最強の初心者ガイド

FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット

FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット
新興国・途上国のいまを知る

世界各国通貨に対する円:対ドル0.01%高、対ユーロ0.05%安

現在値 前日比 % 前日終値
*ドル・円 127.11円 -0.01円 -0.01% 127.12円
*ユーロ・円 136.40円 +0.07円 +0.05% 136.33円
*ポンド・円 160.55円 +0.31円 +0.20% 160.23円
*スイス・円 132.79円 +0.37円 +0.28% 132.42円
*豪ドル・円 FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット 91.00円 +0.78円 +0.87% 90.21円
*NZドル・円 83.08円 +0.71円 +0.86% 82.37円
*カナダ・円 99.90円 +0.37円 +0.37% 99.53円
*南アランド・円 8.14円 +0.05円 +0.63% FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット 8.09円
*メキシコペソ・円 6.49円 +0.06円 +0.88% 6.43円
*トルコリラ・円 7.83円 +0.07円 +0.91% 7.FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット 76円
*韓国ウォン・円 10.12円 +0.09円 +0.93% 10.03円
*台湾ドル・円 4.34円 FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット +0.04円 +0.83% 4.30円
*シンガポールドル・円 92.90円 +0.31円 +0.34% 92.58円
*香港ドル・円 16.19円 +0.00円 +0.01% 16.19円
*ロシアルーブル・円 1.FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット 94円 -0.03円 -1.74% 1.97円
*ブラジルレアル・円 26.83円 +0.18円 +0.67% 26.65円
*タイバーツ・円 3.73円 +0.01円 +0.35% 3.71円
年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
*ドル・円 +10.45% 131.35円 108.72円 115.08円
*ユーロ・円 +4.20% 140.00円 124.40円 130.90円 FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット
*ポンド・円 +3.08% 168.43円 148.FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット 47円 155.74円
*スイス・円 +5.29% 136.FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット 19円 117.54円 126.13円
*豪ドル・円 +8.74% 95.75円 77.90円 83.68円
*NZドル・円 +5.63% 87.35円 FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット 74.57円 78.65円
*カナダ・円 +9.69% 102.96円 84.67円 91.08円 FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット
*南アランド・円 +12.94% 8.81円 6.94円 7.21円
*メキシコペソ・円 +15.69% 6.51円 5.14円 5.61円
*トルコリラ・円 -8.49% 13.34円 6.17円 8.55円
*韓国ウォン・円 +4.58% 10.46円 9.21円 9.68円
*台湾ドル・円 +4.42% 4.44円 3.89円 4.15円
*シンガポールドル・円 +8.82% 94.61円 79.87円 85.37円
*香港ドル・円 +9.66% 16.73円 FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット 13.98円 14.77円
*ロシアルーブル・円 +26.71% 2.30円 0.68円 1.53円
*ブラジルレアル・円 +29.91% 27.84円 19.77円 20.65円
*タイバーツ・円 +7.45% 3.FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット 83円 3.26円 3.47円

FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット

LINE証券株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役Co-CEO:落合 紀貴・米永 吉和)は、外国為替証拠金取引(以下、FX取引)サービス「LINE FX」において、取引通貨ペアを10通貨ペアから23通貨ペアに拡大いたしました。あわせて取引単位を引き下げ、1,000通貨単位で取引が可能になりましたのでお知らせいたします。

「 LINE FX 」は、変動を分かりやすくお届けする「 LINE 」ならではの通知機能で、必要な情報に素早くアクセスし、タイミングを逃さずに取引できる FX サービスです。サービスローンチから約8か月で口座開設数が 10 万人を突破し、サービスを開始した 2020 年 3 月から 9 月において新規口座開設数が業界 No1* となりました。

この度、「通貨ペアの数を増やして欲しい」や「最小取引単位を引き下げて欲しい」といったユーザーからの要望を受け、ユーザーニーズの高い 13 通貨ペアを追加し、取引単位を 1,000 通貨へ引き下げを実施いたしました。これによって、一部の新興国通貨では数百円からの取引ができるようになり、幅広い通貨での取引が可能となります。加えて、注文画面のアップデートも実施しております。

■取引通貨ペアに関して
取扱通貨ペアは、 10 通貨ペアに 13 通貨ペアが追加され、合計 23 通貨ペアとなります。「メキシコペソ / 円( MXN/JPY )」、「カナダドル / 円( CAD/JPY )」などをはじめとした対日本円の通貨ペアや、「ポンド/豪ドル( GBP/AUD )」、「ユーロ/豪ドル( EUR/AUD )」など、取引が多くユーザーニーズが高い通貨を中心に通貨ペアを追加致しました。「 LINE FX 」で利用できる 23 通貨ペアは以下となります。

【既存取扱通貨ペア】
米ドル / 円( USD/JPY )、英ポンド / FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット 円( GBP/JPY )、豪ドル / 円( AUD/JPY )、ユーロ / 米ドル( EUR/USD )、ユーロ / 円( EUR/JPY )、英ポンド / 米ドル( GBP/USD )、豪ドル / 米ドル( AUD/USD )、 NZ ドル / FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット 円( NZD/JPY )、南アランド / 円( ZAR/JPY )、トルコリラ / 円( TRY/JPY )

【新規取扱通貨ペア】
英ポンド / FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット 豪ドル( GBP/AUD )、メキシコペソ / 円( MXN/JPY )、ユーロ / 豪ドル( EUR/AUD )、ユーロ / 英ポンド( EUR/GBP )、スイスフラン / 円( CHF/JPY )、カナダドル / 円( CAD/JPY )、米ドル / スイスフラン( USD/CHF FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット )、 NZ ドル / 米ドル( NZD/USD )、豪ドル / NZ ドル( AUD/NZD )、英ポンド / スイスフラン( GBP/CHF )、ユーロ / スイスフラン( EUR/CHF )、ユーロ / NZ ドル( EUR/NZD )、英ポンド / NZ ドル( GBP/NZD )

■取引単位に関して

取引単位を 1,000 通貨へ引き下げを実施し、現在の 10,000 通貨単位の取引に加え、 1,000 通貨単位での取引が可能となりました。これによって、一部の新興国通貨では、数百円からの取引も可能になる他、米ドル / 円の取引の場合で例えると、今まで、約 41,500 円から取引できていたのが、約 4,150 円から取引ができるようになります。また、「 LINE FX FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット 」では、手数料無料、業界最狭水準の低スプレッドでの取引が可能で、スワップポイントも高水準となっており、初心者の方でも投資スタンスに合わせたお取引が可能です。

■注文画面のアップデートに関して
新たにクイック注文画面が追加され、 FIFO が ON/OFF のみで簡単に設定できるようになった他、注文画面からの一括決済もより便利にお使いいただけるようになりました。チャートを横画面に表示してのクイック注文も引き続き可能です。

「 LINE FX 」は、今後も機能拡充を進めていくことで、「働く世代」にご利用いただきやすいサービスを目指してまいります。

【 LINE 証券について】
「 LINE 証券」は、 2019 年8月のサービス開始以来、 1 FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット 株単位で取引ができる「いちかぶ(単元未満株)」、投資信託、 FX 取引サービス「 LINE FX 」、取引所取引(現物取引・信用取引)の取扱いと、わずか 1 FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット 年にも満たない期間で株式取引に関するサービスについてフルラインナップを取り揃え、直近では、「投資信託のつみたて投資」の提供など、お客さまのニーズに寄り添いながらサービスラインナップを拡充しております。総口座数は 31 万口座を突破しております。( 2020 年 8 月時点)

■ LINE 公式アカウント: LINE ID : @linesec

■ LINE 証券株式会社の概要

(1) 名称 LINE 証券株式会社

(2) 所在地 東京都品川区西品川一丁目 1 番 1 号 住友不動産大崎ガーデンタワー 22 階

(3) 代表者 代表取締役 Co-CEO 落合 紀貴( LINE 株式会社)、米永 吉和(野村證券株式会社)

(4) 事業内容 資産形成層をターゲットとした非対面証券ブローカレッジおよび非対面証券投資コンサル ティングサービスの提供等

(5) 資本金及び資本準備金 400 億円( 2020 年 4 月 FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット 10 日時点)

(6) 設立年月日 2018 年 6 月 1 日

FX 取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取 引です。多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。 預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他 の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがありま す。 取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット スプレッド)がありま す。注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して 4 %以上(レバレッジ 25 倍)の証拠金が必要になりま す。 当社でお取引を行うに際しては、「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容 や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

通貨覇権を巡る攻防~ドル基軸通貨体制の持続可能性は? | ニッセイ基礎研究所

btn-mag-b.png

1基軸通貨ドルとは
現在、ドルは世界の「基軸通貨」、すなわち国際的に決済などで幅広く利用される国際通貨の中でも中心的・支配的な役割を果たす通貨として位置付けられている。第二次世界大戦後、ブレトンウッズ体制(金・ドル本位制)の下でドルは基軸通貨としての位置付けを確立したが、同体制は1971年のドルの金兌換停止によって終焉を迎えた。従って、現在のドルの基軸通貨としての位置付けは国際的な協定などで認定されたものではなく、広く多くの人々に暗黙の了解として支持されることによって成り立っている。

2為替取引・外貨準備で高い存在感を維持
ここで、基軸通貨ドルの存在感を改めて確認すると、為替市場におけるドルの取引高シェア 1 は直近2019年4月時点で44%と高い割合を占めている(図表1)。これは、ドルに次ぐシェアを持つユーロ(16%)の倍以上にあたるほか、様々な場面で対立を深めている中国の人民元(2%)とは20倍以上の開きがある。時系列でみた場合にも、ドルのシェアは長期にわたって4割強の高い水準を維持している。また、国際決済額で見た場合でも、ドルのシェアは41.7%で首位となっており、2位であるユーロの38.5%を上回っている 2 。

(図表1)主要通貨の為替市場における取引高シェア/(図表2)世界の外貨準備に占める主要通貨のシェア

3有事で買われるドル
また、為替レートの動きから、「基軸通貨ドル」の存在を強く認識させられる場面もある。例えば、今年春に発生した大幅なドル高だ。この動きは、新型コロナウイルスの感染拡大によって世界的に株価が急落し、金融市場の緊迫感が高まったことを受けて、投資家や金融機関などの間で決済通貨であり流動性の極めて高い基軸通貨ドルを求める動きが強まったことが背景にある。いわゆる「有事のドル買い」にあたる。実際、ドルの総合的な強弱感を示す実効為替レート 3 は市場の警戒感が強まり始めた今年2月半ばからピークに達した3月半ばにかけて、わずか1カ月で8%近くの急騰を見せた(図表3)。

(図表3)ドル実効為替レートとVIX指数(恐怖指数)/(図表4)ドル・ユーロ・人民元の実効為替レート

4水面下で進む一部諸国のドル離れ
以上のとおり、現時点においてドルの基軸通貨としての地位は表面上盤石に見えるが、一部では綻びが垣間見える。

これを国別に見ると、特に米国と対立関係にあるロシア、中国、トルコなどで金準備高の増加が目立つ(図表6)。また、旧ソ連圏であり、現在もロシアが主導するユーラシア経済連合 4 構成国として同国と繋がりの深いカザフスタンも増加基調が続いている。過去の月次データが不明の中国を除く3カ国(ロシア、トルコ、カザフスタン)だけで、データが遡れる2012年以降に金準備高が約2300トン増加しており、この間における世界全体の伸び(約3700トン)の約6割を占める。

(図表5)世界の金準備高/(図表6)中国・ロシア等の公的金準備量

(図表7)米国債の国別保有高①/(図表8)米国債の国別保有高②

(図表9)ロシア中銀の金・外貨準備に占める主要通貨のシェア

外貨準備内のドル建て資産は米国債の形を取ることが多いため、これらの国々では、外貨準備内の米国債を売却し、ドル建て資産を圧縮している可能性が高い。

(図表10)外貨準備に占める主要通貨のシェア(抜粋・試算)

一部の国がドル資産を圧縮しているにもかかわらず、世界の外貨準備に占めるドルのシェアが6割強を維持しているのは、シェアの計算がドル換算後であることが影響している。近年、ドルが多くの通貨に対して上昇したことによって、(円やユーロなど)ドル建て以外の資産のドル換算額が目減りし、ドル建て資産のシェアがかさ上げされた。

実際、2010年末時点の為替レートを用いて再計算を行った場合、今年6月末時点のドル建て資産のシェアは55.9%と公表値から5%ポイント以上低下する 5 (図表10)。

4 2015年1月に設立されたロシアを中心とする地域経済同盟。現加盟国はロシア、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスの5カ国。
5 また、IMFの外貨準備の通貨構成データは、各国の任意の報告によるものであり、国別のデータは非開示であるうえ、完全な連続性は保たれていない点に留意が必要になる。現在は149カ国がデータを報告しており、文中記載の4カ国のデータも含まれているが、中国は2015年前後から報告を開始したと推測される(この時期に「未判明分」とされる金額が段階的に大きく減少している)。

FXで取引できる通貨~各国の通貨のメリット

国・テーマ インデックス

【地域・国別にみる】

【テーマ別にみる】

研究活動のご紹介

研究活動のご紹介

出版物・レポート

出版物・レポート

研究者のご紹介

研究者のご紹介

研究所について

研究所について

図書館イデアス(IDEAS)研修プログラム

新興国・途上国のいまを知る

  • コラム
    • スポルティクス! スポーツから国際政治を見る
    • 途上国研究の最先端
    • フォーカス・オン・チャイナ
    • [インタビュー連載]シリコンバレーのアジア人企業家
    • 研究所という生態系
    • 手向け草
    • おしえて!知りたい!途上国と社会
    • 文化ののぞき穴
    • 続・世界珍食紀行
    • ベトナム改造農機傑作選
    • 新興国発イノベーション
    • 新型コロナと中国国境貿易:溜まるアジアの『生もの』たち
    • 新型コロナと移民
    • 中国貴州・ミャオ族の村々から
    • おしえて!知りたい!途上国とSDGs

    IDEスクエア

    新興国発イノベーション

    第7回 破綻経済と仮想通貨(ベネズエラ)
    ハイパーインフレと伝統的対抗策「ドル化」
    仮想通貨取引の拡大

    近年ベネズエラは有数の仮想通貨の取引量を誇る国となった。仮想通貨取引には販売所で提示された価格で購入するものと、取引所で希望価格や量を提示して取引先を探すP2P(Peer to Peer)取引がある。表1は、世界で最も取引量が多い仮想通貨であるビットコインのP2P取引の週間取引量(単位はBTC)とその世界シェアの上位5カ国をみたものだ。ベネズエラは、このビットコインのP2P取引量が米国、ロシアに次いで世界で第3位と有数の取引国だ。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる