仮想通貨ニュース

フロー計算書の基礎知識

フロー計算書の基礎知識
損益計算書は、「どんな儲けをあげる活動を行ったのか」を表します。

フロー計算書の基礎知識

学校法人会計の基礎知識

資金収支計算書、活動区分資金収支計算書、事業活動収支計算書、貸借対照表の役割

資金収支計算書

収入科目 フロー計算書の基礎知識
科目 内容
学生生徒等納付金収入 入学金、授業料、施設設備資金、実験実習料などの学費です。
手数料収入 入学検定料や証明書発行手数料などです。
寄付金収入 学校法人が寄付として収受したものです。 神奈川大学では米田吉盛教育奨学基金、学生の教育活動・課外活動などへの支援、教員の研究などに対して寄付をいただいています。
補助金収入 国や地方公共団体などから交付される補助金などです。
付随事業・収益事業収入 研修所の利用収入・受託事業収入などです。神奈川大学ではその他、資格取得講座やみなとみらいエクステンションセンター各講座の受講料、学生寮の寮費などがあります。
受取利息・配当金収入 第3号基本金引当特定資産(米田吉盛教育奨学基金)の運用収入、銀行預金利息などです。
前受金収入 翌年度入学生の学生生徒等納付金を前年度に収受したものなどです。
その他の収入 施設整備など目的別に積み立てている有価証券などの償還金、貸付金の回収などです。
収入科目 フロー計算書の基礎知識 フロー計算書の基礎知識
科目 内容
人件費支出 専任教職員の給与、賞与、非常勤教員の給与、アルバイト料や退職金などです。
教育研究経費支出
管理経費支出
学生・教員の教育研究に要した諸経費が教育研究経費支出、教育研究経費支出以外の経費が管理経費支出です。消耗品費・光熱水費・旅費・奨学費・委託費・賃借料などがあります。
施設関係支出 土地、建物、構築物、建設仮勘定などです。
設備関係支出 耐用年数が1年以上の備品、図書、車両などです。
その他支出 施設整備など目的別に積み立てている有価証券などの購入などです。

活動区分資金収支計算書

活動区分資金収支計算書は、企業会計のキャッシュ・フロー計算書に類似する計算書の役割を担っていますが、区分の基準が異なるために、その内容は異なります。
資金収支計算書だけでは、学校法人本来の教育研究活動での収支がどうなっているのかはわかりません。そこで、活動区分資金収支計算書を作成し、活動ごとの資金の流れを明らかにしています。
活動区分資金収支計算書は、資金収支計算書の決算額を、①教育活動、②施設・設備の取得・売却その他これらに類する活動、③資金調達その他①・②以外の活動に区分して作成します。なお、教育活動には、研究活動も含むものと定義されています。

事業活動収支計算書

貸借対照表

貸借対照表は、当該会計年度末(3月31日現在)時点の資産や負債などの状況を示し、財政の状態を表す役割を担っています。企業会計の貸借対照表と役割は同じですが、表示内容は固定資産の「図書」や、企業会計の資本金に該当するものとして「基本金」を計上するなど、学校法人会計独特の科目が表記されます。貸方の「基本金の部」と「繰越収支差額の部」を合わせて「純資産の部」となります。
また、固定資産の中科目に「特定資産」を設けたことで、金融資産の状況が把握しやすくなっています。
なお、固定資産の残高は、原則として資産を取得した時点の取得価額を基礎としており、年度末時点の客観的な評価額を表すものではありません。

「基本金」について

学校法人が将来にわたって維持・発展するためには、教育研究の基盤となる土地・建物・設備(機器・図書)などの資産を保持し、維持していかなければなりません。この資産を「基本金」と言い、その取得額が「基本金組入額」となります。
ただし、自己資金で取得したものに限られ、借入金等の負債を伴う収入で取得したものは「基本金」に入れることはできません。借入金などの負債を返済した年度に入れることになります。(以上第1号基本金)
このほか将来の施設取得のために、予め計画的に積み立てる金銭等の資産の額(第2号基本金)、奨学金等の基金として保持し運用する金銭等資産の額(第3号基本金)、恒常的に保持すべき基金(第4号基本金)があります。

中産連のセミナー

財務諸表が読めることは次世代リーダーにとって必須のスキルです。財務諸表を読み経営改善に使うことができる力を、財務諸表の基礎知識と経営改善に活用する実務的視点を実際の財務諸表を使って身に着けていきます。
◆将来、社内でマネジメント力を発揮するためには財務諸表を活用した経営改善の視点が必要不可欠です。
☑ 経営状態を表す財務諸表を理解し、自社や他社の経営状態を分析できる実力をつけたい。
☑ 財務諸表から自社で改善するポイントなどを社内で提案できる実力をつけ、マネジメント力を発揮して会社に貢献したい。
☑ 管理者、次世代リーダーとして戦略的なビジネス思考力を培いたい。

本研修では以下のことを学びます。
① 財務諸表を理解する必要性
② 財務諸表の基礎知識と改善の視点
③ 計数的な側面からマネジメント力の発揮方法

足立 直樹 氏 あこう管理会計コンサルティングLLP代表 名古屋工業大学客員教授

1.財務諸表は会社の実態を表す鏡
(1)財務諸表が読めることで広がる世界
(2)財務諸表が読めるとこのように経営改善ができる

2.マネジメント人材に必要な財務諸表
(1)損益計算書(P/L)を理解する
損益計算書からわかる儲けの構造と経営成績の推移
(2)貸借対照表(B/S)を理解する
貸借対照表からわかる財産状況と資産効率
(3)キャッシュ・フロー計算書(C/F)を理解する
①3つのキャッシュ・フロー とは?
②お金の流れを理解する

【オンライン受講の場合】
・研修の配信システムは「Zoom」を使用します。
・テキストと請求書は、開催日の約1週間前にお申込責任者宛てにご郵送します。
・セミナー受講用の「参加URL」「ミーティングID」「パスコード」は、開催日の約1週間前に
ご参加者宛てにメールします。

【キャンセルについて】
お申し込み後のキャンセルにつきましては、以下のキャンセル料を申し受けます。
・会場受講の場合は、開催日の前日(土日祝日を除く)・当日 :100%
・オンライン受講の場合は、テキスト発送後(開催日の約1週間前):100%
※テキストの発送日はセミナーにより異なりますので担当者へご確認ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる