無料体験講座

MACDは最強のオシレーター系なのか

MACDは最強のオシレーター系なのか
相場の変化を遅延することなく捉えるために、乖離幅を数値化してグラフにしているわけです。 MACDが上向くということは、短期移動平均線と長期移動平均線の乖離幅が縮小傾向にあることを示します。つまりMACDの上昇はトレンド転換を示唆するのですね。 そしてシグナル線は、その乖離幅を平均化したものですね。シグナル線はMACDそのもののトレント転換を見つけやすくするためにMACDを移動平均化してMACDの上に重ねて表示しています。MACDとそれを移動平均化したシグナル線のGC(ゴールデンクロス)、DC(デッドクロス)を確認することによって、上昇・下落のサインとするわけです。 引用:いまさらだけど、MACDの本質を詳しく解説しておくよ!

【FX】あえて言おう、MACDと最強の組み合わせはRSIであると!

【FX】あえて言おう、MACDと最強の組み合わせはRSIであると!

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

【FX手法】MACDと組み合わせたら最強!のテクニカルを教えるよ!

MACDは短期移動平均線と長期移動平均線の乖離値をグラフ化したものです。いまさらだけど、MACDの本質を詳しく解説しておくよ!で詳しく解説しました。

そもそもMACDは短期移動平均線と長期移動平均線の乖離値をグラフ化したものです。

MACDを図解

MACDを図解

相場の変化を遅延することなく捉えるために、乖離幅を数値化してグラフにしているわけです。

MACDが上向くということは、短期移動平均線と長期移動平均線の乖離幅が縮小傾向にあることを示します。つまりMACDの上昇はトレンド転換を示唆するのですね。

そしてシグナル線は、その乖離幅を平均化したものですね。シグナル線はMACDそのもののトレント転換を見つけやすくするためにMACDを移動平均化してMACDの上に重ねて表示しています。MACDとそれを移動平均化したシグナル線のGC(ゴールデンクロス)、DC(デッドクロス)を確認することによって、上昇・下落のサインとするわけです。

引用:いまさらだけど、MACDの本質を詳しく解説しておくよ!

MACDは最強のオシレーター系なのか

一目均衡表とは

一目均衡表は日本生まれのインジケーター、外国でも「Ichimoku」と呼ばれており世界中で使われる指標です。

特徴として、「過去」「今」「未来」の時間軸に着目した、5本の線で先行きを見通します。

基準線:「今」中期的なトレンド
転換線:「今」短期的なトレンド
先行スパン1:「未来」短期的な見通し
先行スパン2:「未来」長期的な見通し
遅行スパン:「過去」からのトレンドの勢い

2本の先行スパンが作る雲 が特徴的だ。

オシレーター系のおすすめインジケーター3選

おすすめオシレーター系インジケーターは「RSI」「MACD」「ストキャスティクス」

・RSI
・MACD(マックディー)
・ストキャスティクス

RSI(アールエスアイ)

RSIは買われ過ぎと売られ過ぎがわかる

RSIは相場の「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を1本のラインで表します。

0~30%:売られ過ぎ ( =買いチャンス )

RSIは、レンジ相場や、ゆったりしたトレンド相場で力を発揮しやすいインジケーターといえるぞ。

MACD(マックディー)

MACDとは

MACDは2本の移動平均線からできていて、トレンドの転換を予想するのに人気なインジケータです。

相場の変化にいち早く反応する、「EMA(指数平均移動平均線)」が使われているため、ゴールデンクロスやデッドクロスの 発生タイミングも先取り できます。

MACD線:短期EMA - 長期EMA MACDは最強のオシレーター系なのか
シグナル線:MACD線の移動平均線
ヒストグラム:MACD線とシグナル線の差

ストキャスティクス

ストキャスティクス

ストキャスティクスはRSIと同様に「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断するオシレーターです。

RSIとの違いは線の本数。ストキャスティクスは 2本のライン でできているので、 売買シグナルをクロスで確認できる のが特徴です。

ストキャスティクスでの分析は、「ファースト」「スロー」があるが、 スローがおすすめだ ぞ。

インジケーターのおすすめ組み合わせ

・移動平均線 + RSI
・ボリンジャーバンド + MACD

相場に合わせて、組み合わせを考えるのもFXの醍醐味よ♪

移動平均線 + RSI

移動平均線RSIはどちらも仕組みがシンプルなので、スッキリした画面で情報に惑わされずに済みます。

具体的には、移動平均線がゴールデンクロス、RSIが20%のポイントが 買いタイミング。

ボリンジャーバンド + MACDは最強のオシレーター系なのか MACD

ボリンジャーバンドMACDの組み合わせは、ラインの本数が増える分、チャートからの情報量も増えます。

具体的には順張りのトレードで、MACDでエントリータイミングをはかり、ボリンジャーバンドの2σタッチで決済します。

ボリンジャーバンドは逆張りの手法で紹介されることが多いが、初心者は 順張りで使う のがおすすめだ。

瞬時に複数インジケーターの結果を確認するツール

そんな時は 外為どっとコム お天気シグナル!
今回紹介したすべてのインジケーターの分析結果をひと目で確認できるわよ♪

お天気シグナルで勝率UP!

「お天気シグナル」は移動平均線、ボリンジャーバンド、MACD、RSIなど7種類の主要テクニカル指標で自動分析してくれて、 「買い時・売り時」をチャート上に表示 してくれます。

その通りに売買するだけの手軽さが、FX初心者に人気!

最強の王道インジケーターが使えるFX会社3選

FX取引高 世界第1位「GMOクリック証券」

GMOクリック証

MACDは最強のオシレーター系なのか MACDは最強のオシレーター系なのか
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1万通貨 300,000円

FX取引高 世界第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)
・最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

スプレッドが安い上に、FXのプロがうなるほどの高機能分析ツールが有名!

取引高 世界第1位 からもわかる通り、皆が使っているFX会社だ。

取引コストが安く、初心者向きの「DMM FX」

DMMFX

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ MACDは最強のオシレーター系なのか キャッシュバック
1万通貨
マイナススワップが大きい
200,000円

最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・初心者からプロまで対応する高機能チャートが無料で使える
・取引結果を自動分析してくれるので、トレードの実力がUPしやすい

初心者でも使いやすく、プロもうなる高機能チャートが有名!

スプレッドが安いので、デイトレなどの取引回数が多くなるトレードでも取引コストを安くすることができるよ。

取引結果を自動で分析してくれるので取引の実力が伸びやすく、初心者に一番おすすめのFX口座。

低スプレッド・高スワップ!「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMO

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨
マイナススワップが大きい
150,000円

1000通貨(ドル円なら5千円)からFXの取引が可能
・トルコリラなどの高金利通貨のスワップが高く、スワップ狙いの取引に最適
・スマホの取引ツールが使いやすいことで有名

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1000通貨(ドル/円なら5千円)から取引が可能!

スプレッドが安く、高スワップなので短期から中長期まで対応できる万能型のFX会社よ。

インジケーター使用時の2つの注意点

インジケーター使用時の2つの注意点

インジケーターを使う上での 2つの注意点 を紹介します。

・多くのインジケーターを表示させない。
・インジケーターを100%信じてはいけない!

インジケーターの表示は3つまで!

インジケーターを同時に表示するのは多くても3つまでにしましょう。

なぜなら、ラインが増えすぎてしまい、 本当に大切な情報を見落としてしまう からです。

私はトレンド系に「ボリンジャーバンド」「1本の移動平均線(長期用、設定値:200)」を表示しています。

オシレーター系は「スローストキャスティクス」「MACD」を使い分けることが多いです。

インジケーターを100%信じてはいけない!

大切なのは、相場の状況に柔軟に合わせることです。

ファンダメンタル分析も加えて、 総合的に相場を見る目を持つ ようにしましょう。

インジケーターを使いこなす3つのコツ

インジケーターを使いこなす3つのコツ

稼げるタイミングでエントリーし、ダマしの確率を下げる コツを3つ 紹介します。

・時間軸を変えて見る
・トレードスタイルで使い分ける
・数値を少しだけ調整してみる

時間軸を変えて見る

インジケーターは複数の時間足でチェックする

1つ目は複数の時間軸でインジケーターを確認することです。

複数の時間軸で同じトレンドを向いてる方が、 優位性が高く、勝ちやすい エントリータイミングに繋がります。

トレードスタイルで使い分ける

トレードスタイルでインジケーターを調整する

FXには短期から長期まで、大きく4つのトレードスタイルがあります。

取引スタイル 取引の特徴
スキャルピング 数秒〜数分間の短い取引時間で、小さな利益を積み重ねる取引スタイル
デイトレード 数時間〜1日以内で取引を繰り返し、コツコツ利益を積み重ねる取引スタイル
スイングトレード 数日〜数週間と比較的長い取引時間で、1回の取引で大きな利益を狙う取引スタイル
長期トレード 数か月~数年単位でポジションを保有し、主に金利差益を狙う取引スタイル

他にも、機敏な動きのMACDは長期よりも短期目線での分析で力を発揮します。

特に 金利狙いの長期トレードはチャート分析以上にファンダメンタル分析が重要 になる。

【上級編】数値を少しだけ調整してみる

少し上級者向けですが、インジケーターの設定値を変えることで、エントリータイミングを調整できます

あまり 大きく変更すると、皆の意識するラインとズレが広がるので、少しずつ調整 してみてくださいね。

まとめ 王道インジケーターの組みあわせが勝利のカギ

今回紹介した6つの最強インジケーターはまさに王道。まずは紹介した中から、自分に合うものを選んでみてくださいね。

・インジケーターにはトレンド系オシレーター系がある
有名な王道インジケーターがみんなに意識される
・トレンド系のおすすめは、「移動平均線」「ボリンジャーバンド」「一目均衡表」
・オシレーター系のおすすめは「RSI」「MACD」「ストキャスティクス」
・複数のインジケーターを組み合わせると、信頼性が上がる!
ひと目で7つのインジケーターの結果を見れる のは 外為どっとコム「お天気シグナル」
・ダマしに合わないように、複数の時間軸で確認する

MACDは最強のオシレーター系なのか

「おすすめのテクニカル分析は何?」
「おすすめな組み合わせ方を教えて」
「初心者でも簡単な、テクニカル分析を使った手法を知りたい」

とはいえ、分析のやり方は多種多様なので、FX初心者はどこから手をつけたらいいかわかりにくいですよね。

実践で使えるコツを掴める記事になっています ので、最後までお付き合いくださいね。

FXでテクニカル分析をする意味とは?

FXのテクニカル分析をする男

テクニカル分析とは、過去の値動きから将来の値動きを予想する分析方法です。

勝てる見込みをもってエントリーするために、 テクニカル分析で1%でも勝つ確率を上げておくことが大切 です。

2種類あるFXのテクニカル分析

fxのインジケーターには2種類ある

トレンド系:相場の流れ、方向を分析
オシレーター系:相場の買われ過ぎ、売られ過ぎ(過熱感)を分析

トレンド系

  • トレンド方向がわかる
  • 値動きの勢いがわかる
  • 売買の判断に使える

相場の方向性を目で見て判断するのにトレンド系は効果的です。

オシレーター系

  • 相場の反転ポイントがわかる
  • 値動きの強さがわかる
  • 売買の判断に使える

相場が反転するタイミングを予測しやすいのが、オシレーター系の特徴です。

FXのトレンド系テクニカル分析2選

FXのトレンド系テクニカル分析を勉強する人

移動平均線
ボリンジャーバンド

移動平均線

    MACDは最強のオシレーター系なのか
  1. 一定期間のローソク足の終値を平均化した指標
  2. 相場の方向感がわかる
  3. ゴールデンクロス・デッドクロスを活用したエントリーが効果的

移動平均線の参考図

また、売買シグナル(ゴールデンクロス・デッドクロス)としても活用できます。

移動平均線のゴールデンクロス

ゴールデンクロス はボクシングのアッパーのように短期線が長期線を下から上に突き抜けるポイントです。

対してのデッドクロスは落ちるように短期線が長期線を下抜くポイントです。

ボリンジャーバンド

  • 移動平均線を中心に上下に標準偏差を表示した指標
  • 値幅(ボラティリティ)、トレンドの有無、相場の異常性がわかる
  • スクイーズからエクスパンションに切り替わるタイミングでのエントリーが効果的

ボリンジャーバンド参考図

相場分析からエントリーまで、幅広くトレードに使えるテクニカル指標です。

FXのオシレーター系テクニカル分析3選

MACD
RSI
ストキャスティクス

MACDの参考図

2本の線で相場の転換を先取りできるので、多くのトレーダーに活用されています。

RSIの参考図

ラインの位置で相場の過熱感がカンタンに把握できるため、初心者にも人気のあるテクニカル指標の一つです。

ストキャスティクス

ストキャスティクスの参考図

2本の線がクロスするタイミングが売買シグナルになるため、RSIよりもトレードの判断がしやすい指標といえます。

それ以外の代表的なテクニカル分析

なかでも一目均衡表(いちもくきんこうひょう)は、人気があるテクニカル指標のひとつです。

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)

他の分析方法との大きな違いは、「時間」を重視している点です。

一目均衡表の参考図

基準線:過去26日間の高値と安値の平均値
転換線:9日間の高値と安値の平均値
遅行スパン:当日の終値を26日さかのぼった値
先行スパン1:基準線と転換線の中間地を26日先に表示したもの
先行スパン2:52日間の高値と安値を26日先に表示したもの
雲:先行スパンの間に発生し、抵抗の大きさを表している

FXのオシレーター系とは?トレンド系との組み合わせが吉

FXのオシレーター系とは?

ストキャスティクスで売り・買いのサインが出たときに、トレンド継続なのかトレンドが変わるのかを確認するために、移動平均線とADXを使います。
ストキャスティクスのサイン後に移動平均線のデッドクロスがあったり、DMIが大きく動いたりすると、そのままポジションが継続します。
一方で、ストキャスティクスが反転する、ローソク足が反対方向に動く、また、ADXが下降したりDIがクロスすると、トレンドが転換するので、決済を行ったほうが良いでしょう。

ダイバージェンスを利用する!

FXトレードにおいて、MACDやRSIなどの指標を使う際には、 ダイバージェンス を利用するのがおすすめです。

ダイバージェンスって何?

ダイバージェンスとは、FXのチャート上で見られる現象で、オシレーター系指標の動きと実際の値動きが同調しなくなる現象をさします。

ダイバージェンスが起きているときは、 その後の値動きが怪しい 時なのです。

ダイバージェンスの種類

ダイバージェンスには、2つ種類があります。普通のダイバージェンスと、ヒドゥンダイバージェンスです。

ダイバージェンスは トレンド反転 のシグナルです。
価格が安値を切り下げているのに、オシレーターが安値を切り上げているときなどは、これに当たります。

ヒドゥンダイバージェンスは、 トレンド継続 のサインです。
価格が安値を切り上げたのに、オシレーターが安値を切り下げるときなどは、これの可能性が高いです。

インジケーターはFXの取引をする上で欠かせないものです。
単に種類が多いだけでなく、今回紹介したように組み合わせることで、使い方は無限大

FXのテクニカル分析とは?初心者におすすめの指標や本、失敗の原因などを徹底解説 テクニカル分析を行うにはFXチャートの理解が必要 今回はFXのテクニカル分析について説明していきます。 FXのテクニカル.

テクニカル - MACD/買いシグナル

※市場略称:「東P」:東証プライム、「東S」:東証スタンダード、「東G」:東証グロース、「東E」:東証ETF、「東EN」:東証ETN、「東R」:東証REIT、「東IF」:東証インフラファンド、「名P」:名証プレミア、「名M」:名証メイン、「名N」:名証ネクスト、「名E」:名証ETF
※名証の「プレミア」はプライム、「メイン」はスタンダード、「ネクスト」はグロースの各市場に含めて掲載しています。
※現値ストップ高は「 S 」、現値ストップ安は「 S 」、特別買い気配は「 ケ 」、特別売り気配は「 ケ 」を表記。
※PER欄において、黒色「-」は今期予想の最終利益が非開示、赤色「 - 」は今期予想が最終赤字もしくは損益トントンであることを示しています。

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 今朝の注目ニュース! MACDは最強のオシレーター系なのか ★レーサム、FCHD、メドレックスなどに注目!
  • 本日注目すべき【好決算】銘柄 FCHD、ダイサン (1日大引け後 発表分)
  • 2日の株式相場見通し=売り優勢か、米株安も円安が下支え効果に
  • 1日の米国市場ダイジェスト:NYダウ176ドル安、根強い景気後退懸念
  • 1日の米株式市場の概況、米長期金利上昇を警戒しNYダウは続落
  • モノづくり“リアル空間革命”へ、 躍進前夜の「3Dプリンター」関連株 <株探トップ特集>
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月1日版
  • 「歯科」が2位、政府が「国民皆歯科健診」導入検討へ<注目テーマ>

人気ニュース【ベスト5】

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月1日発表分)
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月1日版
  • 明日の株式相場に向けて=「土地」はインバウンド最強の“裏テーマ”
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月1日)
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):メルカリ、ライオン、トリケミカル

お薦めコラム・特集

  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月1日版
  • モノづくり“リアル空間革命”へ、 躍進前夜の「3Dプリンター」関連株 <株探トップ特集>
  • 上昇トレンドに乗る【低PER&低PBR】 35社選出 <テクニカル特集> 6月1日版
  • 明日の株式相場に向けて=「土地」はインバウンド最強の“裏テーマ”
  • 急落一服の金相場、燻るインフレ懸念と米利上げの行方が焦点に <コモディティ特集>

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる