日本のバイナリーオプション業者

ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析とは
要人発言とは、投資や為替に影響を与えるような重要な人物によるコメントです。経済を動かし得るような重要人物による発言は大きな変動を起こし得ます。

【FXのファンダメンタルズ分析】重要な3つの情報と勉強方法、注意点を解説!

ファンダメンタルズの意味

「ファンダメンタルズ」 とは、 国や企業の経済状態を示す指標 のことです。

  • 国:経済成長率(GDP)、雇用統計、物価上昇率、財政収支など
  • 企業:業績(売上高)、財務状況(負債)、財務の健全性、資産など

FXに必要な2つの分析手法

FXの分析手法はテクニカルとファンダメンタルズの2種類

トレードを行うには相場分析が必要ですが、FXにおける分析手法は次の 2種類 があります。

  • ファンダメンタルズ分析
  • テクニカル分析

ファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズ分析 とは、 国の経済状況や政治動向などをもとに為替相場を予想する 分析方法です。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析 とは、 チャートの値動きから相場を予想する 分析方法です。

なぜ必要?【FXのテクニカル分析】7つの基本指標と王道の組み合わせ

ファンダメンタルズとテクニカルで分析の精度が上がる

テクニカルとファンダメンタルズの両方で分析精度が上がる

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を併用すれば、 相場予想の精度が上がります。

なぜなら両方の分析で相場の流れを読めば、 売買を柔軟に判断できるようになる からです。

FXのファンダメンタルズ分析で重要な3つの情報

ファンダメンタルズ分析をするのに必要な情報

ファンダメンタルズ分析で重要な情報は、 次の3つ です。

  1. 米国の経済指標
  2. 各国の金融政策
  3. 各国の経済指標・要人発言
【FXの経済指標】円・ドル・ユーロにとって重要な9つの指標を紹介

米国の経済指標

FXでもっとも重要なのは、 ファンダメンタルズ分析とは 米国の経済指標 です。

なぜなら、米国の通貨である米ドルは基軸通貨であり、 為替相場への影響がもっとも大きい からです。

ファンダメンタルズ分析とは ファンダメンタルズ分析とは
分野 名称 発表機関 発表日 影響度
雇用統計 非農業部門雇用者数 労働省 毎月第1金曜日
22時30分
★★★
失業率

米国の経済指標の中で、為替市場がもっとも注目するのが 雇用統計 です。

なぜなら、 為替相場や今後の景気動向へ大きな影響がある からです。

雇用統計で注目すべきなのが、 非農業部門雇用者数 と 失業率。

30分が勝負!【米雇用統計】今回の結果と稼ぐための5つのポイント

②GDP・小売売上高

その理由は、 米国経済全体の景気や個人消費の動向がわかる からです。

③PPI・CPI

続いて影響度が高いのは、 PPI(生産者物価指数) と CPI(消費者物価指数) です。

なぜなら、 これらは中央銀行も特に注目する指標で、金利動向に直接かかわるもの だからです。

なぜなら、 住宅市場は世界の景気にも影響を与える からです。

  • 住宅着工件数/建築許可件数 :金利の低下により住宅着工が増えると景気を押し上げる効果がある
  • 新築住宅販売件数 :景気変動に対して先行性が高い
  • 中古住宅販売件数 :景気変動に対して先行性が高い
  • S&Pケースシラー住宅価格 :個人消費に大きな影響を及ぼす住宅価格動向を示す
ファンダメンタルズ分析とは
分野 名称 発表機関 発表日 影響度
生産 ISM製造業景気指数 全米供給管理協会 毎月第1営業日
24時
★★
ISM非製造業景気指数 毎月第3営業日
24時
耐久財受注 商務省 毎月25日前後
22時30分
鉱工業生産指数 FRB 毎月15日前後
23時15分
フィラデルフィア
連銀製造業景況指数
S&P社 毎月第3木曜日
24時

なぜなら、 生産における製造業と雇用の関係は強く、米ドルレートは製造業の雇用と製品の生産量に大きな影響を与える からです。

  • ISM製造業景気指数 :50%を上回ると景気拡大、下回ると景気後退と判断できる
  • ISM非製造業景気指数 :50%を上回ると景気拡大、下回ると景気後退と判断できる
  • 耐久財受注 :数値が上昇すると景気向上と判断され、ドルが買われやすくなる
  • 鉱工業生産指数 :月次で速報性があり景気動向を把握できる
  • フィラデルフィア連銀製造業景況指数 :ISMや雇用統計の先行指標

なぜなら、 ファンダメンタルズ分析とは 通貨高・通貨安に関係する指標 だからです。

各国の金融政策

ファンダメンタルズ分析を行ううえで、次の国の 金融政策 もチェックしましょう。

  • アメリカ(FOMC)
  • ユーロ圏(ECB)
  • イギリス(BOE)
  • オーストラリア(RBA)
  • ニュージーランド(RBNZ)
  • カナダ(BOC)
  • スイス(SNB)
  • 日本(日本銀行)

各国の経済指標・要人発言

特に ユーロ圏(ECB)の政策金利 は、米ドルに次いで2番目に取引量の多いユーロ相場に大きな影響を与えるので重要です。

また、金融政策発表後の 要人発言 にも注意を払いましょう。

FXのファンダメンタルズ分析に必要な3つの情報源

ファンダメンタルズ分析に必要な情報源

ファンダメンタルズ分析の材料を入手できる情報源は、 次の3つ です。

  1. 専門サイト
  2. テレビ・新聞
  3. FX会社の為替ニュース

専門サイト

経済情報を入手するのにおすすめの専門サイトは、 次の2つ です。

  • Bloomberg(ブルームバーグ)
  • ロイター

テレビ・新聞

また、一次情報に人の手が加えられて発信されているため、 初心者にも比較的わかりやすく伝わる ファンダメンタルズ分析とは メリットがあります。

FX会社の為替ニュース

トレーダーにとってもっとも身近で手軽に情報収集できるのが、 FX会社の為替ニュース です。

なぜなら、 ほとんどのFX会社で為替ニュースを提供している からです。

ファンダメンタルズ分析がしやすいFX会社3選

では、 為替ニュースや経済指標カレンダーなどの情報収集がしやすいFX会社 を3社紹介します。

FX取引高 世界第1位! デイトレに強い「GMOクリック証券」

スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円 豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
  • FX取引高 世界 第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月)
  • 全通貨最安水準 のスプレッド!デイトレに最適
  • 38種類のテクニカル指標 があり、分析ツールが充実

さらに 低スプレッド・高スワップ なので欠点がないFX会社といえます。

いろんなFX会社を使った結果、 最後はGMOクリック証券に落ち着く トレーダーが多いのが特徴です。

利益率90.75%!FX初心者が選ぶ自動売買「外為オンライン」

ファンダメンタルズ分析とは ファンダメンタルズ分析とは
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円 豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
    ファンダメンタルズ分析とは
  • 選ぶだけの簡単操作!5分で自動売買が始められる
  • 自動売買の利益率 90.75%!
  • 自動売買を始める人の 75%はFX未経験者

全てにおいて高スワップ! ファンダメンタルズ分析とは FXの中長期運用なら「LIGHT FX」

スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円 豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
  • ほぼ全ての通貨ペアが高スワップポイントで提供されている
  • 提携会社につき、当サイトからの申込みでキャッシュバック増量中!
  • 1,000通貨単位対応なので、 少額から取引スタートOK

FXのファンダメンタルズの勉強方法は?

ファンダメンタルズ分析の勉強方法

ファンダメンタルズについて勉強する方法は、 次の3つ です。

  1. 本で学ぶ
  2. FX専門サイトで学ぶ
  3. セミナーに参加する

なぜなら、 プロトレーダーや為替の専門家が書いている からです。

FX専門サイトで学ぶ

セミナーに参加する

なぜなら、プロトレーダーやメガバンクのディーラー、経済エコノミストなど 為替の専門家による解説を聞ける からです。

ファンダメンタルズ分析はFXに必要ない?

ファンダメンタルズ分析は不要ではない

ファンダメンタルズ分析は 不要ではありません。

なぜなら、 偏った分析では相場予想の材料が不十分になる場合がある からです。

ファンダメンタルズ分析は織り込み済みに注意

ファンダメンタルズ分析は織り込み済みに注意

ファンダメンタルズ分析を行い際は、 織り込まれ過ぎている 場合に注意が必要です。

なぜなら、 ポジション調整により反対の動きが見られることがある からです。

ファンダメンタルズ分析をつかった2つのトレード手法

ファンダメンタルズ分析を使ったトレード手法

最後に、ファンダメンタルズ分析をつかった 2つのトレード手法 を紹介します。

手法① 大きな相場の流れを読んで中長期運用

記事の前半でも紹介したように、ファンダメンタルズ分析は 中長期運用で効果を発揮しやすい です。

なぜなら、 長期的な相場のトレンドを把握することができる からです。

手法② 経済指標の発表時に短期売買

なぜなら、 相場にすぐ反映され、大きな値動きを狙うことができる からです。

FXのファンダメンタルズ分析 まとめ

今回は FXのファンダメンタルズ分析 について紹介しましたが、いかがでしたか?

この記事で紹介した 「重要な3つの情報」 を読めば分析に必要な材料が何かわかり、 「3つの情報源」 を確保することで、ファンダメンタルズ分析を実践に取り入れることができますよ。

  • ファンダメンタルズとは国や企業の経済状態を示す指標のこと
  • ファンダメンタルズ分析とは国の経済状況や政治動向などをもとに為替相場を予想する分析方法
  • FXでもっとも重要な情報は米国の経済指標
  • 分析の材料となる情報源は専門サイトやテレビ・新聞、FX会社の為替ニュース
  • FXではテクニカルとファンダメンタルズどちらも重要

FXのファンダメンタルズ分析 Q&A

Q&A

「ファンダメンタルズ」とは、 国や企業の経済状態を示す指標 のことです。

「経済の基礎的条件」と訳され、 経済成長率(GDP)、雇用統計、物価上昇率、財政収支など のデータから経済状態を読み取ることができます。

「ファンダメンタルズ分析」とは、そんな 国の経済状況や政治動向などをもとに為替相場を予想する分析方法 です。

ファンダメンタルズ分析で重要な情報は、 次の3つ です。

  • 米国の経済指標
  • 各国の金融政策
  • 各国の経済指標・要人発言

ファンダメンタルズ分析の材料を入手できる情報源は、 次の3つ です。

  • 専門サイト
  • テレビ・新聞
  • FX会社の為替ニュース

  • この記事を書いた人

ライター兼デイトレーダー。 昭和63年6月30日生まれ。33歳。千葉県出身。 脱貧乏、時間的自由と金銭的自由を手に入れるため、勉強と実践を繰り返し中。 誰でも読みやすい記事を意識して、価値あるコンテンツを提供します!

【特集】 得意のファンダ分析にチャートを加えたら、1年で資産が2.5倍に

【タイトル】

■imacyuさんの資産推移

■imacyuさんの銘柄選びの手順

①新高値を更新した銘柄など日々チェック
②業績の大きな変化があるかを確認
③3年分の決算から傾向を確認
④「自分流アナリストリポート」を作成し目標株価を設定
⑤IR部門に電話で問い合わせ
注:ケースによって順序が異なる。IRは投資家向け広報

⑤のIR(投資家向け広報)に 「 電話 」で問い合わせる のは、最初に手掛ける銘柄では必ず行っている。理由の1つは、IR担当者の姿勢は投資に値する会社かどうかの大きな判断材料になると考えていることがある。自身がIR部門に在籍した経験から、痛感していることだ。

■imacyuさんが目標株価を算出する4つの方法

① 同業他社との株価水準を比較
② 予想EPS × 同業他社のヒストリカルPER
③ 利益成長を考慮するPEGレシオを利用
④ 最高益を更新した銘柄は直近の高値

■imacyuさんの売買基準

買い基準 売り基準
直近高値の更新 長期のボックス割れ
短期の下値抵抗線割れ
レンジブレイク 買値(平均取得単価)から▲10%
チャートの形状 大きな出来高を伴った
陰線の形成
注:▲はマイナス

  • ・コロナショックを1カ月前に察知、ソフバン株も踏み上げ前にショートで利確 (07/27)
  • ・月間成績30連勝、手作りの統計データで「明日勝てる株」を発見する技 (07/26)
  • ・強い投資家はどんな人 <全シリーズ一覧>
  • ・大川智宏の「夏枯れの時期に負けにくい『サマー・ストック』銘柄はどれ?」 (07/28)
  • ・大川智宏の「日本株・数字で徹底診断!」 <全シリーズ一覧>
  • ・横山利香「令和時代の稼ぎたい人の超実践! 株式投資術」― (8)株価に業績は織り.. (08/02)
  • ・横山利香「令和時代の稼ぎたい人の超実践! 株式投資術」 <全シリーズ一覧>
  • ・横山利香のゼロから始める「株探」の歩き方 <全シリーズ一覧>
  • ・清水香の「年間100万円ほどが4年間も、大学時代の奨学金と教育ローンを知る」 (07/15)
  • ・清水香の「それって常識?人生100年マネーの作り方」 <全シリーズ一覧>

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。 ファンダメンタルズ分析とは ファンダメンタルズ分析とは
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 「肥料」が9位にランク、JA全農の大幅値上げ発表で関心高まる<注目テーマ>
  • 先手必勝で日米株同時スタート、「大胆なようで手堅い」で勝利を掴む技
  • 後場に注目すべき3つのポイント~需給イベント終了に伴う基調転換に注意
  • 話題株ピックアップ【昼刊】:INPEX、三菱UFJ、トヨタ
  • メルカリ続伸、株価底値圏でTOPIX組み入れ先回り買い観測も
  • 丹青社---急落、決算サプライズ限定的で受注減少など嫌気
  • “脱炭素”と“食料不足”で再脚光、「代替肉」関連株に吹く追い風 <株探トップ特集>
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月8日版

人気ニュース【ベスト5】

  • 今朝の注目ニュース! ★ホープ、ミアヘルサ、エネチェンジなどに注目!
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月9日記)
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月8日発表分)
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月8日版
  • “脱炭素”と“食料不足”で再脚光、「代替肉」関連株に吹く追い風 <株探トップ特集>

お薦めコラム・特集

  • 先手必勝で日米株同時スタート、「大胆なようで手堅い」で勝利を掴む技
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月9日記)
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月8日版
  • “脱炭素”と“食料不足”ファンダメンタルズ分析とは で再脚光、「代替肉」関連株に吹く追い風 <株探トップ特集>
  • 最後の砦OPECプラスでも価格抑制は不可能、クリーン・エネルギーを夢見る消費国が直面するリスク <コモディティ特集>

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

株式投資初心者でもわかりやすい!プロが見ている「買い」の判断材料とは?

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ファンダメンタルズ分析とは ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)ファンダメンタルズ分析とは は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

【元トレーダーが解説!】仮想通貨FXで大事なファンダメンタルズ分析

Fundamentals

Fundamentals2

最初にどの程度株価とビットコインの価格が連動しているのか視覚的に理解して頂くためにチャートをご覧ください。

青線(ビットコイン)とオレンジ線(NYダウ)は、コロナショック以降急激に同じような動きとなっていることが見て取れます。

③経済環境や政策を理解してからビットコイン価格を分析する

④仮想通貨市場の中で見るべき3つのポイント

Fundamentals3

オプションSQ

仮想通貨の規制関連ニュース

⑤仮想通貨のファンダメンタルズ分析は金融市場全体をチェックすることに変化している

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 by 中島 翔 (全て見る)

  • 2022.6.9 マーケットレポート【クロス円上昇を止めるものはいないか】 ファンダメンタルズ分析とは - 2022年6月9日
  • 【2022年】豪ドルで利益を出す方法は?確定のタイミングやおすすめ証券会社も - 2022年6月8日
  • FX、レバレッジは何倍が良い?2022年6月の注目通貨ペアとレバ目安を解説 - 2022年6月8日
  • ももクロNFT「第二弾」~SNSアイコンにも設定できるNFT、を手に入れる方法 - 2022年6月8日
  • 2022.6.8 マーケットレポート【RBAが予想外の利上げへ】 - 2022年6月8日

おすすめの仮想通貨取引所は?

コインチェック

コインチェック

17種の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

GMOコイン

GMOコイン

全9種類のテクニカル指標、6つの注文方法が利用できるアプリを提供する仮想通貨取引所!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

アルトコインレバレッジ取引に強み!19銘柄の暗号資産取引が可能な暗号資産取引所

仮想通貨・ブロックチェーンの最新ニュース

  • 2022/6/9ビットバンク、国内初となるポリゴン(MATIC)の取り扱い開始へ
  • 2022/6/92022.6.9 マーケットレポート【クロス円上昇を止めるものはいないか】
  • 2022/6/82022.6.8 マーケットレポート【RBAが予想外の利上げへ】
  • 2022/6/72022.6.7 マーケットレポート【ドル円は132円台を突破するか】
  • 2022/6/62022.6.6 マーケットレポート【良好な雇用統計を受けて株式市場が反落】
  • 2022/6/32022.6.3 マーケットレポート【金融引き締めへの警戒が緩和】
  • 2022/6/3DMM Bitcoin、新しいアイドルグループの創造を目的としたIEOに関する3社間の基本合意書を締結
  • 2022/6/22022.6.2 マーケットレポート【ドル円は130円を突破】
  • 2022/6/1NFTを担保とした資産運用が可能に。無担保型NFTレンタルプロトコル「Rilascio」、テストネットリリースへ
  • 2022/6/12022.6.1 マーケットレポート【EU圏インフレ率が過去最高に】

関連記事一覧

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

バイナリーオプション・ファンダメンタルズ分析の基礎講座【情報収集や実践手法まで公開】

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

ファンダメンタルズ分析とは?相場変動の要因にも言及

まず最初に、ファンダメンタルズ分析とはどのようなものかを理解しておきましょう。

経済的要因

各国の 景気や物価の変動により通貨の需要も変動するため、相場も大きく変わります 。金融政策による影響も大きく、金利が変更されると投資家による売買が活発に行われて価格が変動します。この他にも貿易収支や投資収支などの指標によって変動することもあります。

特に主要先進国の経済事情は他国への波及効果が大きい傾向があり、中でも世界の基軸通貨であるドルを扱う アメリカの景気は特に影響力がある ので注意が必要です。

政治的要因

相場の動きに影響する重要な要因としてしばしば注目されているのが政治的要因です。

各国の政権交代や制度改正が行われるときには為替取引が活発に行われて価格が変動 します。主要先進国の影響力が大きいのは経済的要因と同じで、アメリカの大統領選挙などは注視する必要があります。

また、 テロの発生や戦争・紛争の勃発 は世界的な不安を引き起こし、安定通貨の獲得や金などの安定資産の購入に動く傾向があります。

その他の要因

その他の要因として よく注目されているのが自然災害や異常気象 で、リスク回避のための為替取引が進められ、被害を受けた国の通貨が売られる傾向があります。昨今の新型コロナウイルス感染拡大や、インフルエンザの流行など疫災も重要な変動要因です。

さらに、オリンピックの開催などのような世界的イベントも相場に影響を与えるため、 世界にまたがる様々なニュースに目を向けることが大切 ファンダメンタルズ分析とは です。

バイナリーオプションのファンダメンタルズ分析の情報源

ファンダメンタルズ分析で着目すべき情報としては、以下の3つがメインになります。

経済指標とは、各国の政府や省庁、中央銀行などが公開している経済への影響力がある指標を指します。主に統計調査によるデータで、その多くは発表される日時が決まっています。

特に為替に影響力があるのが米国雇用統計 で、毎月第一金曜日の午後10時半(サマータイム時は午後9時半)に発表されます。

雇用統計の項目のうち、バイナリーオプショントレーダーが注目すべきは 「失業率」と「非農業部門雇用者数」 の2つです。

失業率
失業率の低下は景気の向上が見られることを示し、米ドルが買われる傾向があります。
非農業部門雇用者数
非農業部門雇用者数が増えた場合も経済状況が良い方向に向かっていることを示し、米ドルが買われます。

国内総生産

国内総生産(GDP)は各国が発表している 生産活動に関する指標 で、国内で生み出された消費財やサービスなどの付加価値を示しています。

この中で 最も注目されるのは「速報値」 で、大きな変化があったときには大きな値動きが起こるのが一般的です。

消費者物価指数

「消費者物価指数」は ファンダメンタルズ分析とは 消費財やサービスの平均的な価格がどの程度になっているか を示す指標で、各国が国内の状況を調査して発表しています。

基本的には前月の消費者物価指数と比較してインフレ率を算出して考えます。 大きなインフレやデフレが起こっている場合には大きな価格変動が起こり得る と想定できます。

景況感指数

「景況感指数」は 消費者などへの調査結果から現在の景気についてまとめた指標 で、投資の世界においては特に以下の指数が注目されています。

要人発言とは、投資や為替に影響を与えるような重要な人物によるコメントです。経済を動かし得るような重要人物による発言は大きな変動を起こし得ます。

各国の大統領や首相

各国の長である大統領や首相による発言は大きな影響力があります。 たった一言の発言によって通貨の売買が活発になる ことも多く、翌日に発表が予定されているときには投資家なら誰もが注目しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる