バイナリ―オプション取引

日本のバイナリーオプション業者

日本のバイナリーオプション業者
更新[2022/06/01]

2013年7月18日に一般社団法人金融先物取引業協会が「個人向け店頭バイナリーオプション取引業務取扱規則」等を制定しました(完全施行は2013年12月1日)。
同規則等では、バイナリーオプションの取引期間は2時間以上に設定し、取引期間中は原則として自由に取引できるようにすることが定められています。
また、判定時刻の間隔を原則として2時間以上とすることや、FX取引と同様にアスク価格(お客様の買付価格)とビッド価格(お客様の売付け価格)を同時に提示すること(2WAY方式)などが規定されています。

最低取引時間

取引期間中の売買・ポジション解消機会の提供

2WAY方式による価格提示

価格の表示および決定方法

あらかじめ定められた権利行使価格に基づき、オプション価格を表示し、お客様と取引します。
取引期間開始後のオプション価格は、判定時刻までの間、原資産となる通貨ペアの価格変動やオプションの残り時間などを反映して変動します。
なお、取引画面などにおいて、ペイアウト倍率(ペイアウト額をオプション価格で除した値)を中心に表示し、お客様と取引することは禁止されています。

取引中断のご報告

取引結果の公表

クーリングオフ

課税について

オプションのリスク

買い手のリスク

売り手のリスク

プレーンオプションのリスク

買い手のリスク

売り手のリスク

バイナリーオプションのリスク

買い手のリスク

売り手のリスク

その他のリスク

『選べる外為オプション』取引に係る留意事項

『選べる外為オプション』は期日のある取引です。また、相対取引であるため、お客様全体のオプション購入金額とペイアウト受取額の差額は当社の損益となります。
『選べる外為オプション』取引では、合理的な投資判断をもって取引を行うために、オプション取引の理論的根拠等の専門知識が必要です。 日本のバイナリーオプション業者
また、『選べる外為オプション』でのお取引では、以下の場合には投資元本をすべて失うリスクがあります。

・満期まで保有したオプションが、以下の判定結果となった場合
ラダーコールオプション:判定価格<権利行使価格
ラダープットオプション:判定価格≧権利行使価格

【6月最新】バイナリーオプションおすすめ会社ランキングTOP5

BinaryOption

更新[2022/06/01]

海外バイナリーオプションをしたいけど、どの業者を選べばいいの?
稼ぎやすいおすすめ業者はどこ?
国内と海外業者どちらがおすすめ?

バイナリーオプションおすすめ口座ランキング

1位ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアの画像

評価 星5★★★★★
ライセンス マーシャル諸島金融ライセンス所有
安全性 ロイズ保険組合加入
特典 新規口座開設で5,000円キャッシュバック
会社名 HighLow Markets Pty. Ltd.
所在地 Level 14, Macquarie House
167 Macquarie Street
Sydney, NSW 2000, Australia
ライセンス マーシャル諸島金融ライセンス保有
損害保険 ロイズ損害保険加入
最高ペイアウト 2倍
最低ペイアウト 1.85倍
入金手数料 無料
出金手数料 無料
日本語サポート 電話&メール

ハイローオーストラリアの安全性

ハイローオーストラリアのペイアウト率

ハイローオーストラリアのサービス

日本語でのサポートに完全対応しており、 日本人スタッフが常駐しているので困ったことがあれば電話で問い合わせることが可能です。
また、入金手数料はもちろん出金手数料も無料なため、取引以外に余計な負担がかからないことも嬉しいポイントです。

ハイローオーストラリアのおすすめポイント

安全性、ペイアウト率、サービス面の全てが高水準で、他の業者よりも圧倒的に稼ぎやすい業者です。さらに、 デモトレード機能や転売機能 も備えており、初心者から上級者までメインで使用できる業者です。

2位ザ・オプション(theoption)

theoption

評価 星4★★★★
ライセンス エストニア金融情報機関(EFIU)
安全性 保険組合未加入
特典 新規口座開設で5,000円キャッシュバック
会社名 TCG holdings Ltd.
所在地 Trust Company Complex, Ajetake Road, Ajetake Island, Majuro, MH96960 Republic of Marshall 日本のバイナリーオプション業者 Islands
ライセンス TCG(theoption Capital Group Ltd.) : No. FFA000313
損害保険 なし
最高ペイアウト 2倍
最低ペイアウト 1.80倍
入金手数料 無料
出金手数料 無料~2000円
日本語サポート 電話&メール&チャット
公式 公式サイトを見る

ザ・オプションの安全性

ザ・オプションのペイアウト率

ザ・オプションのサービス

ザ・オプションのおすすめポイント

3位ファイブスターマーケッツ

fivestarMarkets

評価 星3★★★
ライセンス なし
安全性 保険組合未加入
特典 10回取引で5,000円ボーナス
日本のバイナリーオプション業者 日本のバイナリーオプション業者
会社名 ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS)
所在地 PO Box N-3944,Kings Court Bay Street,Nassau, Bahamas
ライセンス なし
損害保険 なし
最高ペイアウト 3.22倍
最低ペイアウト 約1.5倍
入金手数料 無料
出金手数料 1,000円
日本語サポート 電話&メール
公式サイト 公式サイトを見る

ファイブスターズマーケッツの安全性

ファイブスターズマーケッツのペイアウト率

ファイブスターズマーケッツのサービス

ファイブスターズマーケッツは日本語もメールサポートに対応しています。というより、 公式サイトに電話番号の記載がない ので電話で問い合わせることができません。

ファイブスターズマーケッツのおすすめポイント

  1. bitwalletの利用が可能
  2. 利用料金に応じたキャッシュバックシステム
  3. 取引種類が豊富であること

4位ゼントレーダー

fivestarMarkets

評価 星3★★★
ライセンス IBC(インターナショナル・ビジネス・コーポレーション)

5位ザバイナリー(THEバイナリー)

fivestarMarkets

評価 星2★★
ライセンス 不明(※セーシェル共和国の法律に準拠)
安全性 保険組合未加入
特典 入金額に応じたボーナス

海外バイナリーオプションを選ぶポイント

ペイアウト率が高い業者を選ぶのがおすすめ

ペイアウト率はかなり重要なので、ペイアウト率を比較するときは、スプレッドではなくハイロー取引で比べてみてください。

業者名 最高ペイアウト率 最低ペイアウト率
ハイローオーストラリア 1.95倍 1.88倍
ザ・オプション 1.85倍 1.77倍
ファイブスターズマーケッツ 約1.8倍 約1.5倍
ゼン・トレーダー 1.95倍 1.60倍
ザ・バイナリー 1.85倍 1.65倍
トレード200 1.76倍 1.74倍
ジェットオプション 1.81倍 1.78倍

比較の結果、どこが一番が良いのかはっきりと分かる結果となりました。
最高ペイアウト率、最低ペイアウト率ともにハイローオーストラリアが一番高い ことがわかると思います。

わずかな差であればサービス面等も加味して考えても良いかもしれません。
しかし、他の業者と比較してハイローオーストラリアがダントツで高いため、 ペイアウト率ではハイローオーストラリア以外を選ぶ意味は薄い と考えてもおかしくありませんね。

バイナリーオプション取引の違法性

(1)担保文言

日本国内の投資者が当該サービスの対象とされていない旨の文言が明記されていること。
上記措置が十分に講じられているかを判断する際には、以下に掲げる事項に留意する必要がある。
①当該担保文言を判読するためには、広告等を閲覧する以外の特段の追加的操作を要しないこと。
②担保文言が、当該サイトを利用する日本国内の投資者が合理的に判読できる言語により表示されていること。

(2)取引防止措置等

日本国内にある投資者との間の有価証券関連業に係る行為を防止するための措置が講じられていること。
上記措置が十分に講じられているかを判断する際には、以下に掲げる事項に留意する必要がある。
①取引に際して、投資者より、住所、郵送先住所、メールアドレス、支払い方法その他の情報を提示させることにより、その居所を確認できる手続を経ていること。
②明らかに日本国内の投資者による有価証券関連業に係る行為であると信ずるに足る合理的な事由がある場合には、当該投資者から注文に応ずることのないよう配意していること。
③日本国内に顧客向けのコールセンターを設置する、或いは国内投資者を対象とするホームページ等にリンクを設定する等を始めとして、日本国内にある投資者に対し有価証券関連業に係る行為を誘引することのないよう配意していること。

また、以上に掲げる措置はあくまで例示であり、これらと同等若しくはそれ以上の措置が講じられている場合には、当該広告等の提供は、国内投資者向けの「勧誘」行為に該当しないものとする。

(3)なお、以上に掲げるような合理的な措置が講じられていない場合には、当該広告等の提供が国内投資者向けの「勧誘」行為に該当する蓋然性が極めて高いことから、当該外国証券業者は、日本国内の投資者との間で勧誘を伴う実際の有価証券関連業に係る行為が行われていない旨を証明すべきである。

X-1-2 外国証券業者によるインターネット等を利用したクロスボーダー取引

機関投資家向け業務の登録免除

IBの適法性

アフィリエイトの適法性

取引被害の法的保護

海外無登録業者に対して日本の金融当局が規制監督をすることは不可能です。そのため、無登録業者に対しても、警告を発するに留まっています。また、金融商品取引法違反であっても現実的に被疑者を逮捕、起訴することは不可能に近いです。

バイナリーオプションの口座開設を業者ごとに徹底解説!

基礎知識

  • バイナリーオプションのおすすめ口座がわかる
  • 各バイナリーオプション業者の特徴がわかる
  • 口座選びの注意点がわかる

この記事では、バイナリーオプション専業トレーダーの目線から「 どのバイナリーオプションの業者で口座開設をすれば良いのか? 」について徹底的に解説していきます。

また、 バイナリーオプションの口座に関するよくある悩みごと も併せて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 1 バイナリーオプションとは結局どのような投資なのか?
    • 1.1 バイナリーオプションの口座には国内業者と海外業者がある
      日本のバイナリーオプション業者
    • 2.1 【まとめ】海外バイナリー オプション口座比較表
    • 2.2 【注意】安全性の高い海外業者を選ばないと「引き出しができない」などのトラブルも!
    • 3.1 バイナリーオプションの世界のボーナスやキャッシュバック
    • 3.2 バイナリーオプション業者の口座凍結
    • 3.3 【参考】MT4の口座はどの業者が良いのか?
    • 3.4 バイナリーオプションの口座に関するよくある質問

    バイナリーオプションとは結局どのような投資なのか?

    ある通貨の価格が、現在より高く(High)なるか?低く(low)なるか?

    バイナリーオプションの口座には国内業者と海外業者がある

    バイナリーオプション業者で口座開設をしようと思うと、まずは大きく分けて「 国内業者 」と「 海外業者 」のどちらか二者択一で口座開設するかを決めなければいけません。

    • 国内業者:日本国内の証券会社が運営するバイナリーオプションサービス
    • 海外業者:外国の証券会社が運営するバイナリーオプションサービス

    もしかすると皆さんの中には、「どちらも同じじゃないの?」と思った方がいるかもしれませんが、実は、国内業者と海外業者では、多少バイナリーオプションの仕組みが違っているため、「 国内業者 」と「 海外業者 」のどちらで口座開設をするかというのが非常に重要なんです。

    バイナリーオプションをやるならおすすめは海外業者

    結論から言うと、 バイナリーオプションをやるうえでは「海外業者」を利用するのがおすすめ です。

    なぜなら、国内バイナリーオプション業者には金融庁による規制がかけられており、バイナリーオプションの「 日本のバイナリーオプション業者 短期間で大きく稼ぎやすい 」というメリットが失われてしまっているからです。

    • 取引時間は最短で2時間
    • 購入価格は変動性(判定レートとの価格差によって決定)
    • このレート内なら没収という価格帯の設定を禁止
    • 「売り」と「買い」の価格を両方提示

    バイナリーオプションを始めるのであれば、まず 海外バイナリーオプション業者を利用することをおすすめ します。

    【海外業者】バイナリーオプションでおすすめの口座ランキング

    • 1位 ハイローオーストラリア
    • 2位 ザオプション(theoption)
    • 3位 ザ・バイナリー(THEバイナリー)
    • 4位 ファイブスターズマーケッツ
    • 5位 トレード200
    • 6位 ゼントレーダー
    • 7位 fxbinary
    1位 ハイローオーストラリア

    初回入金額5,000円
    取引金額1,000円
    信託保全/分別管理顧客資金の分別管理
    ペイアウト率1.85倍〜2.30倍
    ボーナス/キャッシュバック口座開設5,000円キャッシュバック
    HighLowポイント
    独自ツールトレーダーズチョイス(トレンド確認ツール)

    数あるバイナリーオプション業者の中でも、 日本のバイナリーオプション業者 もっとも高いペイアウト率を提供 しているのはもちろん、海外業者を利用する際に心配されがちな「 入出金のスムーズさ 」「 サポートや顧客情報の信頼性 日本のバイナリーオプション業者 」も断トツで優れています。少額で取引もでき、通貨ペアも主要なところを中心に16種類の通貨ペアを選ぶ事ができます。

    バイナリーオプション、日本と海外に違いはあるの?投資家のマル得裏情報も暴露します

    海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

    バイナリーオプション、日本と海外の違いは?

    結論からあげてしまうと、バイナリーオプションは日本と海外で大きな差があります。

    そもそも日本と海外では、サービスを提供している業者が異なります。日本のバイナリーオプションといえば、日本のバイナリーオプション業者を利用した取引のことを指します。

    一方、 海外のバイナリーオプションは、海外を拠点とするバイナリーオプション業者に日本からアカウントを作成して取り組む ようなイメージです。

    バイナリーオプション・日本と海外で違う要素は?

    では、バイナリーオプションの日本業者と海外業者ではどのような部分が違うのでしょうか。ここでは国内のバイナリーオプション業者と国外のバイナリーオプション業者で、異なる要素をまとめてご紹介します。

    1. ルールの違い
    2. 入出金関係の違い
    3. 許可や安全性などに関する違い

    ルールの違い

    まずはじめに、ルールの違いについて確認します。

    取引時間(判定時間)

    日本のバイナリーオプション業者の取引時間は、2時間もしくは3時間と長め に設定されています。

    取引時間は業者ごとに決まっており、 口座開設をしてから自由に選べるという形にはなっていません。 そのため、日本のバイナリーオプション業者を利用する際には、取引時間までしっかりと目を通した上で口座開設手続きに進むと良いでしょう。

    それに対して、 海外のバイナリーオプション業者の取引時間は、最短30秒から1日までと様々 です。

    業者によっては2週間という設定も可能ですが、 多いのは30秒や1分、5分、10分など細かい取引時間を設けている業者 です。

    日本のバイナリーオプション業者は1回の取引時間が長く、1日の取引回数にも制限があります

    取引回数の上限は業者によって異なりますが、 1日10回前後 であると考えておくと良いでしょう。

    一方、 海外のバイナリーオプションは取引回数に関する制限がありません

    先述したとおり取引時間も最短30秒から1日までの間で自由に選べるようになっており、 日本の業者よりも自由度の高い取引が可能 です。

    ペイアウト率

    この「1.8倍」のように、的中した場合に払い戻される倍率が常に一定となっているのが固定制で、 海外のバイナリーオプション業者はこの固定制が主流 となっています。

    一方、 日本のバイナリーオプション業者が採用しているのは変動制 で、エントリーした金額に関わらず的中した場合は1,000円もしくは10,000円の払い戻しとなります。

    日本の業者の場合、 日本円を中心としたメジャーな通貨の組み合わせが多く、選べる通貨ペアは4~7ペア程度 と少なめです。

    それに対し、 海外の場合は日本円が絡まない通貨ペアも選べる ため、業者によっては20ペアなど多くの通貨ペアの中から好きな組み合わせを選べるようになっていることもあります。

    入出金関係の違い

    バイナリーオプションの投資取引を行う際は、取引口座に入金しておく必要がありますが、その方法も日本のバイナリーオプション業者と海外のバイナリーオプション業者では大きな違いがあります。

    入出金方法

    日本の業者に入金をする場合には、金融機関を通じた振込が一般的 です。通常の振込入金の場合は手数料がかかることになりますが、即時入金サービスを利用すれば振込手数料は無料となります。

    それに対し、 海外のバイナリーオプション業者の場合は、クレジットカードまたは銀行振込から選べる ケースが多くなっています。

    業者によっては仮想通貨にも対応 しており、国内の業者と比べると選択肢は豊富です。手軽に入金をしたいのであれば、手数料がかからないうえに反映も早いクレジットカードの活用を考えておくと良いでしょう。

    最低投資額

    日本のバイナリーオプション業者には、口座開設後に入金する金額に関する制限がありません。 最初にいくら入金するかは、トレーダーが自由に選ぶことができます。

    実際の取引の際に必要となる 最低取引額は50円から990円 程度です。なぜこれだけの幅があるかというと、その理由はペイアウト率によって必要な取引金額が異なるためです。

    それに対し、 海外のバイナリーオプション業者は最初の入金額が決められています

    さらに、 海外業者はその後の取引も500円からや1,000円からなど業者によって差がある ため、口座開設前には最低入金額や取引額をしっかりと確認しておく必要があります。

    税金の種別

    海外のバイナリーオプション業者を通じて得た利益は「雑所得」 という形になります。

    一方、 日本国内の業者を利用して得た利益は「申告分離課税」 で、稼いだ金額に関係なく所得税の税率は20.315%です。

    つまり、 税金面では海外よりも日本国内のバイナリーオプション業者を利用したほうが断然お得 だということです。

    許可や安全性の違い

    また、日本のバイナリーオプション業者と海外のバイナリーオプション業者では「安全性」にも違いがあり、こちらも詳しく知っておくべきポイントの一つです。

    金融庁登録

    このような無登録の海外バイナリーオプション業者と取引を行うこと自体に違法性はありません。ただ、 無登録の海外業者には日本の金融商品取引法が適用されない ため、取引時に何らかのトラブルが発生したとしても、日本の金融庁では追及がきわめて困難です。

    したがって、 海外バイナリーオプション業者との取引を行う際には「何があっても完全自己責任」だという心構えで臨む 日本のバイナリーオプション業者 ことが重要となります。

    各業者の情報量

    日本と海外のバイナリーオプション業者を比較した場合、 日本の業者のほうがユーザーにとって企業の様々な情報が得やすい というメリットがあります。

    先述したとおり、日本国内の業者は日本の金融庁から認可を受けており、 金融サービスを提供する企業としての信頼性 があります。その情報もホームページや様々なところで企業情報が公開されており、情報量も豊富です。

    一方、 海外業者は言葉やネット検索の壁があるせいで、サービス企業の幅広い情報をなかなか得られません

    海外業者でも「ハイローオーストラリア」のように日本人トレーダーが多数利用している業者であれば情報もそれなりに出回っていますが、そうでない場合は 信頼性を見極めるのがきわめて困難 です。

    バイナリーオプション業者は日本と海外、どっちがいいの?

    ここまで日本のバイナリーオプション業者と海外のバイナリーオプション業者の違いを様々な観点からご説明してきましたが、実際のところ日本と海外ではどちらの業者と取引を行うのが良いのでしょうか。

    先に結論からお伝えすると、 収益性を重視するなら海外のバイナリーオプション業者を選ぶのがおすすめ です。

    しかしその一方で、1回の取引回数やペイアウト倍率といった制限が多くなったことで「短期間で爆発的に資産を増やすチャンスがある」というバイナリーオプション本来のメリットまで失われてしまいました。そのため、 投資収益や投資効率を考えると日本の業者は海外業者には叶わない というのが現状です。

    日本の法規制が及ばない海外のバイナリーオプション業者はいまだ投機性が高く、一歩間違えれば一瞬にして大損するおそれもあるため注意が必要ですが、 海外の業者でもリスク管理をしっかり行い確実なトレード手法で臨めば危険な取引になることはまずありません

    現役トレーダーが海外バイナリーオプションを好む理由

    バイナリーオプションは日本と海外それぞれに独自のルールや決め事がありますが、現役のトレーダーはどちらかと言うと海外バイナリーオプションを好む傾向にあります

    答えはシンプルで、 海外のバイナリーオプションは自由度が高く一攫千金のチャンスも十分にあり、それでいて投資としてコツコツとした収益を取り続けることができる というメリットがあるからです。

    先述したとおり、海外のバイナリーオプション業者は日本国内の業者のように金融庁などの指導監督を受けているわけではありません。日本の法律で規制できないということは、 万が一トラブルが発生した際にはすべて自分で責任を負わなくてはならない のです。

    その答えもまたいたってシンプルで、 海外バイナリーオプションで結果を出したいなら、実際に海外バイナリーオプションで結果を出している人からその手法を教えてもらう こと。

    それと同じで、 バイナリーオプションもより高みを目指すなら、そこへ到達する方法を知っているコーチが必要 というわけです。


    今回は、日本と海外のバイナリーオプションの違いを様々な観点からご説明しました。

    日本のバイナリーオプションと海外のバイナリーオプションの違いは、取引時間や回数、ペイアウト倍率などすべて含めて 「日本の法律が適用されているかどうか」 というところにあると言えます。

    それゆえに 海外のバイナリーオプションは自由度の高い取引が魅力であり、一攫千金を狙うチャンスも十分にあります

    そういったトラブルを未然に回避するためにも、 海外のバイナリーオプション業者を利用する際には安全性をきちんと確認することが大切 です。現在は日本語に対応している業者も増えてきています。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる