費用やリスクは発生しません。

取引のやり方や注文方法など一連の流れを確認するのにデモトレードは便利です。

デモトレードがFXの練習にぴったりな理由

デモトレードはFXの練習にぴったりです。

  1. 自分のお金を使わず無料でできるから
  2. 失敗を恐れず練習に取り組めるから
  3. 本取引にスムーズに移行できるから

1.自分のお金を使わず無料でできるから

デモトレード最大の魅力は、自分のお金を使わずに無料でできることです。

初心者がいきなり自分のお金でトレードしても、損失を出す可能性の方が高いです。

資金に余裕があり様々な取引方法を試すことができるので、初心者の練習には最適です。

2.失敗を恐れず練習に取り組めるから

失敗を恐れず練習に取り組めるのも、FXの練習にデモトレードがぴったりな理由です。

自分のお金を使った取引だと、大損を恐れてしまい思い切った取引ができません。

デモトレードならいくら失敗しても、自分のお金が減ることはありません。

失敗を恐れず、思い切った取引や自分の取引ルール検証を気軽にできるので、FXの練習には最適です。

3.本取引にスムーズに移行できるから

チャートや分析ツール、取引ツールなども全て本取引同様の環境で取引できるので、本取引にスムーズに移行できます。

注意点としては、デモ口座と本口座を同じFX会社で統一することです。

自分が本取引で利用するFX会社でデモトレードを利用しましょう。

デモトレードでFXの練習ができるおすすめアプリ

中にはデモトレードができないFX会社もあるので、利用前にデモトレードに対応しているかを確認する必要があります。

GMOクリック証券

GMOクリック証券は、FX取引高が世界No.1、国内では9年連続No.1の実績があるFX会社です。

特にスマホアプリ「GMOクリックFX noe」でデモトレードができるのはかなり評判となっています。

もちろんPC版のツールも、見やすいチャート、充実したテクニカル指標が利用できるのでFXの練習台として万人におすすめできるFX会社です。

おすすめトレードスタイルをご紹介
スマホ対応
デモ口座 利用可能期間 1ヶ月
仮想資金 10万〜9,999万円
取扱通貨ペア数 20種類
利用可能なツール ・GMOクリック FXneo(スマホアプリ)
・はっちゅう君FX+(デスクトップアプリ)

「GMOクリックを実際に使っている人の生の評判が知りたい…」 あなたは今このようにお考えではないですか? たしかに、GMOクリック証券は人気の証券会社ですが、具体的にどんな点が優れているのか、逆にどんなデメリットがあるのか気にな[…]

GMOクリック証券の評判は悪いの?リアルな口コミを分析して実態を調査します

ヒロセ通商

ヒロセ通商は、ヒロセ通商株式会社が運営するFX会社です。

2021年オリコン顧客満足度ランキング総合第一位を誇る人気のFX会社となっています。 おすすめトレードスタイルをご紹介

取扱通貨ペア数も50種類と多く、取引ツールもかなり充実しているので、万人におすすめできるFX会社です。

スマホ対応
デモ口座 利用可能期間 3ヶ月
仮想資金 1万円〜1,000万円
取扱通貨ペア数 50種類
利用可能なツール ・C2
・.NET4 おすすめトレードスタイルをご紹介
・バーチャルLION FX

外為どっとコム

外為どっとコムは、株式会社外為どっとコムが運営するFX会社です。

外為どっとコムでは外貨ネクストネオというサービスを使い、リアルな環境で取引の体験ができます。

取引できる通貨ペア数も多いので、本取引のメイン口座としても人気があります。

より本取引に近い環境で練習したい人におすすめのFX会社です。

スマホ対応
デモ口座 利用可能期間 90日
仮想資金 500万円
取扱通貨ペア数 50種類
利用可能なツール ・リッチアプリ版(PC版)
・スマホアプリ版

「外為どっとコムを実際に使っている人の生の評判が知りたい…」 あなたは今このようにお考えではないですか? 外為どっとコムは人気のFX業者ですが、具体的にどんな点が優れていて、逆にどんなデメリットがあるのか気になりますよね。 […]

外為どっとコムの評判は悪いの?リアルな口コミを分析して実態を調査します

DMM おすすめトレードスタイルをご紹介 FX

口座開設数は80万口座以上を誇る人気FX会社となっています。

DMM FXは特にスマホ版のアプリは使いやすいと好評です。

利用可能期間も3ヶ月と長めなので、たくさん練習したい初心者におすすめのFX会社です。

おすすめトレードスタイルをご紹介
スマホ対応
デモ口座 利用可能期間 3ヶ月
仮想資金 500万円
取扱通貨ペア数 21種類
利用可能なツール ・DMM FX DEMO/STANDARD
・DMM FX DEMO/PLUS(PC版ツール)

「DMM FXを実際に使っている人の生の評判が知りたい…」 あなたは今このようにお考えではないですか? DMM FXは人気のFX業者ですが、具体的にどんな点が人気の理由なのか、逆にどんなデメリットがあるのか気になりますよね。 […]

DMM FXの評判は悪いの?リアルな口コミを分析して実態を調査します

みんなのFX

みんなのFXのデモトレードは、メールアドレスやニックネームなどの基本情報の登録さえも不要で、ワンクリックですぐに始められるのが魅力です。

スマホ対応はしておらず、PC版のみのデモトレードになります。

スマホアプリで練習できる気軽さはないですが、無制限で利用できるのでじっくり時間をかけて上達したい人におすすめです。

スマホ対応 ×
デモ口座 利用可能期間 無制限
仮想資金 100万円
取扱通貨ペア数 28種類
利用可能なツール Webトレーダー(PC版ツール)

デモトレードでFXの練習をする時の5つのコツ

  1. さまざまな注文方法にトライしてみる
  2. 自分に合うトレードスタイルを決める
  3. 取引ルールを決める
  4. 本取引と同時並行で進める
  5. トレード結果をしっかり分析する

1.さまざまな注文方法にトライしてみる

デモトレードでFXの練習をする時は、さまざまな注文方法にトライしてみましょう。

成行注文 数量だけを指定する注文方法(価格は関係なし)
指値注文 数量+価格を指定する注文方法
(〇〇円まで上がったら売る、下がったら買う)
逆指値注文 数量+価格を指定する注文方法
(〇〇円まで上がったら売る、下がったら買う)
OCO注文 内容が異なる2つの注文を出して、どちらかの条件が成立した際にもう一方が自動的にキャンセルされる注文方法
IFD注文 買い・売り注文と決済注文を同時に出す注文方法
IFO注文 買い・売り注文と利確・損切り注文を同時に出す注文方法

各注文方法の用途を知れば、本取引に移行した際も適切な注文を行えるようになります。

おすすめトレードスタイルをご紹介 状況に応じて適切な注文方法を使い分けられるようにデモトレードでトライしましょう。

2.自分に合うトレードスタイルを決める

自分に合うトレードスタイルを決めることも大切です。

スキャルピングトレード 数秒〜数分で取引を完了させるスタイル
デイトレード 数時間〜1日で取引を完了させるスタイル
スイングトレード 2、3日〜数週間で取引を完了させるスタイル
ポジション(長期)トレード 1週間以上の長い期間で取引を完了させるスタイル

なお、1日以上の取引だと深夜時間や週末に相場が急変動して損失を負うリスクがあります。

そのため、初心者の方はその日のうちに取引を完了させるデイトレードがおすすめです。

3.取引ルールを決める

トレードスタイルに加えて、取引ルールを決めることも大切です。

取引ルールとは「どんな時に注文してどんな状況になったら決済を行うのか」を指します。

人には感情があるため、含み益が発生していると「もっといける!」と根拠のない自信が湧いてきて結局利確タイミングを見失うケースが多いです。

このような感情に左右されないためにも、取引ルールを決めておくことは大切です。

4.本取引と同時並行で進める

本取引と同時並行で進めていくという方法もあります。

デモトレードのデメリットは、本取引と同じ緊張感で取引できないことです。

もし通用しなかった場合は、もう一度デモトレードに戻って取引ルールを決め直します。

5.トレード結果をしっかり分析する

トレード結果をしっかり分析することも、デモトレードで練習する際のコツです。

トレード結果を分析しないと何が良くて何が悪いのかがわからず、なかなか成長できません。

まずは、うまくいった取引と悪かった取引にはどんな違いがあるのかを自分なりに考えてみましょう。

デモトレードでFXの練習をする時の注意点

  • 緊張感に欠け、ゲーム感覚になりやすい
  • デモトレ口座には有効期限がある
  • 土日はデモトレードができない

緊張感に欠け、ゲーム感覚になりやすい

デモトレードは、無料でできるがゆえに緊張感に欠け、ゲーム感覚になりやすいです。

そのため「負けてもいいや」という軽い気持ちで取引をしてしまうのです。

本取引の気持ちで緊張感を持って練習するようにしましょう。

ある程度FXに慣れてきたら、少額でも良いので本取引に挑戦する方が良い練習になるでしょう。

デモトレ口座には有効期限がある

デモトレ口座には、有効期限が設定されている場合が多いです。

もちろん無制限で利用できるFX会社もありますが、多くのFX会社は1〜3ヶ月の有効期限が設定されています。

土日はデモトレードができない

土日はデモトレードができません。

しかし、デモトレードは実際のレートを使って取引を行うので、本取引と同じく証券取引所が閉まっている土日に取引を行うことはできないのです。

なお、平日に空いた時間を使ってスマホならデモトレードできるという方は、GMOクリック証券のスマホアプリ「GMOクリックFX neo」がおすすめです。

FXのトレードスタイル4つ!自分に合う手法を見つけよう!

FXのトレードスタイル4つ!自分に合う手法を見つけよう!

ユイ

こたろ

  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スイングトレード
  • ポジショントレード

FXのスタイル1:短期集中のスキャルピング

FXのスタイル1:短期集中のスキャルピング

スピード特化型(取引は数秒~数分)

集中してできる環境があって、短期決戦が向いてるという方にはいいでしょう。

1トレードあたりの利益と損失が小さい

使う時間足は5分足や1分足で、数pips~数十pipsという小さい値幅を狙っていきます。

経験ある中級者向け

「損切り技術」はスキャルピングで必須の技術!

負けても「無-む-」が大事(´-ω-`)

このように、スキャルピングは技術的なことや、メンタルの強さが求められるスタイル。

FXのスタイル2:1日で完結するデイトレード

FXのスタイル2:1日で完結するデイトレード

初心者向けで忙しい人もできる(取引は数十分~1日)

狙う利益は、大体20pips~100pipsといった感じ。

「この辺で入れば大丈夫」

デイトレード

精神的な負担が少ない!

それに比べると、デイトレードの取引回数は1日数回だけ。

  • 相場の流れを知る
  • 中期的な流れをつかむ
  • 利確のタイミングを見極める
  • 損切りを考える

ただ、為替をチェックしつつ、何時間か待ってからエントリーするのが一般的なので、「待つ」のがじれったく感じることも時にはあります。

日をまたがないのでスワップポイントが気にならない

日本は低金利なので金利は0%に近いのですが、海外では3%、5%、10%などに設定している国もあります。

  • 「金利差」
  • 「売りポジション」か?
  • 「買いポジション」か?

最初からスワップポイントのことまでしっかり考えてトレードするのは、ちょっとハードですよね。

FXのスタイル3:数日かけてじっくり!スイングトレード

FXのスタイル3:数日かけてじっくり!スイングトレード

子育て家庭など忙しい人もできる(取引は数日~数週間)

なぜならデイトレードはチャートを一日に何度も見る必要がありますが、スイングトレードで使うのは4時間足・日足・週足などの大きい時間足のため、そんなに頻繁に見なくてもいいからです^^

チャート確認→エントリー→決済まで、時間をかけて自分のペースでできるのがいいところですね。

デイトレより狙う利幅が大きい

スワップポイントが発生する

もしマイナスのスワップポイントだったら同じ利幅でも「勝ったときは利益から引かれる」し、「負けたときはさらに損失額がふくらむ」ことになります。

経済指標チェックなどファンダメンタルズを意識しよう

経済指標

https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/

FXの勝ち方はこれ!|勝ちたい方におすすめのFX口座も紹介

FXの勝ち方はこれ!|勝ちたい方におすすめのFX口座も紹介

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

デイトレーダーに必要な資金はどれくらい?年収や生活の基準も

黒川ヤスヒト

株やFXなど、金融商品のトレードにはいくつかのスタイルがあります。そのうち 1日の中で売買が完結するのがデイトレード です。一度購入したらその日のうちに売却してしまいます。翌日まで持ち越すことはありません。またデイトレードの中でも、 数秒から数分で売買を完結させるのは「スキャルピング」 と呼ばれます。そのほか、数日の間ポジションを保有し続けるのは「スイングトレード」、さらに 数カ月以上保有するトレードは「ポジショントレード」 というように分類されます。

1日で売買を完結させるデイトレードで扱うのは、容易に売買できる流動性の高い金融商品。 上場株式やFX(外国為替証拠金取引)、CFD(差金決済取引)、株式指数先物取引 などです。

また ポジションを持ち越すリスクが小さい、というのもメリット になります。トレードを終えてポジションを持っていなければ、知らない間に市場の急激な変動に巻き込まれるのを避けることができます。

デイトレーダーの年収

デイトレーダーの年収

デイトレーダーに必要なのが値動きを予測する能力 。値動きを表すチャートや、それを分析するテクニカル指標などへの理解度も、収入の違いになっていくでしょう。

では、どれだけの人が、デイトレーダーとして利益を出し続けているのでしょうか。 デイトレーダーとして生き残るのは、約10% と言われています。この数字に対する受け止め方は、人それぞれだと思います。

1日の生活リズム

1日の生活リズム

デイトレーダーは、市場の値動きを見ながら取引します。市場が開いている時間に、生活のリズムが左右されることになるでしょう。例えば 日本株の場合、市場が開いているのは9時から15時の間 。その時間は取引に集中し、残りの時間で情報収集や、収支のチェックなどをすることになります。

その他、 ドル円などFX取引では24時間取引が可能 だったり、日経225先物取引には夜間取引など、夜のトレードに集中可能なタイプもあります。専業のデイトレーダーであれば昼間は睡眠に使い、夜の海外市場に集中するという生活も可能でしょう。日中に本業がある方であれば、夜の数時間に副業としてデイトレードをするという選択もできそうです。

資金はどれくらい必要か

国税庁が公表した「平成30年分民間給与実態統計調査」では、1年の平均給与が441万円。簡略化のため目標を年400万円とすると、 1,000万円の資金があれば、1年にトレードを繰り返し40%分の利益を出せばいい ことになります。100万円の資金なら400%。10万円の元手なら4,000%、40倍にする必要があります。実現可能な数字を探ることになるでしょう。

様々なアンケートを見ると、副業による月の収入は、1~5万円未満というケースが多いようです。仮に副業による年収を50万円としましょう。 1,000万円の資金があれば、1年に5%分の利益を積み重ねれば実現可能 です。100万円の元手なら50%、毎月5%弱の利益を出し続けることで達成できます。目標を設定し計画を立てることで、必要な資金も分かってきます。

税金はどのようにかかる?

税金はどのようにかかる?

ドル円などFX取引で得た利益については、確定申告しなければなりません。 適用されるのは「申告分離課税」 で、税率は所得の大小にかかわらず20%(現在は復興特別所得税を含む20.315%)。その年の利益と損失を通算して税率を掛けます。 FXでの利益は、「日経225先物」などの株価指数先物取引との損益通算も可能 です。

国内上場株式の売却益については、 「申告分離課税(譲渡所得)」 となります。税率はFXと同じく20%。証券会社で特定口座を作り、「源泉徴収あり口座」で取引をするなら、確定申告の必要はありません。なお、トレードを繰り返す中では、利益が出ることもあれば損失を出してしまうこともありますが、損失が出た際には損益通算され、すでに源泉徴収された分から自動で還付されます。

このようにデイトレードを始める際は、住宅資金について考えるときと同様、 目標を設定し計画を立てて資金を準備 します。また、デイトレーダーとして利益を出し続けるには、値動きを予測する知識や経験も必要です。資金の準備と並行して、勉強やトレーニングにより習得していくことになります。専業であれ副業であれ、チャレンジし成功すれば、デイトレードは新たな収入源となるでしょう。

スキャルピングやデイトレード等のうち初心者向きのFXトレードスタイルは?

回答一覧

5/5 件

FX取引方法について、初心者のおすすめは「スイングトレード」です。 トレード手法は様々ありますが、ポジションを持ってから決済するまでの時間で分類すると、大まかに以下のようになります。 ・スキャルピング:数秒~数分 ・デイトレード:数分~数時間 ・スイングトレード:数時間~数日 ・長中期トレード:数日~数ヶ月、数年 まず、FXにおける売買の原則は「トレンドに乗る」です。 外国為替というものは短いスパンで見た場合、意外と大きく値が動きます。 そのため短時間で売買するスキャルピングやデイトレードをした場合、「上がると思って買いのポジションを持ったのにすぐ下がった、慌てて決済したらその後すぐに上がった」といったことになりやすく、価格に振り回されて損をするケースが増えてしまうのです。 もっと言うと、ギャンブル的要素が強くなりすぎてしまうとも言えますね。 そのためなるべく長いスパンで見て、買いが強いのか売りが強いのかを判断し、強いほうに従って売買して比較的長期間保有するというスタイルのほうが勝率は高まります。 ですので本心を言えば、より勝率が高まる長中期トレードがおすすめです。 とは言え初心者の場合は、なるべく短い期間で売買を体験してみたいですよね。 と考えると、まずはポジションを持ったらしばらく(数時間以上)は保有するスイングトレードのスタイルをおすすめします。 トレンドを見極めたり、ポジションを持つタイミングを見極めたり、ポジションの決済を我慢したりするといった経験を経て、FX取引の概要や難しさを身に染みて理解することができるでしょう。 FXの値動きを見ていると、「スキャルピングやデイトレードも意外と簡単じゃないか?」と思うかもしれませんが、これが見るのとやるのとでは大違いなのです。 また不思議なほどに「最初の数回は見事に勝てる。その後調子に乗ったところで大損する」というパターンにはまるという、本当にギャンブルと似た性質を持っています。 なるべくなら、短期トレードには手を出さないほうが良いでしょう。 どうしてもやってみたい場合は、使用する金額の上限を明確に決めておき、なくなっても良い覚悟でやってみることですね。 難しさを体感できると思います。 なお、FXは大きな損失を負うリスクもある金融取引ですので、取引の手法と合わせリスク管理の手法もしっかり勉強しておくようにしてくださいね。

これからFXを始める予定なのですね。人によってアドバイスの内容は違うとは思いますが、、、私は、初心者であればスキャルピングやデイトレードなどの超短期スパンのトレードはおすすめしません。おすすめするのは、スイングトレードなど中長期スパンでトレードをおこなうものです。 なぜなら、スキャルピングやデイトレードで利益を出すには確かな相場分析力が必要になるためです。何も知らない初心者がこれらのスタイルで取引をしても、すぐにロスカットなど大きな損失を負ってしまうでしょう。 スキャルピングやデイトレードは、ある程度経験を積み、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析を高い精度でおこなえるようになってからでないと、ギャンブルのようになってしまいます。 初心者の方は、「中長期」「少額資金」「主要通貨ペア」でトレードをすることをおすすめします。 相場動向を完全に予測することはプロでもできませんが、超短期間の相場よりは中長期の相場の方がファンダメンタルズの影響も強く予測しやすいです。また、中長期であれば、仮に予測と反対に相場が動いたとしても少額資金であれば、損切りせずにそのまま保有してスワップポイント狙いに切り替えることができます。1,000通貨から取引できるFX業者もありますし、なかには1通貨から取引OKな業者もあります。少額資金での取引であれば、証拠金維持率に十分に余裕を持たせることも可能です。 取引する通貨ペアはできれば、米ドル円、ユーロ円、ユーロ米ドルなどの主要通貨ペアを選択しましょう。なぜなら、取引量が多いため、新興国通貨などに比べると大きく相場変動することもなく、情報量も多いためです。しっかりと情報収集をしていれば、スピーディーにリスクが察知でき対処することが可能です。 中長期トレードで存分に経験を積み、確かな実力をもった状態でスキャルピングやデイトレードに興味がある場合は、短期トレードにチャレンジするといいでしょう。 FXは短期間で大きな利益を稼げるなどのメリットがある一方で、大きな損失を負うリスクがあります。そのため、初めて間もないうちはできるだけリスクを抑えて取引することが大事です。 また、参考までにおすすめのFX業者を紹介します。 ●SBI FXトレード SBI FXトレードは、他の業者と違い、1通貨から取引することが可能です。そのため、数千円の資金でも安心してFXを始めることができます。また、業界最狭水準のスプレッド・業界最良水準のスワップポイントのため、低コストで取引ができ、スワップポイント狙いの取引にも向いています。取引ツールも使いやすく、約380行に対応したクイック入金機能など、使い勝手のよいFX業者です。 ●ヒロセ通商 LION FX おすすめトレードスタイルをご紹介 ヒロセ通商は、50種類もの通貨ペアを取り扱っており、1,000通貨から取引が可能です。スプレッドも低水準なため、コストを抑えた取引ができます。また、成功約定率99.9%、約定スピード最速0.001秒と約定力の高さにも定評があります。人気グルメや家電がもらえるキャンペーンをたくさん実施しているのも魅力です。 ここで紹介したように、初心者であればスキャルピングやデイトレードではなく、中長期スパンのトレードを心がけましょう。まずは、本やWEBでFXを勉強し、デモトレードである程度経験を積んで、実践を始めることをおすすめします。

FXを始めたい初心者にお勧めのトレードスタイルをという事ですね。 おすすめトレードスタイルをご紹介 FX取引には様々な取引手法が有ります。 中でも人気の短期売買取引手法を2つ「スキャルピング」「デイトレード」についてご紹介します。 いずれも取引手法の目的は為替差益、つまり値幅を利用して利益を得る取引となるという事を頭においてください。 ★スキャルピング★ スキャルピング手法は小さな値幅を取る取引手法です。 1回の取引に得る利益がかなり小さく、その取引を1日のうちに何回も繰り返すことで利益を得るスタイルです。 何回も取引を繰り返えすことになりますので、取引画面の前に一定期間居られる方にお勧めです。 多いときは数百回も取引しますので、手数料が大きくかかります。 一応、ご紹介させていただきます「スキャルピング・トレードのおすすめ業者トップ3」 おすすめトレードスタイルをご紹介 1. GMOクリック証券 2. ヒロセ通商 3. ワイジェイFX ★個人的な意見ですが初心者の方は取引で手数料のかからない小さい金額でお取引できる会社の、口座を 持たれると良いと思います★ 小さい金額で取引でき取引手数料無料の口座を提供している所をご紹介します。 SBI FXトレードhttps://www.fbixt.co.jp/ お役に立てることを願っています。

FXトレードとは世界中の外国為替の値動きを利用して損益を確定させる金融取引です。 その外国通貨はは国ごとの政策金利・経済状況・経済指標等のファンダメンタルズによって変化します。誰かの一言で大きく動いたりもするので、情報収集は高度なものが要求されますし、初心者の方にとってファンダメンタルズの分析はかなりむつかしいと思います。 では、初心者がFXをするためには専門のスクールで経済学を深く学ばないといけないのかと言うと必ずしもそうでは無いと思います。 ファンダメンタルズ分析の知識が少なくても、テクニカル分析で勝つことができます。といいますか、ファンダメンタルズ分析を知っていても、多くの人が負けています。 そこで、今回ご紹介するのは「デイトレード(デイトレ)」となります。 初心者にデイトレードをオススメする理由はまず、時間の拘束が少ないことです。 一般的にデイトレードは朝や仕事後など空いている時間に取り組みやすいです。戦略を立てたら、あとは事前に注文を入れておくだけです。仕事の間中、チャートとにらめっこしなくて良いというメリットがあります。 一方スキャルピングも空いている時間を使えますが、トレード中は取引画面とにらめっこしなければならないので、時間拘束というデメリットがあります。 2つ目の理由は規則正しい生活ができることです。 トレードをはじめるとついつい寝れなくなってしてしまったり、仕事中もかなり気になってしまうものです。 レートやチャートのチェックは昼食中やちょっとした休憩時にスマートフォンで軽く確認するぐらいの精神的余裕が無いとビギナーには厳しいでしょう。 3つ目はスワップポイントを気にしなくてよいことです。 スワップポイントを考えながら取引戦略を練ると、どうしても売り注文をヘジテイトしてしまいがちになります。 しかし、デイトレードは基本的に日ごとに決済を行う投資スタイルですので、スワップポイントを特段に意識する必要は無いのです。 以上となりますが、参考となれば幸いです。

FXをはじめたいと思い色々勉強しているかと思います。ノウハウを知識として得ることは重要ですが、それを実行するための精神力がFXではもっと重要なのです。 そのため人のトレードを見ていたり、本を読んでチャートを見ていてなにやらできそうだと感じることもあるかと思いますが、それで出来てしまってはFXで損失を出す人は居なくなってしまいますね。 しかしながらそのような精神力というのは、実際にやってみなくては得られないものでもあります。 そのため10万円などの額でまずはじめてみて、その緊張感を肌で感じることが必要です。 その際にオススメなトレードスタイルはスイングトレードです。 理由はその他の短い時間で行うトレードだと、理由のない動きが多く、それは予測ができないため、初心者のうちは耐えきれずに損切りしてしまうこともあります。もしくは、耐えられると思いキープしていたらそれがトレンドになってしまうなど、初心者には難しいことが多々あります。 もちろんスイングトレードでも大きさはどうあれそのような自体も起こりうるのですが、指値注文や逆指値注文を入れて放置することで最悪の事態を免れることが可能です。 初心者の方はロングやショートの注文を入れたら、予約決算注文を入れてもうチャートは見ないようにしましょう。 それで少しずつ精神を鍛えて、大きなトレードをする準備をしていくのが良いと思います。 もし気持ちに余裕があり、長い目で見たトレードを出来るのであれば、中長期の長いスパンで見たトレードが安全です。逆指値注文は近めに入れてもしトレンドに乗れたら後はほおっておくという方法もあります。欲張らずに余裕を持ってチャートを見れる人にとっては良いトレードの方法です。 ともかく、最初のうちは「少額で、余裕を持って」トレードしましょうね。 以上です。 少しでも参考になれば幸いです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる