FXってなに

抵抗とサポートを予測する方法

抵抗とサポートを予測する方法
電流測定端子に測定コードを接続したまま電圧を測定した場合、 計測器本体 が破損したり、使用者が怪我をしたりする恐れがあります。これは電流測定端子の入力インピーダンスが電圧測定時とは逆に小さくなっているため、 計測器本体 に過大電流が流れてしまうためです。通常は保護機能として、電流端子にはヒューズが内蔵されています。また、最近の デジタルマルチメータ では電流測定ファンクションに設定した場合のみ、電流測定端子が使用できるような端子シャッター付きタイプのものもあります。

1型糖尿病と付き合っていく

担当の先生、医療スタッフはもちろん、ご家族やお友達、学校の先生も協力してもらいサポートチームをつくることが大切です。
大きくなるにつれて自分のことは自分でできるようになることは、成長のために大事なことです。一方で、糖尿病のあるなしにかかわらず、人はみんな、ひとりで抱え込むより、周りの方の協力があった方が良い場合もあります。からだやこころの成長に従って、1型糖尿病との付き合い方は変化します。長い人生のあいだで時や場所が変わっても、「ぼく」や「わたし」を応援してくれるサポートチームを作っていきましょう。
学校や地域を超えて、同じ病気を持った仲間と交流をもつことができる、小児糖尿病サマーキャンプなどもあります。(日本糖尿病協会(外部サイトにリンクします)のサイト内では、各地域のサマーキャンプのお知らせを紹介しています。)

小児の医療費補助のこと

保育園や学校で

  • インスリンをいつ、どのように注射するか相談しておきましょう(教室、保健室など)。
  • 低血糖の対応方法について話し合っておきましょう。
  • 保健室にブドウ糖やグルカゴン注射を置かせてもらう、使用法を確認しておくなど、予め準備をしておきましょう。
  • 体育や部活動、課外活動など、からだを動かす場合の対応を相談しておきましょう。低血糖を予防するために、事前にインスリンの単位を減量したり、補食(おやつ)を食べたりします。
  • 補食(おやつ)に何を食べるか、どこへ置いておくか、決めておきましょう。
  • 1型糖尿病について、お友達に何をどこまで話すか、決めておきましょう。

1型糖尿病のお子さんの食事と運動のこと

  • 1型糖尿病のお子さんは、食事制限は必要ありません。
  • 健やかに成長するために、好き嫌いをせず、バランス良く、必要十分なエネルギーを摂りましょう。(日本人の食事摂取基準(2020年版)の概要 厚生労働省(PDF:683KB))
  • 良い血糖コントロールを維持し、重症低血糖を起こさないように、インスリン療法の内容や補食などを調整することが大切です。
  • 食後の血糖上昇と、インスリン注射のバランスをとる方法のひとつとして、カーボカウントがあります。
  • 進行した合併症がなく、血糖コントロールが落ち着いている場合は、どんな運動をしても大丈夫です。ただし、低血糖には気を付けましょう。
  • 食事やおやつでどれくらい血糖値が上がるか、運動やインスリンで血糖値がどれくらい下がるか、目安を付けましょう。大きくなるにつれて、治療を自分の生活に合わせていく練習をしましょう。

からだやこころの成長に伴って

  • 思春期には、成長とともにホルモンが変動し、インスリンが効きづらくなります(インスリン抵抗性)。そのため、体重1kgあたりのインスリン使用量が多くなります。
  • 月経周期が血糖値に影響することがあります。

働き盛りの1型糖尿病の方へ

1型糖尿病をお持ちの方でも、普通に就職し、仕事をすることができます。
どんな仕事も責任が伴いますから、1型糖尿病と付き合っていくのに大変な時があります。
例えば、仕事や時間に追われると、
ついインスリンを適切な時間に打てなかったり
血糖測定ができなかったり
外食が多くなってしまったり
その他にも、からだを動かす仕事、試食が多い仕事、夜勤があったり、しめきり前には夜更かしをしなければならないなど、その時の状況で生活が乱れることもあります。

  • 職場の一部の方に、1型糖尿病のことを伝えておくと、インスリンの注射や血糖測定などをしやすく、スムーズに治療を継続することができます。
  • 食事とインスリン注射のタイミングをきちんと合わせること、日々の血糖値をモニタリングして食事やインスリン量を振り返ることは、ささやかなことですが、血糖値の変動を小さくするのにとても重要です。
  • からだを動かす仕事の方は、どんな時に血糖値が下がりやすいか確認しておきましょう。自分にとってちょうどいいインスリンの量や、補食の量・タイミングをみつけます。

妊娠・出産を考えている1型糖尿病の方へ

5_3_1.jpg

妊娠前として望ましい管理

血糖コントロール HbA1c6.5%未満
網膜症 正常または単純網膜症までの範囲内
妊娠中に悪化することもあるため、重症の場合は眼科医と相談が必要
腎症 腎症2期まで
第2期では慎重な管理が必要
その他 妊娠中使用するのに適したインスリン製剤の種類や、中止した方がよい飲み薬がある
1型糖尿病では、甲状腺疾患を合併することが多いと言われている 抵抗とサポートを予測する方法
妊娠をきっかけに病状が進むことがあるため注意が必要

血糖コントロールが悪い時に起こりうるお母さんと赤ちゃんの合併症

お母さんの合併症 赤ちゃんの合併症
1)糖尿病併発症
糖尿病網膜症の悪化
糖尿病腎症の悪化
低血糖
2)産科併発症
流産
早産
妊娠高血圧症候群
羊水過多症
巨大児に基づく難産
1)胎児・新生児併発症
胎児死亡
先天異常
形成異常
肩甲難産に伴う分娩時外傷
新生児低血糖症
新生児高ビリルビン血症
新生児呼吸窮迫症候群
新生児低カルシウム血症
肥大型心筋症
新生児多血症
胎児発育不全
2)将来の併発症
肥満・メタボリックシンドローム
糖尿病

妊娠中の血糖コントロール

  • インスリン製剤には妊娠中に使用できるものと、そうではないものがあります。多くの場合は妊娠前から、妊娠に適したインスリン注射を使います。
    (妊娠と薬物療法についてもご覧下さい。)
  • インスリンポンプや持続血糖測定器を使用して、血糖値を詳細に確認しながら細やかな血糖管理を行うことがあります。
    (1型糖尿病の薬物療法:インスリン治療もご覧下さい。)
  • 食事は適切なエネルギー摂取や栄養バランスを心がけます。肥満がある方は、エネルギー制限をする場合があります。一回の食事で食後の血糖値が高くなってしまう場合は、食事を分割して少量ずつ食べる工夫をします。
  • 妊娠後期になるに従って必要なカロリー量が増えますので、担当の先生や管理栄養士と相談しながら食事をコントロールしましょう。
    (妊娠中の食事療法と体重管理もご覧下さい。)
  • 妊娠後期になるにつれ、胎盤ホルモンの関係でインスリンの使用量は増えていきます。食事や血糖の記録をつけ、担当医と相談しながら血糖管理をしていきましょう。
    (妊娠中の血糖コントロールもご覧下さい。)

出産とその後

赤ちゃんが大きくなりすぎてしまう巨大児の場合や、お母さんの合併症が重度な場合は、お母さんや赤ちゃんを守るために、帝王切開が選択されることもあります。
出産後、インスリンの必要量は速やかに減ります。授乳によりさらに低下することがあるため、出産後も注意深く血糖管理を行うことが大切です。
合併症をお持ちの方も、引き続き担当医とよく相談しながら管理していきましょう。

1型糖尿病の患者さんのご家族へ

大切な人や、お子さんが1型糖尿病になってしまったとき、
それはなにかの間違いだ、と病気を受け入れられなかったり
なんとかして病気を治したいと思うあまり、病院での医療が信頼できなくなる
人生を悲観してしまう
1型糖尿病になった家族を受け入れ難くなってしまう 抵抗とサポートを予測する方法
など、さまざまな気持ちをもたれることがあるかもしれません。

デジタルマルチメータ測定ガイド|お客様サポート|共立電気計器株式会社

①電圧測定
デジタルマルチメータ の基本的な機能の 1 つが電圧の測定です。カード型のような簡易的なタイプも含め、 デジタルマルチメータ では電圧の直流と交流それぞれの測定が可能です。
電圧の測定は測定対象に対して並列に接続し、測定します。
※複数のレンジを持つ場合、未知の測定対象物の電圧を測定する際には安全を考慮し、まずは最大のレンジに設定して測定を行う必要があります。これは後述する電流値の測定においても同様です。

測定範囲は数 mV ~数百 V まであり、 計測器本体 のサイズが大きくなるほど測定上限値が高くなります。測定下限値については、交流電圧よりも直流電圧の方がより小さな値まで正確に測定できる傾向にあります。

交流電圧の波形には正弦波と非正弦波(鋸波、方形波、リップルなど)があります。非正弦波は、インバータ制御等の省エネルギー設備により高調波成分を含んだ回路等において見られます。 デジタルマルチメータ はこのような波形の RMS (実効値)を表示することができます。この RMS は、交流電圧を有効直流電圧で表したもの、つまり等価エネルギーをもつ直流電圧で表したものです。これらの波形を測定する場合、測定方式は“平均値応答”と“ True-RMS (真の実効値)”の大きく 2 つに分かれます。“平均値応答”と呼ばれる方式では、交流電圧信号が純粋な正弦波であれば正確な実効値を表示します。しかし、非正弦波の場合は正確な測定を行うことができません。これに対して“ True-RMS (真の実効値)”と呼ばれる方式は波形に関係なく正しい RMS を表示することができます。

非正弦波の測定において“クレストファクタ”という値も注意する必要があります。波高率ともいい、「交流波形の最大値÷実効値」で表されます。この値は、測定したい信号が入力レンジの何倍の入力まで正確に測定できるかを表します。真の実効値タイプの 抵抗とサポートを予測する方法 デジタルマルチメータ においても、波形が急しゅんなパルスを測定した場合、実効値が低くても最大値が非常に大きくなり、内部の回路の最大動作範囲をオーバーし測定誤差が大きくなることがあります。このような波形に対して、どのくらいまで測定可能かを示した値がクレストファクタとなります。ちなみに正弦波の場合は 1.414 、方形波の場合は 1.00 となります。(下表)

また電圧測定における重要な項目として、“入力インピーダンス”があります。これは デジタルマルチメータが 内部に持っている抵抗の大きさのことで、電圧測定の場合、この値が低いと測定誤差が大きくなり、逆に高くなるほど正確な電圧値が測定できます。 デジタルマルチメータ でも特に高精度が求められるベンチトップタイプなどでは、この入力インピーダンスが 10 G Ω以上といったものもありますが、ハンドヘルドタイプは 10 M Ωくらいが標準です。

②電流測定
電流の測定は電圧測定や抵抗測定と異なり、 デジタルマルチメータ を測定物に対して並列ではなく直列に接続します。そのため、ほとんどの デジタルマルチメータ には電流測定専用の端子があります。
さらに電流測定専用の端子が小電流用(μ A/mA )と大電流用( A )に分かれている場合もあり、測定する電流値に応じて端子を使い分ける必要があります。μ A/mA 端子の場合、最大測定値は数百 mA 程度です。測定する電流値が予測できない場合は、まずは大電流用端子に接続し測定を行います。
※複数のレンジを持つ デジタルマルチメータ の場合、未知の測定対象物を測定する際には安全を考慮し、まずは最大のレンジに設定して測定を行う必要があります。これは電圧値の測定においても同様です。

電流測定端子に測定コードを接続したまま電圧を測定した場合、 抵抗とサポートを予測する方法 計測器本体 が破損したり、使用者が怪我をしたりする恐れがあります。これは電流測定端子の入力インピーダンスが電圧測定時とは逆に小さくなっているため、 計測器本体 に過大電流が流れてしまうためです。通常は保護機能として、電流端子にはヒューズが内蔵されています。また、最近の デジタルマルチメータ 抵抗とサポートを予測する方法 では電流測定ファンクションに設定した場合のみ、電流測定端子が使用できるような端子シャッター付きタイプのものもあります。

小型の デジタルマルチメータ では電流測定時における保護に対応することが難しく、カード型タイプの多くは電流測定機能がありません。通常のハンドヘルドタイプにおいても、安全面を考慮し、あえて電流測定機能を外し電圧測定に特化したタイプもあります。

電流測定については、クランプセンサを使用するタイプのものもあります。クランプセンサは電圧測定端子に接続するタイプや、 デジタルマルチメータ と一体となったタイプなどが存在します。クランプセンサを使用する場合、微小な電流の測定は難しくなりますが、 計測器本体 を測定物に対して直列に接続する必要がなく、測定が簡易となり安全性も高くなります。

クランプセンサ一体型デジタルマルチメータ による負荷チェックの一例を示します。
これは、通電状態で、分岐ブレーカの電流をチェック、各分岐回路の負荷が適切であるかどうかを簡単に確認することができます。

③抵抗測定
抵抗の測定は測定対象に対して並列に接続し、測定します。
抵抗値には、接触抵抗の数mΩから絶縁体のGΩまで幅広いばらつきがあり、 デジタルマルチメータ で測定可能な抵抗上限値は数十MΩ程度、下限値についてはハンドヘルドタイプで0.1 Ω程度、ベンチトップタイプで1 mΩ程度となっています。
抵抗を測定する際には感電の危険を避けるため、電圧のかかっている回路では測定してはいけません。
低い抵抗値を測定する場合、測定コードの抵抗値( 0.2 ~ 0.5 Ω程度)が影響します。“相対値表示機能”が付いている デジタルマルチメータ では、測定コードの先をショートして、その抵抗分をあらかじめ測定し、その影響を除くことができます。“相対値表示”は、“ゼロ調整”、“ Null ”、“リラティブ”、“ REL ”等で表記されます。
また低い抵抗値を測定するために、4端子抵抗測定があります。ベンチトップタイプに多く採用されている機能で、名前の通り4つの端子を使用して抵抗を測定します。2つの端子から測定する抵抗に電流を流し、残りの2つの端子でそこに発生する電圧を測定します。

この測定方法により、 1 m Ωレベルの低い抵抗値を正確に測定することが可能となります。
ほかにもローパワー抵抗(LP-Ω)測定機能があります。抵抗測定時には一般的に デジタルマルチメータ から測定物に対して電流を流すことにより抵抗値を測定していますが、LP-Ωはその測定電流を小さく設定した機能です。測定電流を小さくすることにより測定物にかかる電圧が低くなり、ダイオードや半導体のジャンクションで分離されている抵抗の値を測定することが可能となります。そのためプリント基板に搭載されている部品の抵抗値を、ハンダ付けを外さなくても測定することができます。ただし、測定電流を通常よりも小さくするために、測定可能な抵抗値の範囲が通常よりも狭くなります。

④導通チェック
導通チェックは、測定物がショート状態かオープン状態かを簡易的にチェックできる測定です。
一般的に数十Ω以下でブザーが鳴動するようになっており、測定中に 計測器本体 の表示部を見る必要がないため短時間で何度も繰り返し測定ができます。ブザー鳴動機能があるため、ほとんどの デジタルマルチメータ で導通チェックのファンクションはブザーマークで表示されています。

⑤ダイオードテスト
ダイオードテストは、ダイオードの順方向電圧の測定やダイオードの正常判定のチェックに使用します。
順方向電圧の測定には、+端子(赤色のコード)をアノード側、 COM 端子(黒色の測定コード)をカソード側に接続します。一般的なダイオードの場合 0.5 V 程度、発光ダイオードの場合は 1.抵抗とサポートを予測する方法 5 ~ 2.0 V 程度を表示します。また、この接続を逆にした場合、導通がない表示(オーバー表示など)となり、ダイオードが正常であることを示しています。

⑥キャパシタンス測定
キャパシタンスとは、静電容量とも呼ばれ、コンデンサがどのくらいの電気を蓄えられるかを表す量のことです。
実際にはマルチメータより電気を出力し、コンデンサに電気を溜めて測定します。一部のマルチメータには測定できる機能が付いており、単位はファラド(F)で表されます。

⑦周波数測定
周波数は、1秒間に流れる電気の向きが変化する回数のことです。
交流電源の場合、時間とともに電気の大きさが波のように大きくなったり小さくなったり変化を繰り返し、方向も変わります。その1秒間における波の繰り返しを周波数と呼びます。この周波数を測定するのが周波数測定です。単位はヘルツ(Hz)で表されます。
なお、日本で使われている電気は東日本エリアが50Hz、西日本エリアが60Hzとなります。

⑧デューティ比
デューティー比は、矩形(くけい)波の1周期に対する高い波形の割合を示した値でパルスとも呼ばれます。単位はパーセント(%)で表示されます。
パルスは信号の測定、または信号を出力して何かを制御する目的に使用されています。
一般的に、ステッピングモータやサーボモータといったモータ類の駆動をパルス信号にて制御しています。

抵抗とサポートを予測する方法

多くの人たちは、体成分の観点から健康を評価することが迅速・簡単・正確な方法であり、BMIには落とし穴があるということを気づき始めています。New York Timesでも「 Same B.M.I., Very Different Beach Body (同じBMIでも筋肉質の体型とはまったく異なる)」というBMIの間違った使用法に関する記事を公開しています。もしこれから、フィットネスを始めたり、体の健康度合いを確認したい場合は、体成分を調べる必要があります。

体成分を測定する方法はいくつかありますが、生体電気インピーダンス分析(BIA)機器を使用して筋肉量・体脂肪率などを測定する方法が一般的な方法の1つとなりつつあります。BIA機器は、測定時間の短さや測定から結果が出るまでの速さ・利便性・正確性のどこをとっても不足はありません。しかし、BIA機器の購入に要する費用は機器によってまちまちです。BIA機器は人体に微弱な電流を流し、その電流が体水分を流れる際に発生する抵抗(インピーダンス)を測定することから始まります。測定されたインピーダンスをもとに体水分量を算出し、筋肉量・体脂肪量等の体成分を求めていることは、全てのBIA機器で同じです。同じ方法を使用しているのに、BIA機器の値段に幅があるのはなぜでしょうか? BIA機器を購入する時は、機器の価格だけを気にすれば良いのでしょうか? 今回のトピックでは、BIA機器を購入する際に、確認すべき重要な事項を説明します。


周波数を確認する

BIA機器は体成分を測定するために最低1種類の、周波数を持つ電流(交流)を使用します。BIA機器を初めて商業化したものが、50kHzの単周波数電流を使用していたことから、現在もなおいくつかのBIA機器はこれに倣っています。しかし、50kHzの単周波だけでは体水分量を正確に計測することが難しく、技術的精度を補うために統計補正を使用するようになりました。それでもやはり、健常者・高齢者・小児・性別・病歴など対象者によって使用する統計値は異なるため全ての人には適応できないという問題、統計の母集団に属さない人が測定すると逆に精度を悪くしてしまうという問題がありました。 ”この問題を乗り越えるためには、複数の周波数を使用する必要がある。” という見解を多くの研究者が認識していくようになり、1996年InBodyが初めて多周波数で測定できる技術を搭載したBIA機器の開発に成功しました。

多周波数測定が正確な理由

電流が人体に流れることで、BIA機器は抵抗値(インピーダンス)を測定できます。つまり、BIA機器は測定されたインピーダンスから体水分量を算出しています。低周波数の電流は、細胞膜を通過するのに十分なエネルギーがないので、細胞の周りを沿って流れるという性質があります。一方、高周波数の電流は細胞膜をよく通過して体水分全体を流れるという性質があります。このように周波数毎に細胞膜を通過する程度の差があることを利用し、広帯域の周波数電流を人体に流すことで、細胞外水分量・細胞内水分量・水分均衡を表す細胞外水分比(ECW/TBW)・体水分量をより正確に算出することができるようになります。このような水分情報を正確に測定してからはじめて、筋肉量・体脂肪量などの体成分が正確に算出できるようになります。


測定結果の項目を確認する


BIA機器が提供している測定結果の項目は機器によって様々です。体脂肪率のみを提供しているものもあれば、40以上の包括的な結果項目を提供しているものもあります。体脂肪率は、健康状態や体型評価の指標として確かに扱いやすい指標の1つです。一般家庭に出回っているBIA機器は体脂肪率を表示できるものが多いですが、実は体脂肪率は変動しやすい項目なので、体脂肪率だけに頼ることは危険です。BIA機器が測定できるのは体水分なので、電流が流れない部分(衣類・直前に摂取した食べ物など)は体脂肪として換算されるためです。

➤ 骨格筋量
筋肉量の中でも随意的な運動が可能で筋繊維による横紋を持っている筋肉のみを意味します。四肢の筋肉は骨格筋のみで構成されている反面、体幹の筋肉には内臓筋・心臓筋も混在します。そのため、当項目は全身筋肉量から推定される内臓筋・心臓筋を除いた値でもあります。近年ではサルコペニアの評価で骨格筋指数(Skeletal Muscle Index: SMI)がよく使われているので、自身の筋肉量が十分に足りているのか、サルコペニアやサルコペニア肥満ではないかなども簡単に確認できます。
※SMIは四肢の骨格筋量を身長(m)の二乗で割った値です。アジアのワーキンググループ(AWGS)では、男性7.0kg/㎡未満、女性5.7kg/㎡未満をカットオフ値と定めています。

➤ 体水分均衡
より高精度なBIA機器では多周波数測定により水分情報の詳細が提供されているので、体水分量の総量だけでなく、細胞内・外のバランスも確認することができます。InBodyでは細胞外水分比(ECW/TBW)で水分均衡が適切かどうかを調べることができます。健康な体における体水分量(TBW)に対する細胞外水分量(ECW)の割合は常に0.380前後の一定な数値を維持します。しかし、浮腫を伴う疾患(腎不全・心不全・肝硬変・糖尿病など)がある場合、主に細胞外水分量が増える形でこの数値が高くなり、加齢・サルコペニアなど栄養状態が悪化した場合は、細胞内水分量(ICW)が減少する形でこの数値が高くなります。ECW/TBWは浮腫の指標でありながら、栄養状態や疾患の重症度を示す指標として広く使用されており、一般的に0.400を超えると高いと評価します。

➤ 位相角
位相角は電流が体水分に沿って流れる際に発生する抵抗(レジスタンス)と、細胞膜を通過する際に発生する抵抗(リアクタンス)の位相差です。つまり、位相角は細胞膜の健康度・細胞の構造的な安定さを反映します。位相角に標準値は定められていませんが、位相角0°は細胞の破壊を意味するので、位相角が低いほど細胞の健康状態・機能が低下していることを意味します。位相角は体格と比例するので、性別・⼈種別でも値は異なり、加齢によって低下していくので、年代によっても異なってきます。透析患者を対象に位相角で栄養評価を行った研究では、4°以下で栄養不良、5°以上で栄養良好を示したと報告しています¹⁾。


測定時に必要な情報が何なのかを確認する

全てのBIA機器で、測定時に必要な最低限の情報は “体重” です。BIA機器に体重測定機能が付いていないとしても、測定者は自身の体重を手動で入力する必要があります。BIA機器とは別のスケールで体重だけを測定する場合は、入力ミスがないように心がけてください。実際の体重と値が離れていくほど、体成分の各値も実際の値とは離れていきますが、体重-除脂肪量で算出されている体脂肪量は特に影響を受けることになります。従って、手動で体重を入力する際は、数日前に量った値や予想体重などを使用せずに直前に量ったものを使用してください。

身長も全てのBIA機器に共通した必要情報です。各部位で計測されたインピーダンスから体水分量を算出するには、各部位の長さが必要になります。この長さは身長に対する比例式で推定され使用されているため、身長入力を間違ってしまうと全ての測定値に影響が出てしまいます。体重と身長は統計補正によって結果を調整するための予測変数ではなく、インピーダンスと同様に体成分を理解するための重要な枠組みです。

“年齢” と ”性別” も入力を求められるBIA機器が多いです。30代と80代では、30代の方が筋肉量は多い、男性と女性では男性の方が体脂肪率は低いなどの統計データに基づいて、実際の測定値を調整するためです。統計補正を使用したBIA機器の問題点は、先ほど “周波数を確認する” の項でも説明しましたが、全ての人には適応できないという点です。このようなBIA機器を使用している場合、体を鍛えている高齢者・フィットネスに通っている女性は、統計補正の影響で筋肉量が過小評価されているかもしれません。統計補正を使用している機器であるかを調べるには、敢えて自分の性別ではない方の性別を入力して測定してみてください。本当の性別で測定した結果と比べて、筋肉量や体脂肪率が大きく変わっている場合は、統計補正を使用している機器となります。


何が測定され、何が測定されないのかを確認する


BIA機器は、電流が流れる部分のみのインピーダンスを測定できます。つまり、電流が流れない体の残り部分は推定で算出されているということです。多くの一般家庭用BIA機器は、両脚間に流れるインピーダンスを使用しているもの(上半身は推定)か、両腕間に流れるインピーダンスを使用しているもの(体幹と下半身は推定)です。このようなBIA機器は上半身と下半身の均衡が崩れていないということが前提になります。下半身がとても発達したサッカー選手が両腕間測定のBIA機器を使用してしまうと、筋肉量は過小評価されてしまいます。

全身測定のBIA機器だからと安心してはいけません。全身を1つの円柱として測定するBIA機器と、右腕・左腕・体幹・右脚・左脚の5つの部位に分けて測定する機器があるためです。同じ全身測定でも、部位毎でそれぞれ測定を行っているか否かで、測定結果の精度は変わってきます。
※部位別測定のメリットなど詳細は、InBodyトピックの 「部位別測定のガイド」 を参考にしてください。


終わりに

参考文献
1. 増田ら, 慢性維持透析患者の栄養評価に対するPhase Angleの一考察. 公益社団法人 日本臨床工学技士会会誌, 2019:65

サポートとレジスタンスレベル–それらの使用方法

サポートとレジスタンス-それらを交換する方法

サポートとレジスタンスと呼ばれるレベルは、価格チャートの非常に有用な線です。 それらは価格ブレイクアウトの確率を決定するときに非常に役立ちます。 トレンド反転。 多くのトレーダーがこのツールに依存しています。 それらが何であるか、それらを適切に使用する方法を知っている必要があります。

サポートとレジスタンスレベルの基本

サポートとレジスタンスのレベルは、さまざまな種類のグラフに描画できます。 私はいつも日本のローソク足での取引をお勧めします。 彼らは非常に透明であり、ほとんどの 抵抗とサポートを予測する方法 作戦 はっきりと見える。 ただし、他の種類の価格表を使用する場合でも、サポートラインとレジスタンスラインを使用できます。

支持線と抵抗線は、価格バーによって形成された谷とピークに対応しています。 それらは、トレーダーが行動に移すべき重要なポイントを示しています。 低値を結ぶ線はサポートと呼ばれ、高値を結ぶ線は抵抗です。 グラフのボトムとトップは、売り手の供給である金融世界法と デマンド バイヤーの。 サポートとレジスタンスのレベルは、購入または売却に関する投資家の決定を導くことができます。 価格は以前に形成されたボトムスとトップスを尊重するようです。

価格がサポートまたはレジスタンスレベルに達した後の動作にはXNUMXつの可能性があります。 それはリバウンドするか、ラインを突破するかもしれません。 そしてトレーダーはそれに応じて行動する必要があります。

価格は以前の上限と下限のレベルを明確に尊重します

価格はサポートまたはレジスタンスレベルから跳ね返ります

価格は常に谷とピークを形成します。 チャートにサポートまたはレジスタンスを描画すると、次に価格がどこまで行くかを予測できます。 以前と同じレベルからリバウンドする可能性は十分にあります。 このように、価格が上下するチャネルが作成されます。

このようなリバウンドは、取引ポジションをオープンする機会を生み出します。 価格が下限に達すると、購入の合図になります。 価格が上の線に近づく限り、ポジションは持続できます。 そして、価格がレジスタンスレベルに達した場合、それは販売する時です。 価格が下のラインに達したらすぐにポジションをクローズする必要があります。

サポート/レジスタンスとしてのトレンドライン

トレンドラインは、トレンドの方向を示す傾斜したラインです。 局所的な安値は、上昇トレンド中のトレンドラインのベースであり、局所的な高値は下降トレンド中に使用されます。 ただし、トレンドラインは価格の方向を示すだけでなく、動的なサポートまたはレジスタンスレベルとしても使用できます。

トレンドラインは動的抵抗レベルとして機能します

サポートおよびレジスタンスレベルからの価格の内訳

サポートとレジスタンスのレベルは、価格がしばらくの間跳ねる限界を形成しています。 抵抗とサポートを予測する方法 しかし、結局、価格はそれらを突破します。 それは、強いトレンドと良好な取引機会を同時に発表していると見なすことができます。 それにもかかわらず、ブレイクアウトに基づいて取引することは少し難しいです。 それはトレーダーが彼のチャンスを見落とさないように非常に長い間注意深く価格チャートを見ることを要求します。

価格が逆戻りするまで待ってから取引に入るのを好むトレーダーがいます。 リトレースメントは、価格がサポートまたはレジスタンスレベルから抜け出したときに発生しますが、その後、方向を変え、反対側からサポート/レジスタンスに到達します。 しかし、これは短い動きであり、トラックに戻ってきました。 これは多くの投資家にとって良いエントリーシグナルであると考えられています。

ブレイクアウトは何も永遠に続くことを示しています

それは本当のブレイクアウトですか、それとも単なるフェイクアウトですか?

時々、市場は期待通りに動きません。 サポート/レジスタンスレベルが引き出され、価格がラインに達し、下降または上昇の途中でそれらを超えれば、ブレイクアウトが予想されます。 そして、ほとんどの場合、これはまさに何が起こるかです。 しかし、場合によっては、価格は以前の方向性を継続するのではなく、戻ってきます。 これは、私たちがフェイクアウトと呼んだものです。

それがブレイクアウトであるかフェイクアウトであるかを確認する最良の方法は、市場の深い分析を行うことです。 ブレイクアウトに続くキャンドルを見てください。 それが反対方向に形成される場合、あなたは偽造を期待しているかもしれません。

AUDUSDでのフェイクアウトの例

サポートとレジスタンスのレベルは、大衆心理学に基づいています。 特定の期間中の価格の以前の動作が分析され、結論が引き出されます。 同様の動きが発生すると予想されます。 価格は同じ範囲に入る可能性があります。

サポートとレジスタンスのレベルは、知っておく価値のあるテクニカル分析ツールです。 成功を保証することはできませんが、少しはそれに近づくことができます。 賢く使ってください。 発表されたニュースリリースがある場合は、常に経済カレンダーで確認してください。 それらは市場の状況を妨げる可能性があり、そのような瞬間の取引を避けることがより良いです。

On 多くのプラットフォーム、デモまたは練習用アカウントと呼ばれる特別な機能があります。 通常は無料で、仮想現金で入金されます。 新しい戦略を導入するためにそれを使用してください。 サポートレベルとレジスタンスレベルの仕組みを確認してください。

スマートフォン専用トレーディングアプリ

補足

テクニカル指標は、メインチャート、サブチャート1、サブチャート2に、それぞれ1種類ずつ表示できます。

テクニカル指標の設定を変更する

  • 1. 「テクニカル」をタップする

補足

テクニカル指標の変数は、以下の範囲で変更できます。

抵抗とサポートを予測する方法
テクニカル指標 変数の範囲
移動平均線 短期、中期、長期ともに1~255まで設定できます。
ボリンジャーバンド 期間を1~150まで設定できます。
一目均衡表 転換線、基準線、スパンともに1~150まで設定できます。
指数平滑移動平均 短期、中期、長期ともに1~255まで設定できます。
多重移動平均 最短期間は1~254、最長期間は1~255、本数は15まで設定できます。
パラボリック AF、上限ともに0.01~1.00まで設定できます。
MACD 短期EMA、長期EMA、シグナルともに1~150まで設定できます。
RSI 短期線、中期線、長期線ともに1~150まで設定できます。
RCI 短期線、中期線、長期線ともに1~150まで設定できます。
DMI/ADX DI、ADX、ADXRともに1~150まで設定できます。
ストキャスティクス %k、%D、Slow%Dともに1~150まで設定できます。
移動平均乖離率 短期、長期ともに1~255まで設定できます。
サイコロジカル 期間を1~255まで設定できます。
標準偏差 期間を1~255まで設定できます。
モメンタム 期間、シグナルともに1~255まで設定できます。

比較チャートを表示する

  • 1. 片方の銘柄のチャート画面で、「テクニカル」をタップする

補足

比較チャートを表示している場合は、同時にサブチャートは表示できません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる