投資

株価指数先物

株価指数先物
  • <必見> 寄り付き直前チェック・リスト!
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月1日記)
  • 今朝の注目ニュース! ★松屋R&D、タカトリ、アマガサなどに注目!
  • メルカリのプライム移行は時価総額上位の中小型株への刺激材料に/オープニングコメント
  • 寄前【成行注文】買い越しランキング 日水薬、タカトリ、メルカリ [08:36]
  • 寄前【板状況】<材料株>動向 【買いトップ】松屋R&D 【売りトップ】はてな [08:35]
  • 寄前【板状況】注文ランキング 【買いトップ】日水薬 【売りトップ】HOYA [08:33]
  • 人気回復なるか6月IPO、ナスダック反発なら強含み展開に期待も <株探トップ特集>

世界の株価と日経平均先物

日経平均株価指数は、東京証券取引所1部上場銘柄のうち市場を代表する225銘柄で構成される株価平均指数です。 構成される個々の銘柄株価は業績好不調や企業への期待増加や失望などの要因により騰落し、日経平均株価は変動します。
日経平均の動向を予測するためには、各企業の株価の動向を知ることも大切ですが、株式市場全体に大きな影響を与える要因を把握することも重要です。 主な要因の例として急激な為替の変動(円高・円安)や原油価格の高騰、世界の株価指数の急落(ニューヨーク市場・NYダウの急落)などがあります。 このような日経平均株価に大きな影響を与える世界経済の市況は日頃からチェックをしておき、急な変動に対処できる準備が必要です。
このページを見れば本日の世界市況の流れが一目瞭然!というサイトを目指して世界の株価指数や主要指数の当日チャートを一覧にしました。 日々の株式投資、為替取引、先物取引 等のお役に立てれば幸いです。

● 4月失業率・有効求人倍率(8:30)
● 4月鉱工業生産(8:50)
● 4月商業動態統計(8:50)
● 新規上場:トリプルアイズ(5026 株価指数先物 グロース)
● 2030 年冬季五輪・パラリンピック招致を進めている
● 札幌市に IOC の実務・技術者が道内の競技会場
● 視察(〜6/2)
● 中国 5月コンポジット PMI
● 中国 5月製造業 PMI
● 5月非製造業 PMI(10:30)
● インド 1-3月期 GDP(21:00)
● 米 3月 FHFA 住宅価格指数(22:00)
● 米 3月 S&P コアロジック CS 住宅価格指数(22:00)
● 米 5月 CB 消費者信頼感指数(23:00)

● 1-3月期法人企業統計(8:50)
● 株価指数先物 5月自動車販売台数(14:00)
● ペットの⽝や猫にマイクロチップ装着を義務付ける改
● 正動物愛護管理法施行
● 中国 5月 Caixin 製造業 PMI(10:45)
● ユーロ圏 4月失業率(18:00)
● 米 5月 ISM 製造業景況指数(23:00)
● 米 4月 JOLT 求人件数(23:00)
● 5月 J.P.モルガン・グローバル・コンポジット PMI(2日 0:00)ベージュブック(米地区連銀経済報告)(2日 3:00)
● 休場:韓国

株価指数先物 5月国内企業物価指数(8:50)
● メジャー SQ 算出日
● エルニーニョ監視速報
● 中国 株価指数先物 5月生産者物価(10:30)
● 中国 5月消費者物価(株価指数先物 10:30)
● アジア安全保障会議(シャングリラ会合)(〜12日)
● 米 5月消費者物価(21:30)
● 米 6月ミシガン大学消費者マインド指数(株価指数先物 23:00)
● 米 5月財政収支(11日 3:00)

【市況】 株価指数先物【寄り前コメント】 利食い優勢も、センチメント改善で押し目狙いのロングスタンスを継続

  • <必見> 寄り付き直前チェック・リスト!
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月1日記)
  • 今朝の注目ニュース! 株価指数先物 ★松屋R&D、タカトリ、アマガサなどに注目!
  • メルカリのプライム移行は時価総額上位の中小型株への刺激材料に/オープニングコメント
  • 寄前【成行注文】買い越しランキング 日水薬、タカトリ、メルカリ [08:36]
  • 寄前【板状況】<材料株>動向 【買いトップ】松屋R&D 【売りトップ】はてな [08:35]
  • 寄前【板状況】注文ランキング 【買いトップ】日水薬 【売りトップ】HOYA 株価指数先物 [08:33]
  • 人気回復なるか6月IPO、ナスダック反発なら強含み展開に期待も 株価指数先物 <株探トップ特集>

人気ニュース【ベスト5】

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月31日発表分)
  • 明日の株式相場に向けて=したたかに立ち回る個人投資家
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):明治海、INPEX、デクセリ
  • MACD【買いシグナル】低PER&低PBR 50社選出 <テクニカル特集> 5月31日版
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (5月31日)

お薦めコラム・特集

  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月1日記)
  • 人気回復なるか6月IPO、ナスダック反発なら強含み展開に期待も <株探トップ特集>
  • MACD【買いシグナル】低PER&低PBR 50社選出 <テクニカル特集> 5月31日版
  • 明日の株式相場に向けて=したたかに立ち回る個人投資家
  • 「サイバーセキュリティ」が9位、デジタルトラスト時代に熱視線<注目テーマ>

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME 株価指数先物 Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

【講演】 ポスト金融危機の先物市場 株価指数先物30周年記念シンポジウムにおける基調講演

このように、長年培われた取引所の機能が、グローバル金融危機での先物取引における混乱回避に繋がったことを踏まえ、店頭デリバティブ市場の規制強化案では、そうした機能のエッセンスが取り入れられることになりました。具体的には、取引の透明性や頑健性を高めるために、標準化された店頭デリバティブ取引については、取引所または電子取引基盤で取引を実施することとし、清算機関を通じて決済することが義務付けられました 1 。また、集中清算されないテイラーメイドの店頭デリバティブ取引についても、取引のリスクに応じた証拠金の授受が求められることになりました。海外では、このような規制の流れを受けて、一定の継続性・反復性がある相対取引と同じ条件の先物取引を予め上場し、相対での取引結果を先物取引の建玉に反映させ、清算機関を通じた決済を行うという、いわゆる「店頭デリバティブの先物化( Futurization )」も増加しています。

  1. 2009年秋のG20ピッツバーグ・サミットでは、(1)標準化されたすべての店頭デリバティブ取引は、取引所または電子取引基盤を通じて取引が実施され、(2)集中清算機関(CCP)を通じて決済すること、(3)店頭デリバティブ取引は、取引情報蓄積機関(TR)に報告すること、(4)集中清算機関(CCP)を通じて決済されない契約については、より高い所要自己資本賦課を求めること、について合意がなされている。
  2. 金融規制の強化を背景とした、金融市場インフラにおけるリスク集約を巡る国際的な議論については、決済システムレポート別冊シリーズ「清算機関(CCP)を巡るグローバルな対応について」2017年8月を参照。

技術革新の進展

第2の点は、金融の技術革新がもたらす影響です。例えば、近年の目覚ましい情報通信技術の発展を受け、取引注文処理が飛躍的に高速化しています。東京証券取引所の株式市場においては、2010年1月に稼働した「アローヘッド」と呼ばれる新取引システムにより、1000分の1秒という、人間の能力ではとても追い付かないスピードで注文処理を行うことが可能となりました。こうした技術革新を背景に、自動化されたアルゴリズムに従って、きわめて高速・高頻度で小口売買を繰り返す取引、いわゆるHFT( High Frequency Trading )を行うプレイヤーのプレゼンスが高まっています。例えば、株式市場におけるHFTのシェアについては、地域によっても多少の幅はありますが、米国では5割程度、欧州は4割程度に達しているとの見方があります。わが国でも、HFTのシェアは高まっており、東京証券取引所の株式市場において、コロケーションエリアからの約定件数は、4割程度を占めています(図表3) 3 。株式先物においても、高速取引に対応したシステムの導入などを背景に、HFTのシェアは、高めの水準に達していると考えられます。

一方、アルゴリズムが想定しないような急激なショックが生じた場合において、HFTは市場流動性の供給を不安定化させ、むしろボラティリティの拡大を助長するとの見方があるのも事実です 株価指数先物 5 。さらに、アルゴリズムのヒューマンエラーなどをきっかけに、合理性を欠いた取引が大量に実行されてしまうリスクを懸念する声も聞かれます 6 。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる